2019 FUJI SL2.5(フジ エスエル2.5)  ( ノД`)シクシク…惜しい……傑作機Fuji SL3.1は消滅か? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2019 FUJI SL2.5(フジ エスエル2.5)  ( ノД`)シクシク…惜しい……傑作機Fuji SL3.1は消滅か?

2019 FUJI SL2.5(フジ エスエル2.5)  ( ノД`)シクシク…惜しい……傑作機Fuji SL3.1は消滅か?

sl25_.jpg
2019 FUJI SL2.5(フジ エスエル2.5) C10ハイモジュラスカーボン

(´・ω・`)万能タイプの軽量カーボン完成車「FUJI SL2.5」が、2019年モデルとしてラインナップされています。
誰でも快適にC10ハイモジュラスカーボンが繰り出す、鋭い加速を楽しめるタイプでして。

FUJI SL2.5の特徴を一言で言うなら、レーシングモデルの快適性を高めた軽量モデル。
万能タイプだけあって衝撃吸収性も強度もしっかり確保。どちらかというとレースもいいけど日常的に使えるカーボンモデルだ。
フラグシップのFUJI SL1.1よりは、長距離&長時間走るのに強い。

万能タイプだけあって衝撃吸収性もしっかり確保してあります。
感覚的にFUJI SL1.1よりは、長距離&長時間走るのに強い感じがする。
sl25_8.jpg
FUJI SL2.5に採用されているC10ハイモジュラスカーボンと言えば、本来高剛性フレーム「FUJI SST1.1」にも採用された高強度&高剛性カーボンなんですが。
細身のシートステー形状など、上手くフレーム形状で快適性をコントロールしている節がある。
やはり、他社のコンフォートカーボンモデルとはまた別物。
レーシング系カーボンモデルの剛性や、素材強度に重点を置いたC10ハイモジュラスカーボンを採用しているだけあってただ快適性重視という訳でもないので、注意。

万能性に重点を置いた、スピード志向モデルというべきか。
今回の2019年モデルFUJI SL2.5には、新型7000系105仕様。
(´・ω・`)ちなみにFUJI SL2.5は、毎回105スペックが採用されている機体だ。
imagerfqfqgte.jpg
スティーブ フェアチャイルド氏
2019FUJI SL2.5の完成車重量は8.3kg
FUJI BIKE TECHNICAL DESIGN TEAMのスティーブ フェアチャイルド氏はFUJI SL2.5に関して「1.1から重量増となるも、高剛性からのライドフィールは上位機種の1.1 に匹敵」と解説。
(´・ω・`)確かにスピードが乗ってくると、いい走りをする。
20171211095447054jt.jpg
2018 Fuji SL3.1 C5-Carbon
(;´Д`) うぅっ。。
ここ最近のおける最高傑作モデル「Fuji SL3.1」は、2019年モデルのラインナップから消えている……

この世は闇か?

エントリーカーボンマテリアルC5-Carbon採用ながら、各ブランド自慢のエアロカーボンとバトル可能。
フラグシップモデルの高性能さに、唯一対抗出来る傑作的エントリーグレードだったんだけどな……
惜しい……
エントリーカーボンマテリアルながら、チートな超軽快加速性能を誇る。
多分フレーム内部の補強リブとか、カーボン形状やカーボン材質など様々な要因があるんだろうが……

(´・ω・`)たまにFUJIのエントリーカーボンモデルから、怪物クラスのモデルが突然変異で出てきたりするので注意。
ところで不思議な事にFuji SL3.1のフレームはエントリーモデルながら、Shimano Ultegraスペック完成車だったりする。
恐らくスティーブ フェアチャイルド氏は、完成度の高いFuji SL3.1のフレームに新型105を採用する事が許せなかったのだろうな。
いや、本当にFuji SL3.1フレーム半端ないって!
本当、Fuji SL3.1オーナーって幸運の持ち主だと思う。
sl25_1.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 310 Ergo, 6061 alloy, 31.8mm clamp,133mm drop, 4° sweep
ステム Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-7°

2019年モデルは新型105 7000系が登場したことで、毎回105仕様のFUJI SL2.5完成車が2019年モデルのラインナップ入りしたのでしょう。
sl25_12.jpg
テープ・グリップ Anti-Slip Silicone
sl25_11.jpg
ヘッドセット FSA, 1 1/8" upper - 1 1/2" lower, integrated
ブレーキ Shimano 105
sl25_10.jpg
フォーク FC-440 full carbon w/ tapered carbon steerer
FC-440フルカーボンフォークは振動吸収性と路面追随性能が高い一方で、高速コーナーの安定性も高次元で実現する剛性を併せ持つ。
sl25_5.jpg
ホイールセット Oval Concepts 327, 700c 20/24H rims
sl25_9.jpg
メインフレーム C10 high-modulus carbon, integrated head tube w/ 1 1/2" lower, PF30 BB, double water bottle mounts
前三角は一体成型。
そしてシートステー&チェーンステーの3ピース構造。
各ピースを独立させC5-Carbonカーボン本来の性能を引き出しつつ、各ピースの接合部箇所数を抑えている。
sl25_7.jpg
BB Praxis PF30 conversion bottom bracket
クランク Oval Concepts 300, forged 6066 arms,Praxis rings, 52/36T
多数採用するOVAL CONCEPTS パーツの中でもチェーンリングは冷間鍛造製法で作られており、変速性能はもとより耐久性、剛性の高さに定評がある。
sl25_6.jpg
リアトライアングル C10 high-modulus carbon oversized chainstays,carbon dropout w/ replaceable hanger
sl25_4.jpg
サドル Oval Concepts 438, steel rail
シートポスト Oval Concepts 905, carbon & alloy, 27.2mm diameter

sl25_2.jpg
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro, 700 x 25c, 60tpi, folding
【2019導入キャンペーン/ポイント5倍(9/2 18時-9/4 18時)】【2019モデル/店頭お渡しのみご提供可能】FUJI(フジ)SL2.5(エスエル2.5)カーボンロードバイク【完全組立】【店頭受取対応商品】

スポンサードリンク

2018年09月07日 トラックバック(-) コメント(-)