2019 FUJI JARI1.3 ガンダムMk-IIティターンズカラーに、FUJI JARI1.3のカラー配色が似ている スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2019 FUJI JARI1.3 ガンダムMk-IIティターンズカラーに、FUJI JARI1.3のカラー配色が似ている

2019 FUJI JARI1.3 ガンダムMk-IIティターンズカラーに、FUJI JARI1.3のカラー配色が似ている

jari13_ju6.jpg
2019 FUJI JARI1.3
2019 FUJI JARI1.3は、2019年モデルから加わった新型ですが。
スペック的には、2018年モデルのFUJI JARI 1.5 SRAM APEX 仕様に相当するのかな。
フロントシングルに、SRAM APEX 1×11仕様。ディスクブレーキはメカニカル仕様になっている。
201309261053105e7gehtr.jpg
img618005htr49ger.jpg
(´・ω・`)ちなみに、このマットネイビーカラーはフジが得意とするカラーリングでもある。
アメリカ海軍所属アクロバット飛行隊ブルーエンジェルス(Blue Angels)を意識しているのでしょうか?。
FUJIはたまに、ブルーエンジェルスの様なカラー配置をしたモデルを出してきます。
ミニベロロードFuji COMET Rなどに採用されていた事もある。
71onn6y4.jpg
FUJI JARI1.3で、ティターンズゴッコが出来なくもない。
ガンダムMk-IIティターンズカラーに、FUJI JARI1.3のカラー配色が似ている。
似ていません?? 絶対裏設定はガンダムMk-IIティターンズカラーだと思う。
jari13_1vsd.jpg
フジのアドベンチャーロードJARIシリーズは、グラベルロードやシクロクロスに比べギア比が若干軽く設定されて悪路の走破を容易にしている。
アルミフレームとはいえ、異常な走りにおいての滑らかさがあるんですよね。
全然速度が落ちないですし。
だから、悪路を走破していても全然速度が乗ってくるのですよ。
ロングライド&長距離用なのは分かりますが。一見温和なグラベルロードにも見えますが、とんでもない!
荒れ道を高速で疾走する為のバイクという印象を受けます。

WTB SX19 ホイールにClement X’ Plor USH の35c タイヤをセット。メカニカルディスクブレーキ仕様でTRP Spyre を搭載。対抗ピストン仕様で軽量かつ十分な制動力を持つメカニカルブレーキ好きには定番のブレーキ。
jari13_11vsdfse.jpg
ハンドル Oval Concepts 325, 6061 alloy
シフター SRAM Apex 1X
(´・ω・`)……個人的には、フジ ジャリシリーズのコンポーネントはワンバイイレブン(1×11)仕様がお勧め。
だって、走りが滑らかで悪路をどんどん走破してくれる上にさ。
指先一つで、ギア比をどんどん変換できるんですよ?
あっさり指先一つで、希望のギア比が手に入るので楽です。
jari13_10vds.jpg
JARI 1.1(シマノ新型105 油圧ディスクブレーキ仕様)、JARI 1.5(SRAM APEXワンバイ仕様)、JARI 1.7(シマノTiagra仕様)はアルミフレームに、カーボンフォーク仕様になっている。
フレーム、フォークはどのモデルも同等。
フレーム素材は剛性の高いA6-SL。

シフトケーブルはヘッドチューブで交差する。
フレームに対するケーブルの擦りや万が一の時のケーブルの突っ張りを防ぐ役割を果たすと同時に、ケーブルが大きくカーブするのでハウジング内のフリクション低減や、ハウジングのテンションを利用した直進安定性の向上という効果もある。
jari13_9vsd.jpg
フォーク FC-440 CARBON MONOCOQUE
ホイール WTB ST i23, 32/32h, 12mm thru-axle cartridge bearing hubs
ブレーキ Tektro MD-C550 mechanical disc, 160mm rotors メカニカルディスク
メカニカルディスクブレーキ仕様でTRP Spyre を搭載。対抗ピストン仕様で軽量かつ十分な制動力。
しかもスルーアクスル仕様な上に、ケーブルはインターナル仕様。
(エアロ効果というわけではなく、転倒時ケーブルを保護する為のインターナル仕様だ)

あくまで個人的な話ですが、未開の秘境や山などに普通にこのジャリを持って行きたい。
フロントフォーク×2、シートチューブ、ダウンチューブ、トップチューブなど計5か所にボトルケージ。
ツーリングモデルとして使う場合、かなりの悪路走破性を発揮するはず。
(悪路専用ツーリングモデルと言ってもいい)
jari13_8hrt.jpg
フレーム A6 SL CUSTOM BUTTED ALLOY
jari13_6hr.jpg
クランク FSA Omega Adventure BB386 EVO, 40T

jari13_4dhd.jpg
jari13_5vds.jpg
コンポ F/なし, R/SRAM Apex 1X, long cage
カセット SRAM PG1130, 11-42T, 11-speed


グラベルロードやシクロクロスに比べギア比が若干軽く設定されて悪路の走破を容易にしている。
(´・ω・`)悪路を軽快に走破する能力が低速でも発揮されるはず。
このジャリでもこなせない悪路となると、相当ヤバい路面という事になる。
砂漠とか、雪道とか……
その場合はマジでファッティバイクの出番になるだろう。
jari13_3hrt.jpg
jari13_2vsd.jpg
タイヤ Panaracer Gravelking SK, 700 x 38c
2018年モデルはClement製タイヤだったのが、2019年モデルからはパナレーサーグラベルキングに変更。

重量 10.08 kg
【2019導入キャンペーン/ポイント5倍(9/26 15時-10/2 10時)】【店頭お渡しのみご提供可能】2019モデルFUJI(フジ)JARI1.3(ジャリ1.3)グラベルロード・シクロクロスバイク【送料プランC】 【完全組立】

スポンサードリンク

2018年11月05日 トラックバック(-) コメント(-)