RENAULT PLATINUM MACH8(AL209)   (´・ω・`)ルノーウルトラシリーズから、遂に20インチホイールモデル8.9kgが登場。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > RENAULT ULTRA LIGHT > RENAULT PLATINUM MACH8(AL209)   (´・ω・`)ルノーウルトラシリーズから、遂に20インチホイールモデル8.9kgが登場。

RENAULT PLATINUM MACH8(AL209)   (´・ω・`)ルノーウルトラシリーズから、遂に20インチホイールモデル8.9kgが登場。


DSCN6435gvsgsr.jpg
RENAULT PLATINUM MACH8(AL209)
(´・ω・`)ルノーウルトラシリーズから、遂に20インチホイールモデルが登場。
軽量アルミスポーツモデルとして、勝負にでましたね。
どちらかというと、「軽量性」を重視してくるブランドでしたが。
これまでの14インチ&7kg台超軽量折り畳みモデルから、次第にスポーツ性を重視した軽量モデル方向に、舵を切るのかもしれません。

軽量化を図るためアルミバテッドフレームを採用。更に軽さにこだわった軽量パーツを多数装備したことにより、20インチ9段変速ホイールモデルながら8.9kg!!
ルノー20インチホイールモデル中、最軽量の機種になります。

RENAULT PLATINUM MACH8(AL209)は展示スペースの中でも、一番いい箇所に展示されていました。
(確か、試作機? だったために試乗車は無し)
とはいえ、シルバーのデザインが何気に高級感を醸し出していましたね。
なんとなく軽量ミニベロというよりは、軽量フラットバーミニベロロードって感じです。
つまり、ロード感がどことなくある印象を受けました。
つっても、Vブレーキ仕様ですけどね(笑)
DSCN6437vfsv.jpg
雨の日でもしっかり静止する強い制動力のVブレーキ採用
長いアームによる「てこ」の比率の大きさと、直線的で損失の少ない力の伝わり方によって、ワイヤー式ブレーキの中では最も強力な制動力を持っており、雨の日でもしっかりと自転車を静止することが出来るブレーキです。

(´・ω・`)見た目シンプルだけど、かなりシルバー感が強烈なデザインです。
スポーツモデルらしく、走行性能を重視しているかのようなスポーツシルバ―デザイン。
街乗りというよりは、
DSCN6438gsrgfw.jpg
強度を保ちながら軽量化したバテッドフレーム。
パイプ中心の肉厚を薄くし、両端の(または加圧側だけの)肉厚を厚くしフレームkィ羊土を保ちながら軽量化出来る特殊なフレームです。別名「段付きフレーム」とも言い、軽量化に一役買っています。

52Tクランク装備なので走行力抜群
フロントは52Tの大きなクランク装備で走行性にもこだわった仕様。
機能性はもちろんのこと、軽量化を施しデザイン面も考えたスポーティーかつ優秀な仕上がりになっております。
DSCN6436vd.jpg
リアにはシマノアルタス9段変速を装備。
安心安全のシマノ製変速機の9段変速(アルタス)を搭載し、街乗りからロングライドまで幅広く対応可能です。
手元で操作できるラピッドファイヤーシフトレバーは簡単に変速可能で瞬時にギアが切り替わる。
つまりMTB系スペックで9段変速化を図っている機種になります。
将来的に、ロード系スペック化したら楽しそうですね。

細身で大きな20×1-1/8(451)タイヤを装備し走行性能もアップ。
タイヤは細身で大きな20×1‐1/8(451)を装備し高圧化することが出来るフレンチバルブも採用したことで路面抵抗を減らし走行性能もアップし、しっかりと走りたい方にお勧めなモデルです。
折りたたみ自転車 ルノー RENAULT 2019年モデル PLATINUM MACH8(プラチナ マッハ8)

スポンサードリンク

2018年11月26日 トラックバック(-) コメント(-)