2019 CROSSFIRE GRAVEL4000 (クロスファイヤーグラベル4000) まさかの、ウルトラマン系カラーなグラベルロード…… スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > CENTURION センチュリオン > 2019 CROSSFIRE GRAVEL4000 (クロスファイヤーグラベル4000) まさかの、ウルトラマン系カラーなグラベルロード……

2019 CROSSFIRE GRAVEL4000 (クロスファイヤーグラベル4000) まさかの、ウルトラマン系カラーなグラベルロード……


ci-920263_2.jpg
センチュリオン2019モデルは、グラベルロードに集中か……。
(´・ω・`)なるほど……センチュリオンはグラベルロードこそが今後の主力になると判断した訳ですね。
2019年モデルはこの3機種を展開するようです。
CROSSFIRE GRAVEL4000 (クロスファイヤーグラベル4000) SHIMANO アルテグラ仕様
CROSSFIRE GRAVEL3000 (クロスファイヤーグラベル3000) SHIMANO 105仕様
CROSSFIRE GRAVEL2000 (クロスファイヤーグラベル2000)ティアグラ仕様

見ての通りCROSSFIRE GRAVELシリーズにおいて、CROSSFIRE GRAVEL4000 が最上位機種になります。
センチュリオンは、グラベルロードのデザインにかなり熱が入っていたわけですが……2019年モデルにまさかのウルトラマンカラーとは!

TRPメカニカルディスク仕様ではなく、油圧ディスクを採用した本格グラベルロード仕様です。
快適な着座姿勢、衝撃吸収タイヤ、長距離走り抜く為の仕様が特徴。
運転特性と装備は、長距離(ロングライド)と快適性を最重要視しています。
とはいえ元々はロード系モデルから派生したグラベルロードなので、バイクの傾斜した形状や流線型の外観はロード譲り。
ドイツモデルらしい機能美を体現したグラベルモデルと言えるでしょう。
ci-920263_3.jpg
CROSSFIRE GRAVEL4000 はアルテグラスペック&油圧ディスクブレーキ仕様。
仕様がワンランク上なので、価格は318,060円。
質実剛健なドイツセンチュリオンにしては、かなりデザイン面で勝負に出ていると言っていい。
ci-920263_4.jpg
ci-920263_12.jpg
ci-920263_8.jpg
ゼロスタック テーパーヘッド
極太テーパーヘッドとストイックなアルミフォークのコラボ。
意地でもカーボンフォークを持ってこないところが素敵。
悪路を走破する際の、ハンドリングの安定感を重視。
ci-920263_9.jpg
ci-920263_10.jpg
フォーク スポーツ アルミフォ-ク、テ-パ-コラム、フラット マウント ディスクバレーキ台座、12mm スルーア クスル、フェンダ-ダポ、SHIMANO SM-AX720 12×100mm P1.5mm
クロスファイヤーグラベル4000は競技性よりも、非舗装路での走行を重視したタイヤサイズ

シクロクロス競技での使用を意識し、旋回性と安定性のバランスを意識したジオメトリーのフレームとフォークに33Cタイヤを採用していましたが。
クロスファイヤーグラベル4000には、更に太目の38Cタイヤを使用。
グラベルロードモデルとしては、かなり悪路走破性を重視した仕様になっています。
ci-920263_14.jpg
ブレーキ SHIMANO アルテグラ、BR-R8070、SM-RT800 160mmローター
フラットマウント ディスクブレーキ台座
ブレーキ系は、エントリーモデルのメカニカル(ワイヤー引き)ディスクブレーキではなく、油圧ディスク仕様。
(´・ω・`)このクラスの、油圧ディスクだと通常ロードに採用されているだけでも異様にブレーキ力に信頼が置ける。
ci-920263_7.jpg

エントリーグレードだろうがハイエンドだろうが、センチュリオングラベルロードモデルは。アルミフレームもかなり凝った処理を行っています。
ci-920263_15.jpg
クランクはフロント50/34Tのコンパクトタイプでリアは11-32Tのワイドなギア構成。
悪路走破性を重視つつ、長距離に対応する為にハイエンドなロード系ドライブトレインを採用。
CROSSFIRE GRAVEL4000クラスのハイエンドモデルになると、 ドライブトレインを含めてSHIMANO アルテグラR8000系をフル採用ですね。
軽いギア比を設定してあるので、登板性能も考慮されています。
ci-920263_13.jpg
プレスフィットタイプ BBシェル(シェル幅 86.5mm)
クロスファイヤー アルミフレームは、カーボンに近い形状になるように加工が行われている。
見ての通り、BB付近のダウンチューブは扁平加工されていますね。
メリダの親玉センチュリオンだけあって、アルミ加工技術には長けています。
推進力というよりは、スピードに乗り易いアルミフレーム。
ci-920263_16.jpg
ci-920263_6.jpg
タイヤ  MAXXIS ランブラースキンサイド、チュ-ブレスレディEXO、700×38C、仏式パルブ
(´・ω・`)流石にこの角度から見ると、エアボリュームが分かり易い
グラベルライド用に、700X38Cとボリューム重視のタイヤサイズを採用。
やはり悪路走破性を重視したタイヤサイズですね。悪路を伴う長距離走破性を最重要視。
低速でも安定しやすいグラベルのエントリーモデルなので、いかんなく走破性を発揮します。
オンロードでも、38Cサイズなら対応し易いですね。

にしてもこのシルバーなレッドカラーは、日本市場で受けそうですね。
ちょっと欲しいもの。こういうカラーリングのグラベルロード。
ci-920263_5.jpg
エンド幅142mm
SHIMANO SM-AX720 12×142mm P1.5mm
リプレイサブル リアメカハンガー
CENTURION センチュリオン 2019年モデル CROSSFIRE GRAVEL4000 クロスファイヤーグラベル4000 [完成車]《P》

スポンサードリンク

2018年10月19日 トラックバック(-) コメント(-)