2019 Bianchi ZOLDER ULTEGRA/105  軽量性や剛性を重視したシクロクロスレースを想定して設計された機体 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2019 Bianchi ZOLDER ULTEGRA/105  軽量性や剛性を重視したシクロクロスレースを想定して設計された機体

2019 Bianchi ZOLDER ULTEGRA/105  軽量性や剛性を重視したシクロクロスレースを想定して設計された機体

ci341829.jpg
2019 Bianchi ZOLDER ULTEGRA/105
ビアンキのシクロクロスモデルは使用目的と予算に合わせて、カーボンフレームモデルBianchi ZOLDERとアルミフレームZurigoがラインナップされています。

この新型Bianchi ZOLDERはシクロクロス競技に出場する為の、ビアンキカーボンフレームモデルです。
旧型のZOLDERは現在の最新規格であるスルーアクスルなどは未搭載でしたが、最新の仕様にバージョンアップしています。
(´・ω・`)その目的はBianchi ZOLDERをシクロクロス競技などのレース対応カーボンモデルに高める為ですね。既にTeam Bianchi Countervail 所属の選手がBianchi ZOLDERを駆り、イタリア系シクロクロスレースで勝利を収めている実戦的な機体だ。
P-FC-RS510_BC19Nd0118_750_750feafewfea.jpg
Shimano FC-RS510 46/36T、170/170/170/172.5/172.5/175mm
2019 Bianchi ZOLDERは、フロントダブル仕様のクランクを採用。
やはり障害物が多く坂道に対応するために46/36Tと、軽いギア比設定になっている。
逆にアルミシクロクロスモデルの「Zurigo」などは、SRAM APEX1(1×11)ワンバイイレブンな訳で。
こちらは、コストを抑えつつ軽量化とチェーントラブルに対応した仕様に。

グループ
シフター Shimano 105 Disc
フロントディレーラー Shimano 105
リアディレーラー Shimano Ultegra
クランクセット Shimano FC-RS510 46/36T、170/170/170/172.5/172.5/175mm
BB  Shimano SM-BB72-41B
チェーン Kmc X11
スプロケット  Shimano 105 11sp 11/28T
ブレーキ Shimano 105 Hydraulic disc brake
ブレーキレバー Included


Bianchi ZOLDER完成車はShimano Ultegra と105をミックスした、2×11速仕様。
ビアンキのシクロクロス カーボンフレーム 105油圧ディスクコンポをメインに採用。
過酷なシクロクロス競技でパフォーマンスを発揮するためのレンジです。
yjfur5yeye.jpg
フレームセット
フレーム Carbon Disc、BB Pressfit 86,5x41
フォーク Carbon 1.1/8"-1.5"
ヘッドセット Fsa Orbit C-40-ACB


ビアンキのフルカーボンMTBMethanol CV やMethanol 29.1 Full Suspensionにはビアンキの衝撃除去システムCountervail®(カウンターヴェイル)を採用していますが。
Bianchi ZOLDERは未採用の様ですが、その代わりにシクロクロス競技での使用を見据えて硬質の軽量カーボン構造にこだわっています。
軽量性や剛性を重視したシクロクロスレースを想定して設計された機体だ。
衝撃吸収性重視というよりは、あらゆる路面状況下においても対応出来る様に開発。
急坂を担いで駆け上がったり状況が目まぐるしく変わるから、まずは軽量性と剛性が最重要になってくるんだろうな。

(´・ω・`)あとやはり、シクロクロス競技中担ぎやすいようにフロント三角が大きくとられたフレームですね。
fsaefew4.jpg
つまり、実際に機体を「担ぐ」という行為も含まれるわけですね。

この新型Bianchiシクロクロスバイクは、Pressfit 86BBを採用。
やはり日常用というよりはシクロクロスイベントや競技に軸を置いた機体ですね。
テーパーヘッドチューブ仕様にフルカーボンフォークはシクロクロス競技における素早いステアリングを提供してくれます。
インターナルな配線は、競技中においてもシフトをスムーズかつ汚れのない状態に保つのが目的だ。
gyjhtdhdhjd.jpg
ホイール
ホイール  Shimano WH-RS170
フロントハブ Included
リアハブ Included
リム Included
タイヤ Vittoria Terreno Mix 700x33C


ホイールはエントリーモデルの(一応SHIMANO 105 R7000 シリーズ)「Shimano WH-RS170」
12 mm E-スルーアクスル、センターロックディスクブレーキ採用。

11スピード、ロードディスクブレーキ対応ホイールディスクブレーキ用ホイールですね。
フラットマウントブレーキキャリパーと12 mmスルーアクスルを備えているシマノ最新鋭の仕様ですね。その最新の仕様を、リーズナブルかつお手軽に楽しめるのが「Shimano WH-RS170」だ。

また、シクロクロス競技におけるタイヤサイズ規格は700x33Cとなっています。その為、Vittoria Terreno Mix 700x33Cを採用しシクロクロス競技の規格に対応しています。
また万能性の高いヴィットリアMixを採用し、グラベルでもシクロクロスでも、コースコンディションに対応出来る様になっていますね。
(少々の雨天時においても、Mixなら対応出来るのではないでしょうか? ちなみにヴィットリアからは、他にも乾いたコース用に「DRY」、雨天時用の「WET」が出ている。シクロクロス競技における天候次第で、タイヤも使い分ける。最初は万能性の高いヴィットリアMixがあらゆる状況に対応し易い)
Bianchiyutgu03.jpg
12月の初めにイタリア北部で行われたシクロクロスレースでTeam Bianchi Countervail 所属の選手が男性と女性のカテゴリーで新型Zolder Proを駆り勝利。

また同じくTeam Bianchi Countervail 所属のキアラ・テオッキ選手は1月6日土曜日、ローマで行われたロマーノ・スコッティ記念レースにおいて勝利を飾りました。
既に実戦に投入され、結果を出しているわけですね。

また海外の話になりますがやはり日常において、Bianchi ZOLDERを愛用しているユーザーも数多い。
(´・ω・`)イタリアのZOLDERオーナーは、旧型Bianchi ZOLDERで雪道なんかを走破して遊んでいたりする。
いけるのか? 雪道も……?
2014年モデルBianchi ZOLDERに話ですが。当時においても、日常的に愛されていた機体だという事が分かる。

今回の新型もあらゆる環境下の道路状況下において、長年にわたってZolderを愛用しているライダーにも対応出来る性能になっているそうです。
Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル ZOLDER ULTEGRA/105 ゾルダーアルテグラ/105 [完成車]《P》

スポンサードリンク

2019年01月28日 トラックバック(-) コメント(-)