2019 LAPIERRE XELIUS SL500 W (2019 ラピエール ゼリウスSL500 W) エアロ性能を強化! AIRCODEのエアロ形状を遂に導入へ! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LAPIERRE ラピエール > 2019 LAPIERRE XELIUS SL500 W (2019 ラピエール ゼリウスSL500 W) エアロ性能を強化! AIRCODEのエアロ形状を遂に導入へ!

2019 LAPIERRE XELIUS SL500 W (2019 ラピエール ゼリウスSL500 W) エアロ性能を強化! AIRCODEのエアロ形状を遂に導入へ!


ci-624749_5.jpg
2019 LAPIERRE XELIUS SL500 W (2019 ラピエール ゼリウスSL500 W)
2019年モデルの LAPIERRE XELIUS SLが、モデルチェンジならぬエアロ化という形でブラッシュアップ化!

2019年モデル中、生まれ変わったラピエールの旗艦ロードバイクのうちの一つゼリウスSL。
特徴的な3Dチューブらの構造はそのままに、各部をブラッシュアップし総合力を高めました。


AIRCODEのエアロ形状を取り入れたことにより、XELIUS SLのエアロ形状を強化。
3Dチューブ形状はそのままに、全体的にエアロ化したことで巡行性や衝撃吸収性、突進力のあるXELIUS SLの持ち味を殺さずにエアロ形状をとりいれたのでは。
2019年モデルはXELIUS SLのエアロ性能に注目ですね。
( ;゚ω゚)……AIRCODEのエアロ性能をXELIUS SLが引き継いだとなると、もしかしたらとんでもないことになるかも……
DSCN4458fertu.jpg
2017 LAPIERRE XELIUS SL 500 MCP
(´・ω・`)これがモデルチェンジ直後のXELIUS SLだけど。
画像からだと、少し全体的に細くなった??? フロントフォークやダウンチューブがエアロ化したという話だけど。
2019年モデルのブラッシュアップ化に伴い、細部が変更された事は確かですね。
突撃力のある巡航ロードとして、完成度が高かった。
割とフレームにボリューム感があった印象が。
この当時からフロントブレーキがダイレクトマウント化はしていましたが。
更にはエアロブレードフォークを採用し、エアロ化もそれなりに頑張ってはいたんですよね。
DSCN4438cwd7tu7.jpg
LAPIERRE AIRCODE SL 600 FDJ MCP
これはエアロロードの AIRCODE SL 600 FDJ MCPだけど。
2019年モデルより細部が変更になったLAPIERRE XELIUS SLは、AIRCODEのエアロ形状を導入する運びに。
(´・ω・`)AIRCODEってエアロロードらしく、鋭い刃物で、路面を滑空していく感覚があるんですよね。
もちろんラピエールモデルらしく乗り心地はソフト。
ci-624749_4.jpg
推進力と巡行性能を兼ね備えた XELIUS SLに、エアロロードの様な滑空感も加わったらちょっと凄い事になるかもしれない。
個人的にはフォーク部と、ダウンチューブがAIRCODEに近づいたな……という印象。
可能だったら、どう走行性能が変化したのかチェックしてみたいな。
ci-624749_6.jpg
NEW コックピットポジションの採用
コックピットの位置をさらに下げた設計でエアロ効果を引き出します。
ci-624749_7.jpg
ハンドル LAPIERRE HB-CR 12 38cm[S,M] 40cm
バーテープ VELO VEXGEL TAPE
ステム LAPIERRE AS-LP2-7° 31.8cm 80mm[S] 90cm[M,L]

ヘッドセット  FSA 1"1/8 - 1"1/4 ORBIT C-33 44E
ci-624749_12.jpg
ci-624749_11.jpg
フロントブレーキ SHIMANO 105 BR-R7010 DIRECTMOUNT

ダイレクトマウントブレーキへの最適化が実行されたフロントフォーク
フォーク形状も従来品からの見直しが行われ、エアロロードAIRCODEと同様に、大テクとマウントブレーキへの更なる最適化が行われています。

フロントはエアロロードエアコードと同じく、ダイレクトマウントブレーキ。
(´・ω・`)基本今までのXELIUS SLもダイレクトマウントブレーキ。
制動力に関してはブラッシュアップ化前の2018年モデルでも申し分ない。
ブレ―キ性能はモデルチェンジ後から、飛躍的に高めていたんですよ。
ci-624749_10.jpg
制動力強化に対しては、最初のモデルチェンジ後である2018年モデルから重視していたのですが。2019年モデルにおける更なる最適化というのが気になりますね。
フロントはダイレクトマウント。リアブレーキは通常のBR-7000という形になります。
ci-624749_9.jpg
フォーク XELIUS SL 100% CARBON
ci-624749_8.jpg
ci-624749_23.jpg
元々ダイレクトマウント&エアロブレードフォーク仕様だったけど。
あれ? 見た目、エアロブレードフォークが更に鋭くなったかな?
ci-624749_16.jpg
フレーム  XELIUS SL CARBON
ci-624749_15.jpg
エアロ性能を高めたダウンチューブ
エアロロードAIRCODEからインスパイアされた形状のダウンチューブとなり、エアロ性能を向上させました。
ci-624749_17.jpg
ci-624749_18.jpg
ci-624749_14.jpg
フロントディレーラー SHIMANO 105 FD-R7000FL
ci-624749_21.jpg
インテグレーテッドシートポストクランプ採用。
2018年の新型AIRCODEから採用されたインテグレーテッドシートポストクランプ。
ci-624749_13.jpg
クランクセット SHIMANO 105 FC-R7000, 50x34T 170mm

TDT(トラップドアテクノロジー)の採用
2018年より引き続きTDT(トラップドアテクノロジー)を採用。Di2バッテリーをBB下部に内臓可能で、メンテナンス性が向上し、さらに重心が低くなることによりペダリング効率もアップします。
ci-624749_22.jpg
BB SHIMANO PRESSFIT SMBB7141B
ダウンチューブとチェーンステーのカーボン成型を最適化
カーボン繊維の成型工程を見直すことでペダリング効率をアップしつつ、さらに快適性のアップにも成功しました。

ダウンチューブとチェーンステーのペダリング伝導率もパワーUP?
(´・ω・`)じゃあ、あの突進力のある推進力も更に強化されている訳か。

ちなみにAIRCODEはエアロロードらしく、脚力面での消費が少なくてすむ有難いエアロロード。
いままでのゼリウス程に、脚力面での依存度が少なくなっていたら面白いな。
AIRCODEって、セミフルオートみたいにある程度フレームが自動で走ってくれる感覚に襲われますし。
ci-624749_19.jpg
リアディレーラー SHIMANO 105 FD-R7000FL
カセット  SHIMANO 105 HG5800 11s 11-34T

ci-624749_20.jpg
シートポスト LAPIERRE CARBON SP964 27,2*350mm
サドル FIZIK ARIONE DONA MG

LAPIERRE(ラピエール) 2019年モデル XELIUS SL500 W (ゼリウスSL500 W)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

LAPIERRE(ラピエール) 2019年モデル XELIUS SL600 (ゼリウスSL600)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

スポンサードリンク

2018年09月12日 トラックバック(-) コメント(-)