2019 MERIDA SCULTURA400 ブレーキがパワーUP! ブレーキ部がなんと新105 7000系になる模様!? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2019 MERIDA SCULTURA400 ブレーキがパワーUP! ブレーキ部がなんと新105 7000系になる模様!?

2019 MERIDA SCULTURA400 ブレーキがパワーUP! ブレーキ部がなんと新105 7000系になる模様!?

cwcwefcwef4t3t344f.jpg
2019 MERIDA SCULTURA400 MATT_DARK_SIL(GRN)
(´・ω・`)MERIDA SCULTURA400は、遂に2018年モデルから新105 7000系を採用する事になる訳ですが。
同時に、「新型105を採用しつつも価格をリーズナブルにしなくてはならない」という宿命を持ったアルミロード。
cc-merid-dewscul400_14.jpg
画像から判断するとブレーキ部は、2019年モデルの場合新105 7000系になるのか?
(´・ω・`)ここここ最近のメリダは、ブレーキ部も重要視し始めてくれてちょっと嬉しい。
上位アルミモデル「2019 MERIDA SCULTURA700」と同様のブレーキ仕様だとすると、ブレーキ性能に関してはそれ程差が無い訳か。

この人気モデルSCULTURA 400が馬鹿売れしはじめたのが、2015年モデルあたり。
ところが2015年モデル頃は完成車SCULTURA 400メリダオリジナルブレーキだった。
その為購入後ブレーキの交換が頻発。
2017年に遂にシマノ製ブレーキを搭載! 2018年モデルもShimano R561を採用してきた訳ですが。
2019年モデルは、画像から察するに新105 7000系になる模様。
新型SHIMANO105を組み合わせ、レース用途のみならず、ツーリング用途でも安心の信頼性と耐久性を実現した。
cc-merid-dfscul400_18.jpg
F.ディレーラ  Shimano 105 DF
ギヤクランク Shimano RS510 50-34 L:170mm(47/50/52cm)、 L:172.5mm(54cm)、 L:175mm(56cm)
SCULTURA 400のクランクには2018年モデルから継続して「Shimano FC-RS510 Compact Crankset 2x11-speed 50-34」が採用。
フロントディレーラーは新105に。
(´・ω・`)基本的に、ドライブトレインやブレーキは純粋な新型105 7000系。
cc-merid-scdful400_8dsf (2)
フレーム  Scultura lite-single BSA
フレームは継続してセミエアロカーボンフレームの、Scultura CF2 フレームに形状が近づけてあるScultura lite BSA。
cc-merid-scul400_15ce.jpg
BB シマノ BB-R5500
(SCULTURA 700のBBはプレスフィットPF86路線ですが、SCULTURA 400はBSA規格)
プレスフィットPF86路線のSCULTURA 700と、ねじ切りBSA路線の走行性能の差を想像してみたのですが。
(´・ω・`)セミエアロカーボンフレームの、Scultura CF2 フレームにしか試乗した事がないのでこういうのもなんですが。
スピードを出す事に特化したしたフレームこそがSculturaフレームなのは間違いない。
恐らくスピードに乗った際、前方に推進力を発揮してくれるのが、PF86路線のSCULTURA700じゃないかな?
実際PF86仕様のフルカーボンフレームScultura CF2って、「速度の伸び」が実に快感なんですよ。
BSA規格SCULTURA 400は、スピードに乗った後の速度の伸びこそはSCULTURA700に劣るものの、継続して速度を維持する能力こそには長けているのでは?

メリダブースでは、アルミ版SCULTURAの試乗車は出てきた試しがないので想像するしかないのですが。
今度伊豆の方で、 MERIDA エクスペリエンスセンターとか出来るんですよね?
機会と時間があれば、両モデルの性能差を一度確認したいとは思っています。

cc-merid-scul400_2cwd.jpg
2019 MERIDA SCULTURA400 PEARL_WHITE(BLACK)
cc-merid-scul400_17f.jpg
シフター Shimano 105
cc-merid-scul400_7fcds.jpg
フォーク  Road carbon Race
コラムまでカーボンを採用したフルカーボンフォーク路線。
UCI承認フレームであるSculturaならレース用途でも制限なく使用可能。軽い走りはヒルクライムレースや、グランフォンドでもその性能を存分に発揮する。
cc-merid-dsscul400_4sd (1)
F.ブレーキセット Shimano R561
cc-merid-scul400_11d (1)
cc-merid-scul400_12df.jpg
cc-merid-scul400_11d (2)
cc-merid-scul400_16d.jpg
タイヤ MAXXIS Dolomites 25C folding
cc-merid-scul400_19wd.jpg
ギア シマノ CS-R7000 11-30T、11速
R.ディレーラ  Shimano 105 SS
cc-merid-scul400_5.jpg
cc-merid-scdful400_8dsf (1)
シートピラー Merida Expert CC 27.2D 125 SSB CARBON
(´・ω・`)上位モデルMERIDA SCULTURA700と同じく、このSCULTURA700カーボンフォーク部やシートピラー部にカーボンを採用。
軽量化と衝撃吸収性の対策を打っている。
cc-merid-scul400_20deqwd.jpg
サドル MERIDA Comp SL
MERIDA(メリダ) 2019年モデル SCULTURA400 (スカルチュラ 400 スクルトゥーラ 400)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2018年08月26日 トラックバック(-) コメント(-)