【速報版】新型RENAULT ULTRA LIGHT 7 NEXT(ルノー ウルトラライト7 ネクスト)登場!! エラストマサスペンション搭載! 重量7.5kgをマーク!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > RENAULT ULTRA LIGHT > 【速報版】新型RENAULT ULTRA LIGHT 7 NEXT(ルノー ウルトラライト7 ネクスト)登場!! エラストマサスペンション搭載! 重量7.5kgをマーク!!

【速報版】新型RENAULT ULTRA LIGHT 7 NEXT(ルノー ウルトラライト7 ネクスト)登場!! エラストマサスペンション搭載! 重量7.5kgをマーク!!



71krTZuW.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT 7 NEXT(ルノー ウルトラライト7 ネクスト) ホワイト

( ゜∀゜)14インチ超軽量折り畳み「ルノーウルトラライト7」に新型が登場!!!
その名もRENAULT ULTRA LIGHT7 NEXT
い、いきなりの新型! し、しかもですよ?
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル なんと今回は、エラストマサスペンションを初搭載!!

例の樹脂製衝撃吸収システムを、ルノーウルトラライトに初搭載した訳か……
しかも重量は、サスペンション機構を搭載しながら7.5kgという数字を叩き出しています!!
esffy456384sfdsy5.jpg
( ;゚ω゚)……なるほど……KHSやブロンプトンに近い、リアサスペンション機構な訳か。
サスの部分に、樹脂製エラストマサスペンションを組み込んだ訳ですね。

(RENAULT ULTRA LIGHT 7 NEXT スペック)
*エラストマサスペンション搭載で乗り心地を追求
*本体重量 約7.5kg
*全長116cm×ハンドル幅54cm×ハンドル高82cm~88cm(折りたたみ時:64cm×35cm×55cm)
*チェーンホイール:52T×フリーホイール:11T(シングルスピード)
*タイヤ:14×1.35インチ
*フレーム材質:アルミ
*シートポスト径:Φ33.9mm
*サドル高:70cm~86cm(適応身長:140cm以上)
*フレームサイズ:240mm



元々の初代ルノーウルトラライト7のタイヤサイズが14 x 1.75と太目でしたが、今回の新型ルノーウルトラライトネクストは細めの14×1.35に。

(´・ω・`)ルノーウルトラライト7って、14×1.35インチになると走りが軽快かつスポ―ティーになるんですよね。
しかもこの新型ネクストは、クランクの大型化に挑んでいます。
初代ルノーウルトラライト7(チェーンホイール:47T×フリーホイール:11T)→ルノーウルトラライト7ネクスト(チェーンホイール:52T×フリーホイール:11T)に。

路面からの衝撃吸収性を高めてつつ、タイヤサイズを細くし、クランクを大型化した事でスピード性を高めてきていますね。


軽量なサスペンション機構ながら、よく7.5kgに重量を抑えましたよね? えぇ。

71eyDDB27.jpg
RENAULT ULTRA LIGHT 7 NEXT(ルノー ウルトラライト7 ネクスト) ブラック
本体重量 約7.5kg(14inch-Single)


3D鍛造成形による高さ調節機能付きハンドルステムや、鍛造成形のフロントフォーク&バックフォークを装備し、製品の硬度を大幅に向上しています。

エラストマサスペンション・・・熱可塑性プラスチックの強度、耐久性とゴムの柔軟性を併せ持つエラストマサスペンションを装備。街乗りでの路面のギャップを適度に吸収し、優れた走行安定性を実現します。簡潔なサスペンション構造で軽量化にも大きく貢献しています。
fgwsr432tw.jpg
鍛造ハンドルステム・・・型打ち鍛造による、高さ調整機能付きハンドルステムを採用。3D鍛造成形により、製品の強度はもちろんですが複雑な形状の部品製造が可能になり、より美しいフォルムとデザインを実現しました。
thdwr432.jpg
鍛造フロントフォーク&鍛造バックフォーク・・・フロントフォーク、バックフォークに、鍛造フォークを採用。金属の素材を金型等で圧力を加え形状を成形することで、素材の内部組織が緻密で均質になり、引っ張り強さ、硬さに非常に優れた製品となります。

(´・ω・`)あと折り畳みサイズが気になったので、チェックしてみましたが。
新型RENAULT ULTRA LIGHT 7 NEXT……折りたたみ時:64cm×35cm×55cm
初代RENAULT ULTRA LIGHT 7……折り畳み時660×375×555mm

え? サスペンション機構を搭載した新型の方が、初代より若干コンパクトな訳!!??
折り畳み機構そのものは、大きく変化していないはずですが。
( ;゚ω゚)……この新型はサスペンション機構を搭載しながら、軽量なだけではなくコンパクト化にも成功した訳か。

とりあえず、今回は速報版ということで。
詳細が更に分かり次第、また記事にしようと思います。

スポンサードリンク

2018年08月31日 トラックバック(-) コメント(-)