2019 GIOS FELLEO 105 (ホイール MAVIC KSYRIUM) COLUMBUS FUTURAカーボンフォークを採用しイタリアンテイストが、より濃くなっていません? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIOS(ジオス) > 2019 GIOS FELLEO 105 (ホイール MAVIC KSYRIUM) COLUMBUS FUTURAカーボンフォークを採用しイタリアンテイストが、より濃くなっていません?

2019 GIOS FELLEO 105 (ホイール MAVIC KSYRIUM) COLUMBUS FUTURAカーボンフォークを採用しイタリアンテイストが、より濃くなっていません?


ci-916206_2.jpg
2019 GIOS FELLEO 105 ホイール MAVIC KSYRIUM
シフター SHIMANO ST-R7000

ガクガク(((;゚Д゚ )))ブルブル クロモリホリゾンタルフレームモデル完成車が重量8.7kg!!????
あそうか、MAVIC KSYRIUM完成車の場合の重量なんですね。
なるほど……8kg台をマークしたという事は、クロモリ完成車モデル中、有数の軽量スペックモデルかもしれません。
あと8kg台の軽量クロモリモデルと言えば、アルテグラスペック「Raleigh CRR CARLTON-R 8.9kg」あたりですかね。

FELLEOは、コロンバス製クロモリチューブとカーボンフォークを組み合わせた軽量クロモリモデルな訳ですが。
今年から(2019年モデルから)遂に、新型105 R7000系を採用した訳ですよね。
クラシカルなシルバー系パーツもジオスクロモリには似合いますが、やはり最新のブラック系パーツも似合いますね。
ci-916206_7.jpg
ヘッドパーツ  FSA TH-16CC 1-1/8"
ci-916206_10.jpg
フォーク COLUMBUS FUTURA SL 1-1/8"
ブレーキ SHIMANO BR-R7000
( ;゚ω゚)……おおっ……・足回りが美味しい。COLUMBUSカーボンフォーク&マヴィックホイール仕様。
遂に、遂にクロモリFELLEOが、カーボンストレートフォークを採用だとぉ?
伝統のカーボンベントフォーク路線を、2019年モデルから放棄したか。
すげっ……。
何気に、クロモリ最速でも狙っているのか?
ci-916206_11.jpg
上1-1/8 下1.5のテーパード キャリパーブレーキ用カーボンフォーク。
カーボンファイバーモノコックT700S&HFM
イタリアアンバイクパイプブランド「COLUMBUS」は、あの「CINELLI」と同系列の伝統のあるブランドです。
GIOS FELLEOのイタリアンテイストが、COLUMBUS製ストレートフォークのお蔭でより濃くなっていません?
ci-916206_12.jpg
ホイール MAVIC KSYRIUM PRO EXALITH
GIOS FELLEO 105がMAVIC AKSIUMを採用し出したのは、今に始まった事ではなく2012年モデル当時から採用していた事もあったんですよね。
img10634462110_convert_20081216142934wfcwe.jpg
2009 GIOS FELLEO
今から10年前の2009年モデルは、実はクロモリクラシック路線。
クランクもシルバーで、スギノ製コンパクトクランク48/34Tでした。
2010年モデルから、一気にフル105路線に変更。
積極的な最新鋭パーツを取り入れた、最新鋭クロモリロードモデルとして姿を変えていきます。
(´・ω・`)この、2009年モデルから現在10年がたちましたが。
今回の2019年モデルから、遂にコロンバスストレートカーボンフォークを実装ですよ。
2020年辺りは、案外電動Di2化でも始めそうな勢いですね。
ci-916206_9.jpg
ci-916206_8.jpg
ci-916206_6.jpg
ci-916206_4.jpg
フレーム COLUMBUS SPECIAL TUBING FOR GIOS

2015年モデルより、ジオスフラグシップクロモリモデルチューブはCOLUMBUS社製路線です。
(70周年記念モデル「ジオスセッタンタ」にもCOLUMBUSのクロモリパイプを採用している)
(´・ω・`)特にGIOSのフラグシップモデル はノンブランドクロモリチューブではなく、素性のわかる高品質のブランドクロモリチューブを以前から採用しています。
パーツやホイールだけではなく、フレームに関しても真面目路線なんですね。
GIOS FELLEO2010年モデル当時はジオスオリジナル4130クロモリでした。


クロモリチューブ特有のしなりのある乗り心地と、COLUMBUSチューブらしい剛性&伸びのある走行性能が期待できます。
かつては、ロングライドを得意としたクロモリモデルでしたが。
若干レーシング性能も強化してきた感じ。
ci-916206_14.jpg
フロントディレーラー SHIMANO FD-R7000
ci-916206_16.jpg
ブレーキ  SHIMANO FC-R7000 50/34T 170mm
ci-916206_15.jpg
BB  SHIMANO SM-BBR60 BSA
ci-916206_5.jpg
ci-916206_17.jpg
リアディレーラー  SHIMANO RD-R7000
ci-916206_18.jpg
フリーホイール  SHIMANO CS-R7000 11-28T
ci-916206_19.jpg
サドル GIOS SELLE ITALIA SL
シートポスト GIOS ORIGINAL Φ27.2

ci-916206_1.jpg
フレームサイズは48~54cmまで展開しており、約158~185cmまでの方に対応。
よくぞ、ケーブル類をアウター仕様に……最新と伝統が融合していて素晴らしい。
GIOS ジオス 2019年モデル FELLEO フェレオ 105 ホイール:MAVIC KSYRIUM [完成車]

スポンサードリンク

2018年10月07日 トラックバック(-) コメント(-)