2019 KhodaaBloom RAIL 700SL  国内販売中の10万円以下(前変速機付き)クロスバイク中、最軽量を2019年モデルもマーク!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KhodaaBloom(コーダーブルーム) > 2019 KhodaaBloom RAIL 700SL  国内販売中の10万円以下(前変速機付き)クロスバイク中、最軽量を2019年モデルもマーク!!

2019 KhodaaBloom RAIL 700SL  国内販売中の10万円以下(前変速機付き)クロスバイク中、最軽量を2019年モデルもマーク!!



19kb-rail700sl_2.jpg
2019 KhodaaBloom RAIL 700SL


税込 82,620 円で、重量 8.7kg!!!
国内販売中の10万円以下(前変速機付き)クロスバイク中、最軽量を2019年モデルもマーク!!

(´・ω・`)昨日紹介したフラグシップ「RAIL 700SL-LTD」は税込 131,220 円で国内最軽量8.1kgをマークしたではないですか?
カーボンパーツをフル装備した、怪物クロスバイクですが。

でもこのミドルグレードモデルRAIL 700SLは、税込 82,620 円で8.7kgを叩き出している点が凄まじいです!!!
はっきり言って8万円台で8.7kgって、ロードモデルですら圧倒する数字ですよ……
フラグシップ「RAIL 700SL-LTD」程に、カーボンパーツを多用している訳ではないのですが。
(超軽量折り畳みモデル ルノーウルトラライト7にすら肉薄する重量……おっかねえ……)

コスパ的にRAIL 700SL-LTDはなかなか侮れないと思うのですが。
19r700sl_011.jpg
軽量性と快適性を両立させるカーボンシートポスト
RAIL 700SLはカーボンフォークと、カーボンシートポストにカーボンパーツを配置。
クロスバイクに、カーボンシートポストを用意してくる路線は珍しい。
(´・ω・`)ただ、RAIL 700SLに採用されているカーボンパーツは、衝撃吸収性向上というよりも軽量化の為に採用されている感じがする。
試乗時間はそれ程長くなかったので、長時間乗ればまた印象が変わるのかもしれないけど。

2019 KhodaaBloom RAIL 700SL スペック
フレーム AL6011 EAST-L
フォーク カーボン/アルミコラム
BBセット SHIMANO SM-BB4600
ギアクランク SHIMANO FC-R3000 50×34T 400/440:170mm,480:175mm
チェーン KMC X9
Fディレーラー SHIMANO FD-R3000
Rディレーラー SHIMANO RD-R3000
シフター SHIMANO SL-3000
ブレーキセット SHIMANO BR-T4000
ブレーキレバー TEKTRO ML520
ギア SHIMANO CS-HG400-9 11-34T 9S
ヘッドセット セミインテグレーテッド 1-1/8
ハンドルバー 31.4 580mm
ハンドルステム 400:80mm,440:100mm,480:100mm
サドル オリジナルサドル
シートピラー カーボン 27.2 350mm
シートクランプ 31.8
ペダル フラットペダル
F. ハブ NOVATEC 28H 100mm
R. ハブ NOVATEC 28H 130mm
リム 700C F:28H R:28H
スポーク 14G ステンレス
タイヤ MAXXIS Detonator 700x28C
チューブ CST 700×25-28C FV=48mm
付属品 ベル、リフレクター、バッテリーライト、キックスタンド



201412111443081fafreh5.jpg
2016 KhodaaBloom Rail700SL(コーダーブルーム レイル700SL)

KhodaaBloom Rail700SLって走りがリアルに軽いんですよね。8kgの軽量さがモロに走りに出ている。
剛性はアルミフレームらしい。
28Cサイズのタイヤを装着しているので、多少の悪路走破性や街乗りに使えるクロスバイクでもある。

(ロードの様な巡行性能重視ではなく、きびきびとした加速感が楽しい)
クランクを軽快に回せます。しかも、そのたびに連続して加速していくのが快感でした。
しかし、アルミ系ロードバイクの様に大パワーで、突進するタイプではないですね。
なんだかんだで、アップライドな姿勢で乗れるあたりがやはりクロスバイクらしい。


20170307074209e85fw.jpg
2017 KhodaaBloom RAIL 700SL-LTD
比較の為に、フラグシップの KhodaaBloom RAIL 700SL-LTDの試乗感想を書くと……・
更に軽量のRAIL 700SL-LTDとなってくると、加速が不気味な程軽いのです。
8kg前半という軽量さが、加速性能と連動しています。
カーボンパーツを多用しているせいか、走りに高級感もありますね。
そうそう、衝撃吸収性というよりは「高級感」

アルミフレームなのに、推進力を超軽快に発動可能。
タイヤが細い効果もあり。速度の伸びが美麗で美しすぎる……
しかも姿勢はアップライドだし、変速操作も通常のクロスバイクそのもの。 

ダッシュ時にスピード性能が超超軽快極まる! それがまあ、異様な軽さというか……
クロスバイクの長所を、極限まで高めたモデルがRAIL 700SL-LTDと言えるでしょう。
(´・ω・`)ま、高級クロスバイクですからね。

ただし、悪路走破性は間違いなくミドルグレードモデルRAIL 700SLの方が↑。意外に28Cタイヤサイズは無視できません。
細めのタイヤサイズを購入しても、なんだかんだで日常的に使うとなると28Cサイズって便利なんですよね。

いずれにしても、RAIL 700SLもRAIL 700SL-LTDも脚に負荷がかからない感覚を覚えるのは間違いありません。
両モデル共に街乗りの際や、遠乗りの際かなりデカイアドバンテージになると思いますよ。

(´・ω・`)あと、ロード系パーツをクロスバイクで扱える楽しみのありますね。
19kb-rail700sl.jpg
KhodaaBloom コーダーブルーム 2019年モデル RAIL 700SL レイル700SL クロスバイク

スポンサードリンク

2018年10月15日 トラックバック(-) コメント(-)