2019 GIOS AERO LITE カラーリング変更及びダイレクトマウント方式採用へ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIOS(ジオス) > 2019 GIOS AERO LITE カラーリング変更及びダイレクトマウント方式採用へ

2019 GIOS AERO LITE カラーリング変更及びダイレクトマウント方式採用へ


cc-gios-aerour_2hrjyr.jpg
2019 GIOS AERO LITE ULTEGRA (ホイール:MAVIC COSMIC PRO)
(´・ω・`)ん? ジオスの超軽量エアロロード、エアロライトのデザインが変更になった?
エアロフレームが、オールブルーカラーに更新されているな。
フレームそのものは東レT-700カーボン製モノコックフレームを継続している模様。
フレーム HIGH MODULUS 30T UNIDIRECTION CARBON MONOCOQUE

また今回から、ダイレクトマウントブレーキ仕様に。
cc-gios-aerodi281_2frgrhrt.jpg
2018 GIOS AERO LITE DISC
今までのエアロライトといえば、ブルーとホワイトでカラーデザインをされていたんですよね。
2015年モデルから、フレームデザインとカーボン素材を変更して2018年モデルまでこのブルー&ホワイトのカラー路線を継続した訳ですが。
トップチューブとシートチューブにストレート形状を採用。
他ブランドが続々とエアロロードを投入する中、ジオスとしては即最新のエアロフレーム形状を投入してきた。
(´・ω・`)ジオスは、基本的にあまりデザイン変更をやりたがらないブランドなんですけどね(特に、アルミやクロモリ、ミニベロなど)
AERO LITEに関して、エアロフレーム形状の変更なしにカラーデザインを変更してくるとは思わなかった。
e06fe2e256c96acc36_3hyrhr.jpg
2014 GIOS AERO LITE
これが、初代2014年モデルに初登場した旧AERO LITEフレーム形状。
見ての通り、トップチューブがアーチ形状。
典型的な、翼断面形状のエアロダイナミックフレームだ。
更にシートチューブも、リアホイールに沿って大胆なエアロ形状を取り入れている。
(この当時はプレスフィットBB仕様。現在のネジ切り仕様とは異なる)

(´・ω・`)ちなみに2014 GIOS AERO LITEのフレーム形状は、GUSTOあたりが引き継いだ模様。
ゼロ加速そのものは穏やかだが、ある程度スピードに乗ってから本領発揮する恐ろしいモデルだった……
縦剛性を生かして、速度を徐々に伸ばすのを得意とするエアロロードだ。
現在はカムテール形状のエアロフレームが主流ですけどね。
cc-gios-aerodi210_2.jpg
2019年モデルGIOS AERO LITEモデルのラインナップは以下の通り↓

GIOS AERO LITE FRAMESET (エアロライトフレームセット)価格 154,224円 (税込)
GIOS AERO LITE DISC FRAMESET (エアロライトデイスクフレームセット)価格 181,764円 (税込)
GIOS AERO LITE 105 価格 227,664円 (税込)
GIOS AERO LITE ULTEGRA アルテグラ (ホイール:RS-100)価格273,564円 (税込)
GIOS AERO LITE ULTEGRA アルテグラ (ホイール:MAVIC COSMIC PRO)価格466,344円 (税込)

(´・ω・`)うーん、やはり105仕様や、ULTEGRAシマノWH-RS-010仕様はコスパが高い完成車仕様になっていますね。
新型7000系105搭載??? ですよね??
エアロロードといえど、実に手に入れやすい価格設定は健在。

MAVICホイールの完成車、MAVIC COSMIC PRO仕様も用意。
cc-gios-aerodi210_14.jpg
cc-gios-aerodi210_7.jpg
ヘッドパーツは上下異径の1-1/8" 1-1/2と、下側のベアリングが大径。
cc-gios-aerodi210_8.jpg
シフトワイヤー・ブレーキワイヤーともにインターナル仕様にこだわっている。
cc-gios-aerodi210_13.jpg
BR-R8010 ダイレクトマウントブレーキキャリパー
2019年モデルエアロライトのブレーキの仕様が変更に。
遂にダイレクトマウント仕様に進化しました。
cc-gios-aerodi210_19.jpg
(´・ω・`)シートステーの衝撃処理性能を重視した、扁平形状は変更ない様だ。

cc-gios-aerodi210_6.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CARBON FORK
cc-gios-aerodi210_12.jpg
cc-gios-aerodi210_9.jpg
フレーム HIGH MODULUS 30T UNIDIRECTION CARBON MONOCOQUE
cc-gios-aerodi210_11.jpg
cc-gios-aerodi210_3.jpg
cc-gios-aerodi210_16.jpg
cc-gios-aerodi210_15.jpg
ボトムブラケットBSA規格(ねじ切り仕様)
ジオスのエアロロードは、ブレーキパーツと共に整備性を重視する傾向にある。
cc-gios-aerodi210_18.jpg
cc-gios-aerodi210_10.jpg
cc-gios-aerodi210_17.jpg
cc-gios-aerodi210_20.jpg
GIOS ジオス 2019年モデル AERO LITE エアロライト ULTEGRA アルテグラ ホイール:MAVIC COSMIC PRO [完成車]

スポンサードリンク

2018年09月23日 トラックバック(-) コメント(-)