2018年9月現在において、ビアンキカーボンモデルを13万円台で購入する方法。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 大特価情報 > 2018年9月現在において、ビアンキカーボンモデルを13万円台で購入する方法。

2018年9月現在において、ビアンキカーボンモデルを13万円台で購入する方法。


(´・ω・`)2018年9月において、ビアンキカーボンモデルを13万円台で購入する方法をまとめました。
何気に時期において、値動きの激しいビアンキカーボンモデル。
現時点では最安税込 134,568 円で、購入可能の模様。


bia-pro-105-v-whe.jpg
【ビアンキ純正パーツプレゼント♪】ビアンキ 2018年モデル SEMPRE PRO TIAGRA(センプレプロティアグラ)【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】
税込 134,568 円
(´・ω・`)2018年9月29日時点で、フルカーボンビアンキの最安は楽天ライドオンが扱う「SEMPRE PRO TIAGRA」ですね。
カラーはCelesteでサイズは、53 55。
しかもBianchi純正パーツプレゼントも付いてきて、フロントライト、リアライト、ディスプレイスタンドを選択可能。
bia-pro-sora_4cd.jpg
ビアンキ 2018年モデル SEMPRE PRO SORA(センプレプロソラ)【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】
2018 Bianchi SEMPRE PRO SORA
税込 110,592 円(完売)
伝説となった格安ビアンキセール品「Bianchi SEMPRE PRO SORA」
皆様ご存じの通り、流石に格安過ぎて既に完売。
(´・ω・`)となると、ワンランクパーツがグレードUPしますが。
ティアグラ仕様のSEMPRE PROセール品を狙えばいい訳で……
20171130104419837cascdas.jpg
2017 Bianchi SEMPRE PRO Tiagra(参考画像)
(´・ω・`)実は2017年モデル辺りからSEMPREの性能が激変した時期でして。
かつての「乗り易いソフト風味のセンプレ」から、「スピーディーな軽快センプレ」に生まれ変わったんですよね。

(レースにSEMPRE PRO Tiagraは投入可能か?)
いける。レースに使わないなんて勿体ない。2019年モデルから廃盤になったのが、惜しい位だ。
レースに参加可能なレベルではなく、普通に戦えるレベルにある。

インフィニートCVやオルトレとはまた異なった、軽快なレーシング性能を SEMPRE PROフレームは獲得。
以前は、ソフトで優雅な加速性能を重視していましたが。。
走りが異様に軽くなってきたのが、このモデルの長所。
特にペダルの軽さは、なかなかのものですよ?
【ビアンキ純正パーツプレゼント♪】ビアンキ 2018年モデル SEMPRE PRO TIAGRA(センプレプロティアグラ)【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】




dcaqay.jpg
2017 INTREPIDA TIAGRA(イントレピーダティアグラ) カーボンフレーム ロードバイク

¥153,684(税込)
(´・ω・`)あと、フルカーボンビアンキモデルの格安品といえば「2017年モデルINTREPIDA TIAGRA」あたりが狙い目ですね。


INTREPIDAって、ビアンキモデルらしく快適性が高いのが特徴。
乗り易いし、馬鹿みたいに快適性重視のカーボンフレームです。
単純に走っていて疲れ難い。個人的には、長距離&プチツーリングにこれ程適したビアンキモデルはないかと。
ゼロ加速性能はそれ程でもないですが、速度に乗ってくると走りがどんどん滑らかになって面白いんですよ?
それ程脚力に依存しなくても、速度を維持する能力が高いですし。


コンフォートかつ快適に乗りたいなら「2017 BIANCHI INTREPIDA TIAGRA」。
後日レース仕様なども視野に入れているなら「2018 SEMPRE PRO TIAGRAを選択すればいいかと。

(´・ω・`)まあ、レース場で INTREPIDAと、SEMPRE PROが激突したら余裕でSEMPRE PROが勝利するんですけどね。
逆にみんなで楽しくツーリングならINTREPIDAに分があるかと。

スポンサードリンク

2018年09月29日 トラックバック(-) コメント(-)