2019 MERIDA RIDE80 (メリダ ライド80) 各ブランドクラリス完成車のデザインを比較してみる。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2019 MERIDA RIDE80 (メリダ ライド80) 各ブランドクラリス完成車のデザインを比較してみる。

2019 MERIDA RIDE80 (メリダ ライド80) 各ブランドクラリス完成車のデザインを比較してみる。

ci-606958_12few (2)
2019 MERIDA RIDE80 (メリダ ライド80) 87,382円(税込)
メリダのクラリス仕様エントリーアルミモデル MERIDA RIDE80 。
(´・ω・`)いやあ、最近のエントリー系アルミモデルって実にカッコいい……
色々なブランドのアルミ&クラリス仕様完成車を見て見たのですが。
どれもこれも、デザインが実に洗練されてきています。(特にブラック系が、恐ろしく洗練)
本当に、これクラリス完成車??? 新型クラリスR2000系に切り替わった事がここまでデザインに影響を受けるとは。

クラリス完成車について、MERIDA RIDE80の特徴は……。
①長時間&ロングライド向き。
②乗り易い。長いヘッドチューブのお蔭で、楽な姿勢&上半身上向きで乗れる。
③衝撃吸収対策が取られている(扁平ステー)



ci-216568_2fea.jpg
2019 FELT FR60 フルクラリスShimano R2000 87,285円(税込)
(´・ω・`)試しに2019年モデルクラリス仕様のFELT FR60を見てみましょう。

クランクもブレーキも含めて「フルクラリスShimano R2000」系なんですが。
最初見た時、本気で「これ本当にクラリス完成車?」と思いましたね。
もちろんクラリス完成車らしく、振動吸収性&路面追従性追求。
こちらも2019 MERIDA RIDE80と同じく、乗り心地を追求したフレーム形状。
新型FRシリーズのフレームなんで、ラフな路面にも対応可能なフレーム。

仕様も最新ですが、デザインも実にクラリス離れしています。何気にクラリス完成車の中で、最高のデザイン性があると勝手に思っているのですが。
(´・ω・`)やっぱり、クラリス完成車と言えどカッコいいのが欲しい訳で。
ci-216568_17cds.jpg
2019 FELT FR60シートステー部
(´・ω・`)最近のクラリス完成車って、アルミエントリーモデルながら最新のシートステー形状を取り入れているんですよね。
最新鋭シートステー形状を取り入れているアルミモデル路線が、クラリス完成車の魅力になってきました。
ミドルグレードモデルの型落ち形状ではなく、最初から最新形状のフレームを用意してくれている訳。
この2019 FELT FR60とか、フレームでサスペンション(バネ)を形成していますし。
ロードレーサーFELT Fシリーズの後継機であるから、レーシング性能も考慮してある。
dccdwafcqewfwg54q.jpg
2019 Bianchi VIA NIRONE7 PRO CLARIS 118,800円(税込)
ビアンキのVIA NIRONE7 PROなんか、エントリーモデルながら2019年モデルから新型ケーブル内臓フレーム仕様になった訳です。
こちらもエンデュランスジオメトリーで長距離向き。

ビアンキの場合、フォーク素材に長年力を入れており、カーボン素材にケブラーを挿入することで、路面からの振動を吸収するとともに、路面との接地感を向上させている。

(´・ω・`)とはいえやはり2019年モデルからはケーブルが内装になり、よりすっきりとスタイリッシュなフレームになった点が、個人的にでかい。
どんどんビジュアルが、高級化してきている印象。
クラリス仕様といえど、なかなかデザイン的に美味しいと個人的に思う。
ci-606958_6gre (2)
2019 MERIDA RIDE80 (メリダ ライド80) 87,382円(税込)MATT_BLACK/RED 
(´・ω・`)話は2019 MERIDA RIDE80に戻るけど。
こうして、各ブランドのクラリスモデルを比較してみると。
価格面においては、8万円台から結構見た目いいモデルが手に入る訳で。
もちろん、2019年モデルからMERIDA RIDE80は多少値上がりした訳ではありますが。

あとMERIDA RIDE80は、トップチューブとシートチューブに段差がある最新鋭のアルミフレーム形状を採用。
プロツアーチームが石畳の上を走るために開発されたチームバイクにルーツを持つRIDEシリーズ。
だからこそ、フレームにおいては乗り易さや快適性を最重要視している。
ci-606958_14gsd (1)
ci-606958_15few (1)
ブレーキセット  Shimano Claris
ここ最近ブレーキ部にこだわるメリダらしく、前後ブレーキセットもShimano Claris仕様。
エントリーモデルといえど、ブレーキ部はシマノ製を採用している点がポイント。


ci-606958_14gsd (2)
2019 MERIDA RIDE80 (メリダ ライド80) GREEN(BLACK)
ci-606958_2bet.jpg
2019 MERIDA RIDE80 (メリダ ライド80) METALLIC_BLUE/BLACK
ci-606958_1br.jpg
2019 MERIDA RIDE80 (メリダ ライド80) MATT_BLACK/RED
ci-606958_13few.jpg
シフター Shimano Claris
ハンドルバー Merida Expert Compact road 31.8、 L:380mm(44cm)、 L:400mm(47/50/52cm)、 L:420mm(54cm)
ハンドルステム Merida Comp OS -6、 L:70mm(44cm)、 L:90mm(47/50cm)、 L:100mm(52/54cm)

ci-606958_11fwe (2)
ci-606958_12few (1)
フォーク  Road carbon comp
リム Merida comp 20 pair
スポーク Black stainless
F.ハブ Road seal Bearing
R.ハブ Road seal Bearing
タイヤ Kenda K1018 25

ci-606958_9fwe (1)
ci-606958_7few.jpg
掛かりの良さと振動吸収性能を両立するコンパクトリヤトライアングル
フレーム RIDE 6066
6066アルミニウムを採用した新設計アルミフレームを採用。
(´・ω・`)ところで扁平シートステーな上に、トップチューブとの段差もある。
コンパクトリヤトライアングルを採用し乗り易さと、衝撃吸収性を最重要視している事が分かる。
うーん、しなり重視か……
しかも、溶接跡まで処理してある…・・
ci-606958_9fwe (2)
ci-606958_6gre (1)
ci-606958_15few (2)
F.ディレーラ  Shimano Claris D
ギヤクランク  FSA Tempo 50-34 L:165mm(44cm)、 L:170mm(47/50/52cm)、 L:172.5mm(54cm)
MERIDA RIDE80はフルクラリスではなく、唯一クランク部がFSA製になっている。
ci-606958_17few.jpg
R.ディレーラ  Shimano Claris GS
ギヤ  Sunrace CS-8S 11-32
ワイドレシオのギヤ比と軽量なアッセンブルでヒルクライムにも挑戦可能。
結局各ブランド共、クラリス完成車のデザインが飛躍的に向上しているのがよく分かります。

【先行予約受付中】MERIDA(メリダ) 2019年モデル RIDE80 (ライド80)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2018年08月27日 トラックバック(-) コメント(-)