2019 BRUNO VENTURA(ブルーノ ヴェンチュラ) COLUMBUS社クロモリや英国BROOKSを採用しつつ、オールブラックでまとめている!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BRUNO(ブルーノ)  > 2019 BRUNO VENTURA(ブルーノ ヴェンチュラ) COLUMBUS社クロモリや英国BROOKSを採用しつつ、オールブラックでまとめている!!

2019 BRUNO VENTURA(ブルーノ ヴェンチュラ) COLUMBUS社クロモリや英国BROOKSを採用しつつ、オールブラックでまとめている!!


ventura_bk_.jpg
2019 BRUNO VENTURA(ブルーノ ヴェンチュラ)

( ;゚ω゚)……これは凄い!
長距離ロングツーリング用ミニベロ「BRUNO VENTURA」の2019年モデルについてですが。
COLUMBUS社クロモリや英国BROOKSを採用しつつ、オールブラックでまとめている!!
パナレーサー タイヤ ミニッツタフもブラック系でまとめてきたか……

スロービング風フレームで、トップチューブは2本で構成されている。
前後からの振動をトップチューブで吸収する構造になっています。
ここ最近のブルーノモデルは先曲げのベントフォークを採用。乗り心地を重視し1日程度のロングツーリング向け仕様になっています。
img58136453hhfrw.jpg
2012 BRUNO VENTURA T
以前は、トラスフレーム構造でしたが。
ですが、ハンモック効果を狙って長距離の際の乗り心地を重視した設計に。
乗り降りしやすいミキストフレーム風でもあるのがありがたい。
見ての通り、以前はストレートフォーク仕様。ブレーキも、補助ブレーキが付いていた。

(´・ω・`)こうしてみると、やはり最新の2019年モデルのほうがツーリング色が濃い。
とはいえ旧モデルもミニベロにしては扱いやすく、その上安定性が抜群。
ロングホイールベースの長所が生きまくった名モデルでした。
ventura9_evidence.jpg
(´・ω・`)ここだけの話、フロントバッグなどのバッグ類ってブラックが多いじゃないですか?
これなら合いそうだ。
bruno_exp_2.jpg
ventura_bk_11.jpg
バーテープ BROOKS CAMBIUM TAPE with EVA FORM
VENTURAに採用された、ダイアコンペ DC139ギドネットレバーも、ハンドレストDIA-COMPE/DC-138もブラック系で固めています。
(´・ω・`)これは驚いた。ブラック系で固める事が出来るなんて……正に強烈な北欧ブラックデザイン。
BROOKS CAMBIUM TAPEもわざわざブラックを用意。
限定モデルという形で、105デュアルコントロールレバー仕様時代もありましたが。
やはりレトロ性を重視したか……
ventura_bk_10.jpg
シフター DOUBLE LEVER
ventura_bk_9.jpg
元々コーナーリングも得意なツーリング系ミニベロだったけど。
(´・ω・`)ある意味、ミニベロの弱点を克服したモデルと言っていい。
ツーリングだけではなく、街乗りにも強い機種だ。
一定の速度で、走るのを得意とする。

ハンドルは確か幅広タイプで、ハンドルの安定感にも一役買っている。
もしかしてフロントバッグを積載し易い様に、幅広サイズを採用しているのかもしれない。
ventura_bk_8.jpg
ブレーキ Shimano Canti Brake
やっぱり旧モデルのトラスフレームよりも、乗り降りしやすそうな形状だ。
全体的なシルエットはツーリング仕様なんですが。
街乗りでの扱いやすさも、強化してありますね。
ventura_bk_7.jpg
フォーク Original Cr-mo Butted Tubing
タイヤ Panaracer Minits Tough PT 20 x 1.25
ventura_bk_6.jpg
フレーム Columbus Cromor Tubing
弓なりのシートステーが柔らかい乗り心地を演出。
フレーム素材のクロモリと相まって非常にしなやかな走りを実現。
ventura_bk_5.jpg
ventura_bk_4.jpg
F/SHIMANO CLARIS R
ventura_bk_3.jpg
R/Shimano TOURNEY TX
変速 16SPEED
適合身長385mm:155cm~180cm

ventura_bk_2.jpg
ventura_bk_1.jpg
前述しましたが、非常に安定感のあるミニベロです。
ですのでリアキャリアーを取り付けて荷物を積載するのに、適したモデルと言っていいでしょう。
2012年頃はスピード系ミニベロが注目されていた時代でしたが。そのころから「旅」「ツーリング」を意識した珍しいミニベロでした。
(まあ、その当時のBRUNO VENTURAも時代に合わせて、スピード系ミニベロ限定モデルが出ていた訳ですが)

最近バイクパッキングやツーリング系モデルが再び脚光を浴びていますが。
(´・ω・`)ようやく時代が、BRUNO VENTURAに追いついてきた感じがします。
【2019モデル】VENTURA(ヴェンチュラ)カラー:ブラックBRUNO(ブルーノ)【送料プランB】 【完全組立】

スポンサードリンク

2018年09月26日 トラックバック(-) コメント(-)