2019 JAMIS RENEGADE EXPAT (レネゲードエクスパット) 40Cタイヤまで対応出来るそうだけど、走破性に関しては全然36CでOK。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > JAMIS > 2019 JAMIS RENEGADE EXPAT (レネゲードエクスパット) 40Cタイヤまで対応出来るそうだけど、走破性に関しては全然36CでOK。

2019 JAMIS RENEGADE EXPAT (レネゲードエクスパット) 40Cタイヤまで対応出来るそうだけど、走破性に関しては全然36CでOK。



ci-760568_1.jpg
2019 JAMIS RENEGADE EXPAT (レネゲードエクスパット)
グラベルロードの定番モデルJAMIS RENEGADE EXPAT。
ロードバイク界のSUV。人気に火が付いたおかげで、2019年モデルも継続してくれて嬉しい。
(´・ω・`)実は、2019年モデルのタイヤサイズが気になっていたのですが。
MTBの様な破壊力のある? 走りをしてくれる、36Cサイズを維持してくれるようです。
650x36c(44-48)
700x36c(51-61)


ロングライドに特化したアドベンチャーロードだけど、低速時のMTB感が実にたまらないモデルでした。
まあ、40Cタイヤまで対応出来るそうだけど、もう全然36CでOK。
ci-760568_5.jpg
米国Blackburn(ブラックバーン)サイクルアクセサリーを装着した参考例が出ていますけど。
( ;゚ω゚)……展示会用に、Blackburnの新作バイクパッキング用バッグ「エリートシリーズ」の参考例が出ていますね。
ブラックバーンのバイクパッキングのアイテムを装着すると雰囲気が締まりますね。
泊まりがけのバイクトリップに、通勤やロングライドにも。
Outpost Elite Frame Bag
フレームバッグは、溶接されたシームと防水ジッパーを使用。
バッグ内部を乾燥状態に保つ為の、防水素材で構成されている。
(´・ω・`)更に軽量素材でできているそうな。日本国内のバイクパッキングブームが広がるにつれて、バッグ類の新作も続々入ってくる予感。
ci-760568_22.jpg
Outpost Elite Handlebar Roll
ドライバックを保持するギミックの様で。
未使用時には空気を抜いて、絞る事も可能。
ci-760568_19.jpg
泥除けやキャリアーなど、アクセサリーを取り付け出来るダボなど、幅広いカスタムで旅を楽しめる。
ci-760568_23.jpg
Outpost Elite Universal Seat Pack
新しいユニバーサルシートパック。
底の方をアルミプレートで固定する形になる。
取り外し可能なドライバッグにパージバルブがあり、パッキング時に完全に圧縮できるようになっています。



ci-760568_3.jpg
バイクパッキングをもしやりたいなら、車体を購入後に後付けという形になりますが。
見てのとおり、JAMIS RENEGADE EXPATは通常のロードよりもバッグ取り付けの際の親和性が高い。
もちろん、バッグ類を取り付けなくてもディスククロモリとしても十二分に楽しめる。
ci-760568_7.jpg
シフター Shimano Tiagra 4700,18-speed
ハンドルバー Ritchey Evomax Comp, 31.8 x 400 (44) 420 (48-51) 440mm (54-56), 460mm (56-58)
ステム  Ritchey 4-Axis 3D forged 6061 70mm (44), 80mm (48/51), 90mm (54/56),110mm (58)”

確か、ハンドル位置は体感的に高めだった記憶がある。
視界が広く取れて、MTB感がある。
ci-760568_8.jpg
ヘッドセット FSA Orbit ITA B internal/External ,1.5 – 11/8″
ci-760568_20.jpg
フォーク ECO monocoque carbon composite ,12mm jamis MTS tapered steerer ,flat mount disc brakes ,lowrider and water bottle eyelets
低速でのコントロール性、悪路での走破性が抜群。
凹凸がある路面を軽々と走破していく性能を有しています。
RENEGADE EXPATって、低速でのコントロール性がずば抜けていますね。
速度が出ていなくても、謎の安定感があります。怖い位低速だと頼もしい走りをする。

(´・ω・`)しかも走り易いのですよ。
多少の起伏のある路面や、砂利道でも軽々と走破してしまう上に、まるでバイク上で休憩でもしているかのような居心地の良さ。
何気にこのモノコックカーボンフォークが、いい仕事をしているんだろうな。
ci-760568_21.jpg
ホイール  WTB ST i23 TCS (UST Tubeless Compliant Sydstem) disc rims ,32H ,Formula alloy 6-bolt hubs and 14g stainless steel spokes
タイヤ X plor MSO ,650x36c(44-48), 700x36c(51-61) ,30TPL
ci-760568_11.jpg
RENEGADEシリーズはカーボン、クロモリ、アルミなど3素材、8モデルから選択可能。
RENEGADE EXPATはクロモリな訳ですけど。
走りの上では、ほぼ完成の域に達している感が。
(´・ω・`)つまり、クロモリフレームながら走行性のスムーズさ、操作性、取り回しの良さ、頑丈さ、積載性など極め切っていますよ。
カーボンやアルミもありますけど。個人的にはこのクロモリモデルが大好き!
ci-760568_12.jpg
ci-760568_10.jpg
ci-760568_15.jpg
クランクセット FSA Gossamer MegaExo, 50/34T, 165mm (44/48), 170mm (51), 172.5mm (54/56) 175mm (58/61)
ci-760568_16.jpg
BB  FSA BB-6200 MegaExo
ci-760568_14.jpg
ci-760568_13.jpg
フレーム Jamis Size Specific Design Frame gemoetry ,Reynolds 520 double-butted chromoly main tubes ,44mm head tube seat stay disc brake mounts 3 waterbottle mounts ,rack and fender eyelets ,clearance for 650x47c tires.
(´・ω・`)クロモリですがそんなに重くないんですよ。
グラベルロードやシクロクロスモデルと比較しても走りが軽い部類に入る、グラベルロードだと思う。
そんなにクロモリながら、ダブルバテッドなので重みに関して警戒しなくていいと思う。
レイノルズの520ダブルバテッドクロモリをフレームに採用しているのが、効いているのかもしれない。
ci-760568_9.jpg
ci-760568_6.jpg
シートポスト Ritchey Road, 27.2 x 300mm
サドル  Selle Royal Asphalt with integrated clip system

ci-760568_4.jpg
ci-760568_17.jpg
ブレーキセット  TRP Spyre mechanical disc brake with 160mm rotors
ブレーキはメカニカルディスクのTRP Spyre。
このメカニカルディスクのお蔭で、MTB感を感じてしまう……
荒れ道や巡行時のスピードコントロールにも長けている。
(´・ω・`)個人的には、重量物を運搬時においても威力を発揮すると思う。
ci-760568_18.jpg
ディレーラー Shimano Tiagra 4700
カセット Shimano 10-speed, 11-32T
重量  11.0kg
ジェイミスはかなり以前からアルミシクロクロスモデルなどを手掛けているだけあって、グラベルロードなどの分野においても一日の長があります。
見た目よりも、実際のってから衝撃を受ける事が多い。
それがいぶし銀、ジェイミスモデル。
JAMIS ジェイミス 2019年モデル RENEGADE EXPAT レネゲードエクスパット [完成車]

スポンサードリンク

2018年10月08日 トラックバック(-) コメント(-)