2019 RIDLEY TEMPO (RIDLEY SPORTS LINE) あの、リドレー初のクロスバイクモデルですよ! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > RIDLEY(リドレー) > 2019 RIDLEY TEMPO (RIDLEY SPORTS LINE) あの、リドレー初のクロスバイクモデルですよ!

2019 RIDLEY TEMPO (RIDLEY SPORTS LINE) あの、リドレー初のクロスバイクモデルですよ!

19ridley-tempo.jpg
2019 RIDLEY TEMPO (RIDLEY SPORTS LINE)
さあ、リドレーだ!
( ;゚ω゚)……え?? あのベルギーリドレーから、クロスバイクバイクモデルが出るの??
リドレーはエアロロードNOAHやヘリウムなどのRACE LINEとは別に、SPORTS LINEというカテゴリーを加える事になった。

SPORTS LINEとは、「スポーツビギナーバイクのラインナップ」という意味だが、仕様はクロスバイクにしてはミドルグレードクラスですね。
確かにトップチューブが微妙に歪曲している辺りが、リドレーモデルらしい。
19ridley-tempo_2.jpg
( ;゚ω゚)……あのストイックなリドレーから、クロスバイクが……これはいままでになかった展開……
なんでもリドレーオーナーから、セカンドバイク系クロスバイクの要望が多かったとか。
(ちなみに街乗りでの使用目的ながら、スポーティーにも乗れるクロスバイクという声が)
デローザにもミラニーノというクロスバイクがありますが。
見た目クラシカルなのに、謎に走りがスポーティーなのが特徴。
このRIDLEY TEMPOも、街乗り目的ながら結構走ってくれそうな気がするんですけどね。

19ridley-tempo_3.jpg
いずれにしてもあの、リドレー初のクロスバイクモデルですよ。
(´・ω・`)個人的に、どんなスポーティーな走りを見せてくれるのか楽しみだ。
販売価格は税込 80,676 円。(あのリドレーモデルが8万円台……凄い時代になったもんだ)
ロードブランドがクロスバイクを出す場合、やはり好んでクラシカルなデザインを採用する傾向にありますが。
RIDLEY TEMPOもデザインに関しては、クラシカル路線ですね。

フレーム 6061 Triple Butted Alminium
カラー 19-04As,19-04Bs,19-04Ds
サイズ 420, 470, 520
シフター Shimano ALTUS SL-M2000
フロントディレーラー Shimano ALTUS FD-M370
リアディレーラー Shimano ALTUS RD-M370
クランクセット Shimano FC-M371 48X36X26T 170/175MM
BB CHIN-HAUR CH-52 EN
ブレーキセット BR-MT200
ブレーキレバー INCLUDED IN BRAKE
チェーン KMC Z9
ホィールセット RIM:Alex DC19 HUB:FORMULA Front/CL51 Rear/CL52
タイヤ KENDA WIRE 700x32C
カセット Shimano Acera CS-HG200 11-32T
ステム HL /420: 70mm, 470: 90mm, 520: 110mm. H/BAR HL FLAT TOP
ハンドルバー 560mm
グリップ VELO PLASTIC BLACK S/POST LEE-CHI
サドル SDG

(´・ω・`)なるほど……リーズナブルだが、ハイパフォーマンスな油圧ディスク「シマノ BR-MT200油圧ブレーキ」を採用しているのか。
クロスバイクには、大抵メカニカルディスクが多いのに、確かにちょっと珍しい。
リドレーは実用主義のブレーキ仕様を好むから、最初から強力な油圧ディスクを用意したんですね。
デザインは胴抜きデザイン。
フレームの設計は、日本人向け快適に走ることができるように徹底している。
確かに最近のリドレーモデルは、ヘリウムなど実に乗り易く快適性が異様に高い。
クロスバイクに限らず、最近のリドレーモデルは随分乗り易くなってきた印象をうける。
乗り易さ、快適性に関しては信頼していいのでは?
19ridley-tempo_4.jpg
RIDLEY TEMPOはフィット ネス ・ 通勤 ・ 街乗り用に使える。
いきなりクロスバイクという形で、リドレーモデルに挑めるわけだ。

リドレー伝統的な、リアトアイアングルの成形技術を利用。
(エアロロードRIDLEY NOAHは、コンパクトリアトライアングルは横方向の剛性を保ちながらも優れた快適性を実現。その路線を RIDLEY TEMPOは継承していると思われる。てか、しているといいなあ。まさかあの無敵の剛性感も継承はしていまい)
振動吸収性の向上と空気抵抗低減への取り組みに妥協は一切無し。
ま たクロスバイクという事で、スタンドやフェンダーを装備するマウントも搭載。
クロスバイクとして、実用本位の仕様になっている。
RIDLEY リドレー 2019年モデル TEMPO テンポ クロスバイク

スポンサードリンク

2018年08月15日 トラックバック(-) コメント(-)