2019 MERIDA REACTO400 2019年モデルにはブラック系のシルクアンスラサイト(ブラック/ホワイト)が用意されている。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2019 MERIDA REACTO400 2019年モデルにはブラック系のシルクアンスラサイト(ブラック/ホワイト)が用意されている。

2019 MERIDA REACTO400 2019年モデルにはブラック系のシルクアンスラサイト(ブラック/ホワイト)が用意されている。


cc-merid-reac400_1.jpg
2019 MERIDA REACTO400 SILK_ANTHRACITE(BLK/WHT)

エアロアルミロード「MERIDA REACTO400」についてですが。
2019年モデルにはブラック系のシルクアンスラサイト(ブラック/ホワイト)が用意されている。
コンポは新型SHIMANO 105 R7000系を採用。
BBはネジ切りBSA路線を堅持しています。
フルカーボン版REACTO 4000のREACTO CF2フレームには、PF386規格を採用。


(´・ω・`)アルミフレーム仕様のREACTO400はネジ切りスレッドBB規格。
異音やトラブルに悩まされる事は少ない訳か。

フルカーボンエントリー系CF2フレームのREACTO 4000は、パワー重視のPF386規格。
特にPF386規格の場合、加速時のパワーが凄まじいです。
BB386EVO規格のカーボンモデルは、どんどん普及してきたな。普通にエントリー系カーボンにも、見かける様になってきて、実にヤバい感じです。
最近 CF2フレームを採用したREACTO 4000の、加速性能や乗り心地が飛躍的に向上していると聞きましたが。
やはりBB規格からして、推進力の強化を図っています。

とはいえメリダのスレッドBB規格のエアロロードは唯一、大人気ロングセラーモデルであるMERIDA REACTO400な訳で。
やはりその存在は貴重ですね。

cc-merid-reac400_2.jpg
2019 MERIDA REACTO400 BLACK(TEAMREPLICA)
もう一つのカラーリングはブラック(チームレプリカ)。
チーム・バーレーンメリダカラーのチームレプリカカラーですが、2018年はブルー系でしたが2019年モデルはブラック系に変化しています。

カーボンフォーク、シートポストなどにカーボンを採用し、アルミフレームながら衝撃吸収性を強化しています。
加速性能や衝撃吸収性などは、どうしてもフルカーボンモデル版の方が上ですが。

エアロ性能に関してはアルミフレームながらエアロカーボンフレームに迫る形状。
ダウンチューブ、シートチューブ、シートステー後部がカーボンフレーム同様に大胆にカットされています。
(ハイドロフォーミング製法により、NACA FASTBACK形状を採用)

cc-merid-reac400_6.jpg
ブレーキレバー Shimano 105
cc-merid-reac400_3.jpg
ヘッドセット  Merida Reacto neck
ハンドルバー Merida Expert Aero 31.8 L:380mm(44cm)、 L:400mm(47/50cm)、 L:420mm(52/54/56cm)
ハンドルステム  Merida Expert 31.8 -5 L:80mm(44cm)、 L:90mm(47/50cm) L:100mm(52/54/56cm)

cc-merid-reac400_9.jpg
フォーク カーボン
cc-merid-reac400_8.jpg
フレーム Reacto direct-super BSA
cc-merid-reac400_10.jpg
cc-merid-reac400_12.jpg
cc-merid-reac400_13.jpg
cc-merid-reac400_17.jpg
ギヤクランク FSA Gossamer 52-36 Mega
一部にサードパーティのパーツを採用。
cc-merid-reac400_16.jpg
BB FSA Mega Exo BSA
cc-merid-reac400_15.jpg
cc-merid-reac400_14.jpg
リアディレーラー SHIMANO 105
カセット:SHIMANO CS-R7000 11-30T

cc-merid-reac400_11.jpg
cc-merid-reac400_7.jpg
cc-merid-reac400_4.jpg
サドル Merida Race
シートピラー Reacto carbon
シートクランプ Reacto Aero Alloy

2011年当時から、既にメリダはエアロロードREACTOを完成させていまして。
まだ日本国内で無名だったメリダが、アルミ成型技術をPRする為のエアロアルミモデルでありました。
MERIDA REACTO400がメリダの屋台骨を支えていたと言っても、いいですね。
cc-merid-reac400_1.jpg
2019 MERIDA REACTO400 SILK_ANTHRACITE(BLK/WHT)
ま、それはそれとして。
( ;゚ω゚)……このシルクアンスラサイトカラーって、全然アルミモデルに見えない。
7000系105とか、仕様ばかりに目が行きそうですが。
デザイン的には2019年モデルの2019 MERIDA REACTO400が、最もエアロカーボンデザインに酷似していると思う。
デザイン的な面で、MERIDA REACTOが欲しくなったのは初めてだ。
以前はどうしても「中華」っぽいデザインでしたが。ドイツですねぇ……
ここまで洗練されたMERIDA REACTO400デザインカラーが出てくるとは思わなかった……。
MERIDA(メリダ) 2019年モデル REACTO400 (リアクト400)[エアロロード][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2018年08月19日 トラックバック(-) コメント(-)