2019 GT GRADE CARBON ELITE グラベルレースにおける過酷な競争用というよりは、長距離を完走する為の超快適グラベルモデル スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GT > 2019 GT GRADE CARBON ELITE グラベルレースにおける過酷な競争用というよりは、長距離を完走する為の超快適グラベルモデル

2019 GT GRADE CARBON ELITE グラベルレースにおける過酷な競争用というよりは、長距離を完走する為の超快適グラベルモデル


ci-341795_3.jpg
2019 GT GRADE CARBON ELITE
フルカーボン&ティアグラグラードの「GT GRADE CARBON ELITE」
GT GRADE CARBONシリーズには105スペックとティアグラスペックの2機種あって。
これはティアグラスペックに当たるモデルです。
Tektro HY/RD ワイヤー引き油圧式ディスクブレーキを採用したり、クイックリリース式だったりと実にユニークな仕様になっています。


砂利道や悪路を伴う未舗装路を走破する、冒険の為のグラベルカーボンモデルではありますが。
グラベルレースにおける過酷な競争用というよりは、長距離を完走する為のグラベルモデルがGT GRADE CARBON ELITEですね。
またメンテナンス性を高める為に、あえてケーブル類は外付けになっているのも特徴です。

GT GRADE CARBON ELITEが走破する路面は、車などが走らない未舗装路を想定
グラベルライドにおいて泥、雪、砂利を伴う悪路は、車などがあまり侵入してくないという利点があります。
つまりグラベルロードは走る路面そのものは悪路ですが、実は車との接触の危険が少ない訳ですね。
GT GRADE CARBON ELITEの仕様は、長距離向きで非常に開放的で、自由気ままに走れるバイク。
そして、悪路に対する対策をカーボンフレームとしてしっかり打っているグラベルモデルであるので、実に快適性も高めなグラベルカーボンモデルだ。
それこそがGT GRADE CARBON ELITEの長所だと思います。
cc-gt-gradeall105_3dqw.jpg
2019 GT GRADE CARBON EXPERT
(´・ω・`)これが105グレードの、GT GRADE CARBON EXPERT。
トップグレードに当たるフルカーボン&105スペック仕様の機種です。

105初の油圧ディスクブレーキR7000系を一気に採用した、正に最強クラスのグラベルロードでして。
別名「走るMTB」の異名を持ちます。
160mmローター仕様の油圧ディスクブレーキや、浅いブロックタイヤ「WTB Exposure Race、700 x 32C」を採用。
林道や悪路において、いかにMTB的な悪路走破性をこなしつつ、ロードの走りをするか?
ということを考え抜いたスルーアクスル仕様になっています。
過酷なグラベルレースにも対応可能な、ハイスペックモデルと言っていいでしょう。
ci-341795_2.jpg
フレーム GT エンデュロード カーボン フレーム 、 ディスク仕様トリプルトライアングルフレーム(※) PFBB30 ボトム ブラケット、 取り外し式フェンダー ブリッジ
フォーク Gradeフルカーボン1-1/8to1-1/4″スレッドレス、ディスク仕様

シフター Shimano Tiagra、 2×10
セカンドグレードのGT GRADE CARBON ELITEの場合、フレームは公道や舗装路から外れたグラベルライディングに対応可能な、GTエンデュロードカーボンフレームを採用。
フロントフォークもフルカーボン仕様で、コラムまでカーボン。
セカンドグレードのGT GRADE CARBON ELITEの場合、クイックリリース式で、フロントのエンドは100mmQR、リアのエンドは135mmQRになっています。
(´・ω・`)やっぱり、長距離やロングライド向けグラベル的な使用になっている。
ci-341795_spec1.jpg
リム  Stan’s NoTubes Grail S1、28h
ハブ  (フロント)フォーミュラ CX-20 QR、(リア) CX-22 QR
スポーク  ステンレス、14g
タイヤ  WTB Exposure Race、700 x 32c、Distance compound

チューブレスレディの第一人者でもあるStan’s NoTubes社のチューブレスレディタイヤ対応リム。
490gの軽さでバイクと走りの軽さへの貢献は大きい。クリンチャータイヤにも対応。
セカンドグレードGT GRADE CARBON ELITEのタイヤは、やはり2019年モデルよりクレメントからWTBへ変更。
(´・ω・`)アメ色サイドのタイヤにしたことで、フルカーボン系グラベルモデルながらもクラシック感が出ています。
なんとなく長距離バイクパッキングに使ってみたい雰囲気に。
ホイールは11速まで対応可能。
ci-341795_1.jpg
クランク  FSA Gossamer、 50/34
ボトムブラケット  FSA MegaExo
チェーン: KMC X10、 10-speed
スプロケット: Shimano Tiagra、 11-34、 10-speed
フロントディレーラー  Shimano Tiagra、 直付式
リアディレーラー  Shimano Tiagra

df5323f
ブレーキ Tektro油圧式ディスク、160/140mm
ブレーキレバー  Tektro 油圧式ディスク
サドル GT Gradeサドル
シートポスト GTカーボン、20mmオフセット、27.2x350mm

(´・ω・`)GT GRADE CARBON ELITEの場合実にユニークなディスクブレーキ仕様でして。
Tektro HY/RD ワイヤー引き油圧式ディスクブレーキを採用しているんですよね。
ワイヤーで引くメカニカルディスクではあるのですが、キャリパーブレーキ内部は油圧で動くディスクブレーキなのですよ。
またディスクブレーキ取り付け台座はフラットマウント方式ではなく、ポストマウント方式を採用。
ci-341795_spec1yrrth.jpg
GT GRADE CARBON ELITEのシートステーは極細ですが、実は2種の素材によるハイブリッド構造。
なんと内部にグラスファイバーが仕込まれており、剛性や衝撃吸収性をパワーアップさせている。
内部グラスファイバー……剛性。
外部カーボン……衝撃吸収性。

田舎道や、農道、森林など自然の悪路に対応する為の仕様だ。
悪路においても路面をとらえ、振動を処理する効果が期待出来る。
(´・ω・`)昔のアルミ系ロードレーサーにおけるカーボンバックの様に、GTがシートステー部を非常に重視している姿勢が伺えます。
ci-341795_spec1jyt.jpg
オールデイジオメトリー
わずかに寝かしたヘッドアングル、長いホイールベースと低いBB位置、長めのヘッドチューブ。これらのフレーム設計により、道を選ばず、一日中ライディングを楽しみ尽くすことができる。

GT GRADE CARBON ELITEなどのカーボンモデルは、シートステーのしなりが効いて乗り心地の良さもポイント。またしなりが、独特の路面追従性を発揮し悪路においても、路面をとらえる様に走ります。
悪路に強い路面追従性と言うべきか。
悪路における快適性を追求したいなら、GT GRADE CARBON ELITEというのも面白い選択肢なのでは?
またその独特の走行性能はツーリングや街乗りの際にも、快適性を発揮するユニークなフルカーボングラベルモデルだ。
GT ジーティー 2019年モデル GRADE CARBON ELITE グレードカーボンエリート [完成車]《P》

スポンサードリンク

2019年01月31日 トラックバック(-) コメント(-)