Harry Quinn PORTABLE E-BIKE試乗体験インプレ 電動アシストミニベロモデル中、スポーツ性を強化してあるモデルだと思う スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 電動アシスト自転車 > Harry Quinn PORTABLE E-BIKE試乗体験インプレ 電動アシストミニベロモデル中、スポーツ性を強化してあるモデルだと思う

Harry Quinn PORTABLE E-BIKE試乗体験インプレ 電動アシストミニベロモデル中、スポーツ性を強化してあるモデルだと思う


DSCN6533jutt.jpg
Harry Quinn PORTABLE E-BIKE
例の英国折り畳み電動アシストモデル「Harry Quinn PORTABLE E-BIKE」を試乗してきました。
確か試乗は3人待ち。
試乗待ち中も、展示品を見に来る方多数。
なんでも、ヤフーニュースに取り上げられたことから一気に注目を浴びたそうだ。
予約もかなり入っている(12月まで予約がいっぱいだとか)

会場では、Harry Quinn PORTABLEを実際に折り畳み機構の説明が、行われていた↓
DSCN6538jtu.jpg
DSCN6531jt.jpg
DSCN6530jut.jpg
リア部分を回転させて、駐輪するギミック。
リアキャスターには、車輪が用意されているので折り畳んだ後も移動可能だ。
本当にこれに電動アシストが内臓されているの? と思ってしまった。
DSCN6528hyrhr.jpg
(個人的には車積載専用か)
(´・ω・`)うーん、力や体力があるなら電車車内に持って行くことも出来るでしょうが。
やはり、車などに積載する事をお勧めしたい。
重量は12.9kgだが、それにバッテリー重量が加わるとなると電車に持ち込むのは少し大変かも。
やはり折り畳んだ後の移動が楽な、7kg台のルノーウルトラライトとは方向性が違うと思った。
DSCN6560vsd.jpg
リアキャリアーのキャスターのおかげで折り畳んだ後、、実に折り畳んだ後も運びやすい仕様になっていた。
フロントホィールが浮く事により、リアキャスターのみで運搬出来るのだ。
DSCN6497ht.jpg
輪行袋に収納するとこんな感じ。(これは、非電動アシストモデル)
袋に収納した状態でも、リアキャスターで移動可能に。
DSCN6562htr.jpg
Harry Quinn PORTABLE E-BIKE試乗体験インプレ
素直に感想を書くと、
電動アシストミニベロモデル中、スポーツ性を強化してあるモデルだと思う。
特に加速とスピードの乗りの良さは、注目していいだろう。


(極太アルミフレームとモーターアシストの相乗効果だと思う)
16インチホイールながら、走行安定性が高い。
アシストをきちんと受け止める、非常にバランスの良いアルミフレームだ。
特にスピードを出した時の、走行安定性が極めて高いのだ。

(´・ω・`)なんというか加速中、スピード系アルミミニベロにでも乗っている感覚に襲われる。
機動性の高さは、十二分に完成度が高いと言っていい。
アシストモードをフルに活用すれば、クロスバイクに近い走りをするのでは?
見た目だけレトロだが、実はスポーティなアルミミニベロとして完成されている。
乗ればわかる、この機動性の高さよ。
DSCN6545.jpg
見ての通り、バッテリーはフレーム内に内臓。つまりバッテリー部は外部から見えない仕様になっている。
知らない方が見たら、まさか電動アシスト自転車だと思わないだろう。


最高80km走破可能だそうだが、テストコースではそれ以上の距離を走行したそうな。
つまり、バッテリーさえ持てばかなりの距離を走破可能。
フレームは、割と長距離に耐えられるはず。
実感として、確かにそれなりの距離を走破出来る完成度だ。
(´・ω・`)ぶっちゃけ、クロモリではなくアルミフレームだとスポーツ性が高くなるのね。
これは、意外な発見だった。
DSCN6568j557.jpg
一見、レトロ風だがスポーツ性を優先させるために樹脂製のグリップを採用。
やたら、スポーツ性が高い電動アシストモデルだが、逆に言うと低速でもしっかり走ってくれる。
DSCN6567gerge.jpg
アシストモードは3段階。
ギア無しだが、アシストの強弱で走行をコントロールするのが楽しい。
一番強いハイモードは、自分には少し強かった。
一番低いLOWモードで、ゆったり流すのもいいなあ……
あと、バッテリー残量が分かり易くて安心感がある。
DSCN6578hrt.jpg
M字型ハンドルでスポーティーと言われてもピンとこないだろうが。
乗れば分かる、このスピード感。安定感。
個人的に、走りに関して重視してくる姿勢が嬉しかった。
見た目重視よりも、中身のあるモデルのほうが昔から好きなので。
名前だけ先行して、実際乗ると失望する事ってありません?
DSCN6576kutut.jpg
DSCN6574hryhr.jpg
DSCN6564htr.jpg
DSCN657htr3.jpg
モーターはフロントに配置。
坂は、割とスピードを伴ってキビキビ登ってくれた。
荒れ道というよりは、舗装路に強いアシストモデルだと思う。
DSCN6577hr.jpg
DSCN6563kyt.jpg
(´・ω・`)この太目のアルミフレームが、あのスポーティーな剛性の秘密か?
この部分だけ見ると、まるで最新鋭アルミロードモデルのフレームかと錯覚してしまう。
しかも、このフレーム内部にバッテリーが内臓されているんですよね……凄いギミック!!
DSCN6561jut.jpg
DSCN6559jtyr.jpg
DSCN6569htrr.jpg
DSCN6523jyrr.jpg
DSCN629gd9

英国感を楽しみたいならレッド。目立たない&日常で使うならブラック。
シルバーは、なんとなくスポーティーな雰囲気でした。
Harry Quinn(ハリークイン) PORTABLE E-BIKE

スポンサードリンク

2018年11月13日 トラックバック(-) コメント(-)