新型アドベンチャーバイク! 2019 FELT BROAM60 (フェルト ブローム60)  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FELT > 新型アドベンチャーバイク! 2019 FELT BROAM60 (フェルト ブローム60)

新型アドベンチャーバイク! 2019 FELT BROAM60 (フェルト ブローム60)

ci-760221_1.jpg
2019 FELT BROAM60 (フェルト ブローム60)
なんとあのドイツブランドFELTから、アドベンチャーバイクの登場ですよ……シクロクロスを元々やっていたとはいえ、なんかフェルトからアドベンチャーが、2019年モデルとして出るとは衝撃的だ。
BROAM60はリアルアドベンチャーツーリングに対応した、最新鋭フェルトモデルです。

フェルトらしいオンロードの走行性能だけではなく、アドベンチャーロードとしても走行性能を重視。
(´・ω・`)元々走行安定性に関しては、かなりレベルの高いドイツブランドだから。
それに、走破性が加わるとなるとちょっとした事になりそう。
悪路を伴う長距離に、すこぶる強そう。なにせ、あのフェルトだもの。

BROAM60は長距離系グラベルロードにおいて、ツーリング装備に対応しているので宿泊やキャンプに使用できますね。
もちろん重量のある荷物を積載しても可能な様に、BROAM60はアルミフレームは強靭に仕上がっています。
ci-760219_spec2fhtfhkufthr.jpg
フォーク Felt アドベンチャーグラベルフォーク、UHC Advanced カーボン、1.125″-1.5″ テーパーアルミニウムコラム、フラットマウントディスクブレーキ、12x100mmスルーアクスル

UHC Advanced carbon fork
グラベルロードBROAM60用に、FELTはなんと専用グラベルロード用カーボンフォークを独自に用意。
剛性を稼いだテーパードアルミコラムに加え、カーボン素材が快適性を提供。

700C 650B コンバーチブル
オンロードメインの高速ツーリングの場合は700C(最大700×45C)を使用。
(´・ω・`)面白い事に、650B(27.5)にも対応しているんですよね。
ツーリング時、重量物を積載した際に最大27.5×2.1にも対応。
あらゆる局面や路面状態における

重い荷物を積んだオフロードメインの宿泊ツーリングの場合は650B(27.5)(最大27.5×2.1)のワイドタイヤを使用できるので、オールラウンド性は非常に高い。もちろんホイール寸法差によるハンドリングへの影響はほとんど感じられません。


ci-760219_spec2fhtfhliyut.jpg
フレーム Felt アドベンチャーロードディスクフレーム、スーパーライトカスタムバテッドアルミニウム、スムース溶接、BSAスレッド68mm BBシェル、 12x142mm Syntaceスルーアクスル、フラットマウントディスクブレーキ、機械式専用内臓ケーブルルーティン

フロントディレイラー  Shimano Claris バンド式, Φ31.8mm
リアディレイラー  Shimano Sora ST-R3000 ロングケージ
クランク  FSA Tempo Adventure, 46/32T, 47cm: 165mm, 51cm: 170mm, 54 ? 56cm: 172.5mm
ボトムブラケット  シールドカートリッジ, BSA スレッド, スクエアテーパーアクスル

スプロケット  8-speed, 12-34T

トリプルボトルケージ用アイレット
ダウンチューブ部にボトルケージを2個、シートチューブ部にも1個取り付け可能な訳か。
とりあえず? 夏場のツーリング中でも圧倒的水量!?の 水分を補給できそうですね。

バイクパッキング・ロングツーリングに最適化されたロングヘッドチューブ

BROAM60のジオメトリーはリラックス性を重視。ロングヘッドチューブにもその特徴が表れています。
また、重量物を積載しても安定したライディングが可能。
ci-760219_spec1guyjg.jpg
トップチューブバッグマウント
FUJIのアドベンチャーロードもそうですが、アイレットをトップチューブに用意したグラベルロードモデルが増えつつあります。
ツーリングの途中、直ぐにちょっと取り出したいスマホや財布などを入れるバッグなどの取り付けに対応。
バイクパッキングを想定した機種ですね。
ci-760219_spec1fjh.jpg
タイヤ  Maxxis Refuse with Silkworm, 700 x 40c
フェンダー・ラックマウントを装備可能

バイクパッキングのみならず、長距離ツーリングにも対応。
(´・ω・`)マッドガード装着用のアイレットを最初から用意してあるのか……
荷物を積載する際のラックマウント用アイレット、および日々変わる天候に対応できるようフェンダーマウント用アイレット
ただしラックマウントやマッドガードは専用品ではなく、汎用品を使用する形になる。

700×40Cのワイドタイヤを装備。
にしてもすげえな……40Cか。強力なグリップを悪路でも発揮する上に、ディスクブレーキ仕様だから低速時はMTB感もあったりして。かなり過酷な環境下でも対応出来るグラベルモデルだと思う。
ci-760219_spec2fhtfhjfj.jpg
リアブレーキ Tektro MD-C550 デュアルピストンフラットマウントディスク, 160mm ローター
フラットマウント ディスクブレーキ仕様
前後キャリパーとも最新のマウント方式を採用。コントローラブルで安定した強力なストッピングパワー。
重量のあるキャンプ用品や、下り、雨天時などで安定したストッピングパワーを提供。
FELT(フェルト) 2019年モデル BROAM60 ブローム60 [完成車]《P》

スポンサードリンク

2019年01月07日 トラックバック(-) コメント(-)