2019 MERIDA SCULTURA DISC200 (メリダ スクルトゥーラディスク200) 12万円台で購入可能な、本格アルミディスクロード スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2019 MERIDA SCULTURA DISC200 (メリダ スクルトゥーラディスク200) 12万円台で購入可能な、本格アルミディスクロード

2019 MERIDA SCULTURA DISC200 (メリダ スクルトゥーラディスク200) 12万円台で購入可能な、本格アルミディスクロード

ci-606951_2s.jpg
2019 MERIDA SCULTURA DISC200 (メリダ スクルトゥーラディスク200) RED(BLACK)

今年もディスクブレーキ専用設計のSCULTURA DISKモデルが出てきました。
悪路専用ではなく、純粋なアルミディスクロードですね。
SCULTURAの走りを、12万円台のリーズナブルなディスクモデルで楽しめる。

今年のアルミディスクモデルは「新105スペック SCULTURA DISC400」、「SORAスペック SCULTURA DISC200」の二機種が用意されています。
SCULTURA DISC200の方はShimano SORA& Promaxメカニカルディスクブレーキ仕様。
エントリー系ディスクロードながら重量 9.7kg(52cmサイズ)まで抑える事に成功。
SCULTURA DISC200に採用されている6066アルミニウムは、非常に軽い素材で耐久性に優れている。
その辺が9kgという数字に貢献しています。
軽量で剛性の必要なバイクに適したアルミ素材なので、ディスク仕様にはもってこい。

BBは、エントリーアルミディスクなのでBSA規格を採用。
IMG_3074-768x768ge.jpg
2019 MERIDA SCULTURA DISC400(メリダ スクルトゥーラディスク400)
こちらは、新型Shimano 105ディスクブレーキを採用したオールグラウンドモデル
(´・ω・`)SCULTURA DISC400の場合、ディスクブレーキが油圧になる訳で。
トリプルバテッドによる軽量アルミフレームと、最新のShimano 105ディスクブレーキを搭載した軽量アルミオールラウンダー。
BBは、なんとPF86規格でいくそうだ。
流石新型105仕様。
アルミモデルに、新型105&PF86規格などカーボンディスクモデルに迫る仕様。
2018年モデルSCULTURA DISC700の仕様を、引き継いだのがSCULTURA DISC400という事になる。


ちなみにフルカーボンディスク仕様のSCULTURA DISC 4000の場合、ディスクブレーキへの放熱対策も取られている。
(CNC切削放熱フィンDISC COOLERを搭載)
やはり長距離やロングライドに適した、ディスクロードモデルと言えますね。
上位モデルは、下りによる熱対策を打っている。
ディスクブレーキ性能への影響を低減するギミックを搭載。
ci-606951_1s.jpg
2019 MERIDA SCULTURA DISC200 (メリダ スクルトゥーラディスク200) SILK_TITAN(BLACK)

ハンドルバー Merida Expert Compact road 31.8、 L:380mm(44cm)、 L:400mm(47/50cm)、 L:420mm(52/54cm)
ハンドルステム Merida Comp 31.8 -6 L:80mm(44cm)、 L:90mm(47/50cm)、 L:100mm(52/54cm)

シフター Shimano Sora
カテゴリー初の巻き取り式シフターを装備して、クラスを超えた操作感に定評のあるShimano SORAを採用。
ci-606951_4s (1)
サドル Merida Sport
シートピラ― Merida road comp SB12 27.2

ci-606951_6s.jpg
リム Merida comp 22 disc pair
スポーク Black stainless
F.ハブ Bearing disc-12
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold

ci-606951_19s (2)
フレーム  Scultura lite disc BSA
ディスクブレーキで安定した制動力を実現したアルミニウムロードバイク MERIDA本社工場で自社開発・自社生産されるトリプルバテッドアルミニウムフレームを採用したディスクロードバイク。
MERIDA独自のスムースウェルディング製法による美しい仕上げのフレームは、しなやかな乗り心地と剛性を両立し、MERIDAオリジナルパーツでアッセンブルした高級感のある仕上がり。
ci-606951_12s (2)
エントリーディスクモデルと言えど、ケーブルはインターナル仕様。
ci-606951_15s (1)
F.ブレーキセット  Promax Decode R Mechanical disc
フォーク Scultura carbon pro 12 FM
メカニカルディスクブレーキを採用し、優れたメンテナンス性能と悪天候時でもローター制動ならではの安定した制動力を両立。
カーボンフォークは、上位モデルと同様「Scultura carbon pro 12 FM」を採用。
全スクルトゥーラディスクモデルには、12mmのスルーアクスル仕様を用意してある。
ci-606951_12s (1)
ci-606951_13s (2)
ci-606951_17s.jpg
F.ディレーラ  Shimano Sora DF
ギヤクランク  FSA Omega 50-34 C4002ST-S9 L:165mm(44cm) L:170mm(47/50cm) L:172.5mm(52/54cm)

ギヤクランク FSA Omega 48-32 C4002ST-S9(2018年モデル)→ FSA Omega 50-34 C4002ST-S9(2019年モデル)に変更。
(´・ω・`)ツーリングディスクモデル MERIDA SILEX 200どちらかというとグラベルロードに近いギア比だったけど。

SCULTURA DISC200の場合は、コンパクトクランクなギア比に。
やはりSCULTURA DISC200は純粋なディスク仕様のロードなんですね。
ci-606951_19s (1)
BBセット FSA Mega Exo BSA
ci-606951_16s (1)
R.ハブ Alloy Disc cassette
ci-606951_16s (2)
R.ディレーラ Shimano Sora SS
ギア  Sunrace CS-9S 11-28
ci-606951_13s (1)
ci-606951_9s (2)
乗り心地を向上させる扁平シートステーを採用
ci-606951_9s (1)
ci-606951_4s (2)
MERIDA SCULTURA DISC200は、エントリーロードバイクのディスクモデルですが……
SCULTURA DISCは、28mm幅のタイヤが装着可能なタイヤクリアランスが用意されている。
(´・ω・`)やはりディスクモデルだけあって、タイヤクリアランスの自由度が高い。
エアボリュームのあるタイヤを使用すれば、より万能性も高まる。
【先行予約受付中】MERIDA(メリダ) 2019年モデル SCULTURA DISC200 (スカルチュラディスク200 スクルトゥーラディスク200)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2018年08月23日 トラックバック(-) コメント(-)