【予備バッテリーがあれば、最大160km!?】英国電動折り畳み自転車HARRY QUINN PORTABLE 専用バッテリーの予約がスタートしました!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 電動アシスト自転車 > 【予備バッテリーがあれば、最大160km!?】英国電動折り畳み自転車HARRY QUINN PORTABLE 専用バッテリーの予約がスタートしました!!

【予備バッテリーがあれば、最大160km!?】英国電動折り畳み自転車HARRY QUINN PORTABLE 専用バッテリーの予約がスタートしました!!



61PmOrAx.jpg
HARRY QUINN PORTABLE専用7.0Ahバッテリー 単品 ロングライド約80km走行
( 'д'⊂彡☆))Д´) パーン
意味が分かる人だけ、笑ってくれればいいです……

遂に魅惑の英国電動折り畳み自転車HARRY QUINN PORTABLE バッテリーの予約がスタートしました!!
(´・ω・`)ドルフィン型フレームに合わせた、バッテリーを内臓!!
しかもリアルにフレーム内臓型バッテリーを搭載ですよ。
個人的に興味深い点は、折り畳んだ状態でバッテリーを出し入れ出来る点ですね。
部屋に収納しながら、バッテリー交換出来る様に考え抜かれている訳か。

バッテリー形式:充電式リチウムイオンバッテリー スペック

バッテリー定格出力電圧:36V
バッテリー容量:7.0Ah
バッテリー寿命:約300回
電源:AC100~240V 50/60Hz
消費電力:252Wh
充電器定格出力電圧:DC42V 2.0A
充電時間:約3.5時間
ロングライドドライブLOWモード:約80km ※走行距離は新品バッテリー、気温25℃、車載重量60kg、乾燥路面、無風状態で走行した場合のメーカーのデータです。

gyj564.jpg
曲線を描いた、アーチ状バッテリーって初めて見ますよ……
これがフレーム内にホールドされるんですから……独特のギミックですね。
jhe63.jpg
収納( ^ω^)収納( ^ω^)
見ての通り、ワンタッチで収納!!
LOWモードで最大80kmも走破出来るということは……スペアがあれば最大160km!!!???
ち、ちょっと待て!!
スペアも携帯性が高そうだし、これちょっとしたものでは?
kgugg65.jpg
アシストドライブモードは、手元のコントロールスイッチで選択可能の様だ。
てっきり、単一ドライブモードだと思っていたのですが。
アシストモードも3段階で選択可能みたいですね。
しかも、パネルでバッテリー残量も分かるのか……思ったより親切設計?



71ATBLfv.jpg
HARRY QUINN PORTABLE 電動アシスト自転車 スコッチブライトシルバー 16インチ
驚いた事に、電動アシストユニットを搭載しているのに、全然普通の電動アシスト自転車に見えてしまう。
HARRY QUINN PORTABLEはバッテリーを内臓しているだけではなく、モーターも前輪ハブに配置してあるのが理由だろう。
フロントに配置されたモーターは、まるでハブダイナモと勘違いしてしまいそうだ。
81bLSYeBVg.jpg
HARRY QUINN 英国STURMEY ARCHER製内装3段変速機搭載
これは電動アシスト非搭載の英国STURMEY ARCHER製内装3段変速機搭載仕様。
ケーブル配置やサドルの形状以外は、電動アシストモデルも、非搭載モデルもほとんど見た目が変わらない。
何気に、電動アシスト自転車としての見た目のデザイン性を維持している事に注目だ。
71Ve-mGa.jpg
HARRY QUINN PORTABLE 電動アシスト自転車 レッド 16インチ
今回ブリティッシュグリーンは採用せず、レッド、スコッチブライト、ブラックの3色展開。
( ;゚ω゚)……英国感を重視したカラーリング展開……
なんでブリティッシュグリーンカラーを見送ったんだろうね?
ただ、このレッドカラーは色々な意味で挑戦的なカラーリングに思える。
714SUohih.jpg
HARRY QUINN PORTABLE 電動アシスト自転車 ブラック 16インチ
(´・ω・`)このブラックカラーは、なんとフレームやパーツに至るまで、ブラックカラー。
オールブラックカラーの電動アシストモデルというのも、面白いですね。
英国……というよりも、ブラック系カラーが流行しているせいかな?
前輪駆動方式だから、坂道などに期待出来そう。
サドルは長時間における走行を想定してか、多少クッション性も強化していそうですね。
(サドルも、後日ブラック系にしてしまいたい)
Harry Quinn(ハリークイン) PORTABLE E-BIKE

スポンサードリンク

2018年11月07日 トラックバック(-) コメント(-)