2019 KhodaaBloom RAIL 700SL LTD  遂に8.1kg!! 国内販売クロスバイク中最軽量をマーク!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KhodaaBloom(コーダーブルーム) > 2019 KhodaaBloom RAIL 700SL LTD  遂に8.1kg!! 国内販売クロスバイク中最軽量をマーク!!

2019 KhodaaBloom RAIL 700SL LTD  遂に8.1kg!! 国内販売クロスバイク中最軽量をマーク!!

19kb-rail700sl-ltd.jpg
2019 KhodaaBloom RAIL 700SL LTD
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル 2019年モデルクロスバイク最軽量更新!!!
遂に8.1kgだぁぁぁぁぁぁ!!!???

2019 Khodaa Bloom RAIL 700SL-LTDは、遂に更なる軽量化に成功!!


2018 RAIL 700SL-LTDと比べて300g軽量化したそうな……つまりつまりですよ??


重量は遂に8.1kg!!をマーク!!

国内販売クロスバイク中最軽量の数字をマークしてます!!

毎年、毎年軽量化にチャレンジするとは……
遂にこの2019年モデルも記録
この軽量化に挑む、コーダーブルームのチャレンジ精神がなんだか怖い……
20170307074209e85cdsrtg.jpg
2017 KhodaaBloom RAIL 700SL-LTD
2017年モデルまでは、ハンドルバーやシートピラー、そしてフォーク部にカーボンを採用。
2018年モデルはホイールまでカーボン化したのに……
なんと、今回はカーボンクランクを新たに採用!!!
19r700slltd_02 (1)fve
ギアクランク FSA SL-K MODULAR SUPERCOMPACT 48-32T 400/440:170mm,480:175mm
BBセット FSA BB386EVO


走行性能を追求し、軽量かつ高剛性のカーボンクランクを新たに搭載。
ペダルへの踏力をダイレクトに走力に変換。

( ;゚ω゚)……クランク部のカーボン化!? しかも、BBには新たにBB386EVOを持ってきたことに注目してしまう……
それで、更に300gの軽量化に成功した訳か……
超軽快に推進力を解放する高速系クロスバイクなんですが。
更にクランク方面での高剛性化というのが気になります。
もしかすると、剛性や走行性能の面でも著しいパワーアップ化を遂げている可能性があります。


クロスバイクにおいて驚異の国内最軽量を達成したRAIL 700SL-LTDは、100kmでも200kmでも走っていけるワンランク上のポテンシャルを有している。
ハンドルやシートポストにカーボンパーツを採用したので、後はカーボンバック化か、フルカーボンフレームを採用するしかやることが残っていないと思っていたのですが。
そういえば、まだクランク部が残っていた訳ですね。



フレーム AL6011 EAST-L
フォーク フルカーボンフォーク 1-1/8
BBセット FSA BB386EVO
ギアクランク FSA SL-K MODULAR SUPERCOMPACT 48-32T 400/440:170mm,480:175mm
チェーン KMC X10
Fディレーラー SHIMANO FD-4700
Rディレーラー SHIMANO RD-4700
シフター SHIMANO SL-4700
ブレーキセット SHIMANO BR-T610
ブレーキレバー SHIMANO BL-T610
ギア SHIMANO CS-HG500 11-31T 10S
ヘッドセット セミインテグレーテッド 1-1/8
ハンドルバー カーボン 31.8 560mm
ハンドルステム 400:80mm,440:90mm,480:100mm
サドル Prologo nago EVO nack
シートピラー カーボン 27.2 350mm
シートクランプ 31.8
ペダル フラットペダル
F. ハブ NOVATEC 28H 100mm
R. ハブ NOVATEC 28H 130mm
リム 700C F:28H R:28H
スポーク 14G ステンレス エアロスポーク
タイヤ Continental Grand Prix 4000S2 700x25C
チューブ CST SUPER LITE 700×25C FV=48mm
付属品 ベル、リフレクター、バッテリーライト



NOVATEC製ハブやタイヤにcontinental『GRANDPRIX-4000SⅡ』を用意してあるなど、各パーツも細部まで重視してある。

ちなみに国内最軽量RAIL 700SL-LTDは81台限定販売という形になるそうだ。
( ;゚ω゚)……つか、BB386EVOをクロスバイクに採用してきたことが、凄く気になるな……
案外軽量化よりも、推進力の面での向上が著しいかもしれませんね。
しかも、RAIL 700SL-LTDの恐ろしい所はアルミフレームでこれだけの軽量化を達成している点です。
もうほとんどのパーツをカーボン化してしまって、いよいよフレーム部しかカーボン化するところが残っていないじゃないか……。
とりあえず、次期2020年モデルはカーボンバック化を予想します。
KhodaaBloom コーダーブルーム 2019年モデル RAIL 700SL LTD レイル700SL-LTD クロスバイク

スポンサードリンク

2018年10月14日 トラックバック(-) コメント(-)