2019 FUJI SUPREME2.3(シュプリーム2.3) 世界最速仕様の女性用エアロロード スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2019 FUJI SUPREME2.3(シュプリーム2.3) 世界最速仕様の女性用エアロロード

2019 FUJI SUPREME2.3(シュプリーム2.3) 世界最速仕様の女性用エアロロード

supreme23_.jpg
2019 FUJI SUPREME2.3(シュプリーム2.3)
これが世界最速仕様の女性用エアロロードFUJI SUPREME2.3。
噂では聞いていましたが、確かにこのスピードクイーン速そうだ……女性用で高速巡行性と、エアロロードならではの直進安定性を重視。
(´・ω・`)エアロロードって、確かに脚力的負荷が少ないので実は女性の方が恩恵が大きいのかもしれない。
そんなに体力を消費しなくても、推進力が得られるし。
女性用ロードバイクの中で、「最も軽く」「剛性が高い」というコンセプトがユニーク過ぎる。
だからこそ、男性ユーザーにも注目を浴びているのだろう。
2018年からディスクブレーキ化された理由は、握力の小さい&手の小さな女性がブレーキをかけ続けても疲れを感じにくい為。
また2018年から、カムテールエアロ形状を初めて導入。
最新のエアロダイナミクスを実現した女性用最速機体だ。
20141214102751383grte.jpg
超高剛性フレームFUJI SST1.1
201412121630245e7yr.jpg
FUJI ALTAMIRA SL
女性用で軽量性、剛性、スピード性を重視。
どうもFUJI SUPREMEには、名機「ALTAMIRA 」と超高剛性フレーム「SST」の技術が導入されているらしい……
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 確かに、それなら女性用最速仕様と言うのも納得。
チューブ内にリブ加工を施してあるなら、かなり高剛性に仕上がっているとは思いますが。
特に最近のFUJIモデルは、推進力とか剛性、快適性のバランスが実にハイレベル。

supreme23_image.jpg
FUJI ALTAMIRA は、他ブランドのフラグシップロードを撃墜可能な位強力な剛性を有していましたが。
それと同時に、異次元の快適性までありました。
だから快適性や乗り易さの部分を、上手く FUJI SUPREMEは引き次いでいるのでは?

(´・ω・`)実はFUJI SUPREMEこそが、FUJIモデル中最強&最速だったりして……
supreme23_12.jpg
シフター Shimano Ultegra
ステム OVAL313 3D ALLOY
またジオメトリを女性用に設計することでポジション設定が容易になり、ハンドリング性能が向上している。
女性用設計により軽量化されクライミングもOK。

なんとFUJIは1970年代から女性ライダーへ機材提供を行っている。
その経験から女性向けジオメトリのFUJI SUPREMEが誕生。
(´・ω・`)女性向けモデルに関しては、確かにクロスバイクやミニベロなどの分野でもFUJIは力を入れている。
だが、まさかエアロロードにこれだけ熱意をかけてくるとは……
またフジ製「ママチャリ」復活しないかな。
supreme23_11.jpg
テーパー形状のヘッドチューブやフォーク、ダウンチューブ接合部はバイク前方からダウンチューブにかけてスムーズで途切れない空気の流れを確保するために一体化している。
supreme23_9.jpg
フォーク C10 high-modulus carbon
supreme23_10.jpg
ホイール Oval Concepts 327
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro, 700 x 25c, 60tpi, folding
ブレーキ Shimano 105

高い制動力を最も生かせる油圧式ディスクブレーキ仕様、前後ともスルーアクスル仕様。
ディスクブレーキ仕様にすることで高い制動力、優れたモジュレーションを獲得しディスクブレーキ化の高い制動力を最も生かせる油圧式を採用。
supreme23_8.jpg
フレーム C10 high-modulus carbon
翼断面をカットした最新鋭カムテール形状を採用しており、あらゆるヨー角での気流を安定化。

CFD(computational fluid dynamica)解析を広範に使用し、フレームのあらゆるセッションで空気抵抗を抑えている。
フルインターナルとなるケーブルの取り回しにより、エアロダイナミクスだけでなく、あらゆる状況下でのシステム保護の役割も兼ねている。
supreme23_7.jpg
supreme23_6.jpg
気流を確保し空気抵抗を減らすためにシートチューブはリアホイール形状に合わせて設計されている。
FUJI SUPREMEって、FUJI TRANSONICよりも大胆にエアロ形状を取り入れていませんか?
supreme23_5.jpg
クランク Oval Concepts 500, forged 6066 arms, 52/36T
supreme23_4.jpg
コンポ Shimano Ultegra
カセット Shimano Ultegra 11-28T

supreme23_3.jpg
サドル Oval Concepts 551
シートポストOVAL 300 alloy
重量 8.2KG
適合身長
44cm:155cm~165cm
47cm:160cm~170cm

エアロシートポスト、内蔵シートクランプを採用し、スムーズな気流を生み出している。
男性用ロードバイクよりも、女性用ロードバイクに最新鋭の技術をどこまでも投入した機体って感じですね。
(´・ω・`)特にエアロロードながら「軽量性」を重視している点に注目。
他ブランドの最新鋭フラグシップエアロロードも、その点を重要視しているモデルが増えていますし。
【2019導入キャンペーン/ポイント5倍(9/2 18時-9/4 18時)】【2019モデル/店頭お渡しのみご提供可能】FUJI(フジ)SUPREME2.3(シュプリーム2.3)カーボンロードバイク【完全組立】【店頭受取対応商品】

スポンサードリンク

2018年09月05日 トラックバック(-) コメント(-)