Bianch人気モデルランキングをレビュー! ビアンキロングセラーモデル強し!! 一位はBIANCHI INTENSO105!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > Bianch人気モデルランキングをレビュー! ビアンキロングセラーモデル強し!! 一位はBIANCHI INTENSO105!!

Bianch人気モデルランキングをレビュー! ビアンキロングセラーモデル強し!! 一位はBIANCHI INTENSO105!!

cc-bianchi-intenso-105_3grd.jpg
一位 2019 BIANCHI INTENSO105 (インテンソ105)(ビアンキ インテンソ105)

フルカーボンエンデュランスジオメトリーモデル「BIANCHI INTENSO」105スペックが人気一位!?
( ;゚ω゚)……ほお……ロングセラーモデルのカーボンINTENSOが一位か。
フルカーボンに、105スペックなのにお手頃価格ですしね。

ビアンキカーボンモデルにおいて、INTENSOはかなり楽なポジショニングで乗れるミドルグレードカーボンモデルです。
スポーツ性もそれなりにありますが、どちらかというと長距離ロングライド用かな?
レースという訳ではなく、ホビーユース仕様。
インテンソは、ケブラー素材で確保する手法を取ることで、衝撃吸収性と路面追従性を強化。
あくまで、個人的な感想だけど。石畳などでも、速度が落ちにくい印象がありました。

やはり105仕様ながら、価格を抑えた事が人気に繋がった様です。
cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_9cd.jpg
二位 2019 Bianch VIA NIRONE7 PRO CLARIS (ビアンキ ヴィアニローネ7プロクラリス)
2019年モデルからNIRONEアルミフレームは、新型ケーブル内臓フレーム仕様に!
2018年に新型R2000系CLARISのSTIレバーを搭載している点も大きいかも。
(´・ω・`)なんか、価格は毎年抑えてあるんだけど。
操作性や、フレームなどは年々進化しているんですよね。
エントリーモデルながら、カーボンフレームっぽいし(特に、極太ダウンチューブ)
cc-bianchi-via-nirone7-al-cl_11.jpg
新型インターナル仕様のニローネアルミフレームに、新型コンポまで搭載。
その上、価格も11万円台に抑えてあるし。



cc-bianchi-via-nirone7-al-sora_4.jpg
三位 2019 Bianchi VIA NIRONE7 PRO SORA (ヴィアニローネ7プロソラ)
(´・ω・`)SORAスペックのVIA NIRONE7 PROが、続いて3位。
こちらは12万円台。
やはりなんだかんだで、CLARIS仕様の方がSORAスペックよりも人気高いんですね
個人的にWHITE/CELEという、ホワイト系が用意されている点に惹かれる……
ホワイト系NIRONE7って、今まではフレーム、サドル、バーテープまでホワイト一色だったけど。
2019年モデルは、サドルがブラックにバーテープがチェレステと、色の変化も楽しめる趣向になっている。
cc-bianchi-via-nirone7-al-sora_10.jpg


ci-512203_19ft.jpg
四位2018 Bianchi INTENSO Tiagra (インテンソティアグラ)
一位の105スペックに続き……
フルカーボンエンデュランスジオメトリーモデル「BIANCHI INTENSO」ティアグラスペック2018年モデルが売り上げ四位!
あ、そうか。2018年モデルのインテンソは、ティアグラスペックが用意されていたんだっけ。
2019年モデルは105スペックからですものね。
また、2018年モデルはカラーリングも強烈でして。
2018年モデルティアグラグレードでは人気だったレーシーなレッドカラー「赤インテンソ」があったんですよね……


ci-240363_4ccdss.jpg
五位 2018 Bianchi SEMPRE PRO SORA
( ;゚ω゚)……五位にはなんと、11万円台フルカーボンSORAスペックのSEMPRE PRO SORAがランクインしていました(現在では完売)
例の11万円台の格安ビアンキフルカーボンか……色々な意味で伝説の価格でしたね。
もし仮に2019年モデルにも登場していたら、更に上位にランクインしていたはず。
ci-240361_3jtd (2)
9位 Bianch ARIA 105 (ビアンキ アリア105)
(´・ω・`)ちなみに、新型シマノ105(R7000)仕様のBianch ARIAの順位は9位。
2019年モデルからセダンのようなブラック×メタリックシルバーが登場
ci-240361_3jtd (1)
(まとめ)
やはりフルカーボンINTENSOとアルミVIA NIRONE7 PROの人気が高いですね……
日常的かつホビーユース的なモデルが人気。
あとは、格安2018年モデルがランクインしているのが特徴。

(´・ω・`)なんだかんだで、ビアンキロングセラーモデルって強いんだな。

伊達に長年生き残ってきただけの事はあるか。
《在庫あり》Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル INTENSO105 インテンソ105 [完成車]《P》

スポンサードリンク

2019年01月02日 トラックバック(-) コメント(-)