2019 MERIDA SCULTURA700  MERIDA SCULTURAシリーズの好きな所は、自分でスピードを作り出す事が出来る点ですね。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2019 MERIDA SCULTURA700  MERIDA SCULTURAシリーズの好きな所は、自分でスピードを作り出す事が出来る点ですね。

2019 MERIDA SCULTURA700  MERIDA SCULTURAシリーズの好きな所は、自分でスピードを作り出す事が出来る点ですね。


ci-604069_1.jpg
2019 MERIDA SCULTURA700 BAHRAIN_MERIDATEAMカラー

MERIDAアルミモデル中、最強の戦闘力を有する「SCULTURA700」。
新型シマノ105をブレーキに至るまでフル装備に加え。2019年モデルもフルクラムホィールを採用。
SCULTURAアルミモデル中、唯一プレスフィットBBを有し、BB周辺の剛性も強化したハイエンドアルミモデルだ。
2019年モデルも、軽量8.5kgという数字をアルミモデルながら叩き出しています。
ci-604069_2.jpg
2019 MERIDA SCULTURA700 SILK_BLACK(RED)カラー
リム Fulcrum Racing Expert
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold
(´・ω・`)カーボンモデルのMERIDA SCULTURCF2フレームと同様の、PF86規格だけあって漕ぎ出しの軽さが魅力的。
MERIDA SCULTURCF2フレームって軽い脚力でスピードを出す事に特化したフレームなんですけど。
軽量アルミモデルSCULTURA700も同様に、軽い脚力で加速する性能が魅力的。
どういう訳か、メリダのフレームって高剛性で爆発的に加速するフレームではなく。
抵抗感を削ぎ落し、最小限の脚力や体力でスピードに乗せてくれる能力があるんですよね。

2018年モデルSCULTURA700からホイールはDT SWISSから、Fulcrum Racing Expertに変更。
2019年モデルも、フルクラムホィール路線を継続してくれる様です。
ci-604069_3.jpg
ハンドルバー Merida Expert Compact road 31.8 L:380mm(44cm)
L:400mm(47/50/52cm) L:420mm(54cm) L:440mm(56cm)
ハンドルステム Merida Expert OS -5 L:80mm(44cm) L:90mm(47/50cm)
L:100mm(52/54cm) L:110mm(56cm)

ci-604069_4.jpg
ci-604069_10.jpg
シフター Shimano 105
ci-604069_8.jpg
ci-604069_15.jpg
F.ブレーキセットShimano 105
SCULTURAの場合、前方に安定した推進力を有するのでスピードの乗りが実にいい。
(´・ω・`)だからこそ、他ブランドモデルよりもブレーキパーツが重要になってくる。
つまり、それだけ速いってことなんですけど。
シマノ BR-R7000 キャリパーブレーキを用意している様だ。
以前、サードパーティ製SCULTURAに乗った際、実に怖い思いをしてしまったので、ついブレーキ部を観察してしまう。
ここ最近のメリダは、ブレーキパーツを重視しているようだから有難い。
ci-604069_9.jpg
フォーク Road carbon Race
ci-604069_12.jpg
ci-604069_11.jpg
ci-604069_7.jpg
フレーム Scultura lite-single [PF86]
ちなみにアルミフラッグシップモデルSCULTURA700のフレームは、MERIDA本社工場で生産。
メリダお得意のアルミ成型技術「トリプルバテッド・ハイドロフォーミングアルミフレーム」を採用。
2017年度の某レースでも、SCULTURA700が高級カーボンモデルを撃破した事が話題に。
(´・ω・`)つまり、その気になればカーボンフレームを相手に戦えることを証明したアルミモデルでもある。
ci-604069_16.jpg
フロントディレーラ Shimano 105 DF
ギアクランク Shimano 105 52-36 L:165mm(44cm)
L:170mm(47/50/52cm) L:172.5mm(54cm) L:175mm(56cm)
ci-604069_13.jpg
BBセット Shimano Pressfit BB71
ci-604069_17.jpg
R.ディレーラ Shimano 105 SS
ギヤ Shimano CS-5800-11 11-28
ci-604069_6.jpg
サドル Merida Sport
シートピラー Merida carbon Comp SB15 27.2

(´・ω・`)伝統的にMERIDA SCULTURA700はカーボンフォーク部やシートピラー部にカーボンを採用。
軽量化と衝撃吸収性の対策を打っているアルミモデルです。

MERIDA SCULTURAシリーズの好きな所は、自分でスピードを作り出す事が出来る点ですね。
もちろんペダルは軽いし、スピードを出すのが苦になりませんが。
自分でハイスピードを作り出している感覚に襲われます。
ある意味ロードならではの走りをしてくれるモデルですね。
また、軽量性をいかして登りにも強い点が挙げられます。
cc-merid-reac400_1.jpg
2019 MERIDA REACTO400
エアロロードのMERIDA REACTOシリーズの場合は……乗り手を引っ張っていく能力に長けているというのが正直な感想。
ある程度のスピードをエアロフレームが勝手に作ってしまうんですよね。
(´・ω・`)自分で加速しているというより、REACTOが勝手に加速してくれるという感じ。
あと平地で走るなら、間違いなくMERIDA REACT。なんだかんだで、平地において性能を発揮してくれるモデル。
(どうでもいいが、某ブランドのエアロアルミモデルで登りを走った際は、実にきつかった……二度とエアロアルミモデルで、登りなんか走りたくないって実感)

SCULTURAで自分好みの速度で楽しむか、それともエロロードのREACTOで好きな速度域まで引っ張って行ってもらうか。
結構好みが分かれると思う。
個人的にはSCULTURAの走行感の方が好きですね。
自分でスピードを生み出している感じがして。
ci-604069_5.jpg
MERIDA(メリダ) 2019年モデル SCULTURA700 (スカルチュラ700)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2018年08月20日 トラックバック(-) コメント(-)