MARIN DONKY SE ORTLIEB   オルトリーブ製グラベルバッグを初期搭載した、ツーリング系パパチャリ仕様!? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MARIN > MARIN DONKY SE ORTLIEB   オルトリーブ製グラベルバッグを初期搭載した、ツーリング系パパチャリ仕様!?

MARIN DONKY SE ORTLIEB   オルトリーブ製グラベルバッグを初期搭載した、ツーリング系パパチャリ仕様!?


donkyseor_1.jpg
MARIN DONKY SE ORTLIEB(マリン ドンキーSE)  クロモリ27.5INCH MTB
MARIN DONKY SEはクロモリフレーム。
27.5プラスを採用したファッティ系MTBバイクです。
ORTLIEBのバックがセットになった、パパチャリMARIN DONKY SE ですよ。
見ての通り、オルトリーブ製パニアバックがリアに搭載されています!
ORTLIEB……ドイツ製自転車用鞄ブランド。堅牢&完全防水が売りで、なんと鞄に縫い目が存在しない。
現在でもドイツ本国で生産を続けている。欧州のアウトドア業界でも有名なバッグブランドだ

MARIN DONKY SEは、元々フロントキャリアーとリアキャリアーが付いてくるクロモリ27.5INCH MTBだ。
いうなれば、ママチャリならぬパパチャリ!
バニアバッグもこうしてセットで販売出来るという訳か。

(´・ω・`)いいなあ、しかもリアに取り付けてあるのは、新作の軽量グラベルバッグシリーズではないですか?
容量はペアで25L。重量はわずか1160gですぜ?
あえて新作の軽量パニアバッグを用意してきたか。
軽量なバニアバッグなんですけど、完全防水で耐荷重は実に9kgを誇ります。
普通に本格ツーリングにも使用可能。
donkyseor_5.jpg
ORTLIEB Gravel-Pack グラベルパック スレート 25L(ペア) F9981
「オストリーブ バイクパッキング グラベルバッグ」と言いまして、通常のバニアバッグより軽量に仕上がっているのが特徴。
着脱もはめ込んだり、上に引き上げるだけでOK。一秒で着脱可能……その気になれば、一秒を切れるかも?
バッグ下部に、リアキャリアー固定用フックが用意されています。
25Lか……キャベツは片方に3個位入るかな?
蓋が巻き込み式なんで、リアルに水が入ってきません!
オストリーブが誇る完全防水機能ですね。
20171206165523a95cdscds.jpg
仮に「オストリーブ バイクパッキングシリーズ グラベルバッグ」をフルに採用してバイクパック化した場合なんですが。
重量は1kgより軽い、合計952gで済んでしまうのですよね。
だからバイクパッキングにおいて、バッグ類の軽量化を目指すならうってつけのオストリーブ製グラベルバッグな訳です。
(´・ω・`)まさかMARIN DONKY SEに採用されるとは、思ってもみなかった……
いいなあ25Lサイズか。
私のはレッドのもう少しコンパクトな奴だから。
グラベルパックは、軽量だから悪路でも舗装路でもお勧めのオストリーブバッグです。
正にバッグ界のグラベルロード。
肌ざわりも、柔らかいし。防水ジッパーが異様にしっかりしていて雨の侵入も完璧に防げるんですよね。
このグラベルパックは軽量なので、通常のロードなどにうってつけ。
20171213103840edafew.jpg
MARIN GESTALT1(ゲスタル1)
これはアルミグラベルロードのMARIN GESTALT1。
TOPEAK製リアキャリアーに、ORTLIEBバックローラー クラシック 40Lサイドバッグを取り付けてある。
グラベルロードを軽いツーリングスタイルに仕上げている訳ですね。
20171213103838410few.jpg
片方だけで20Lも容量がある。
キャベツは片方5個は楽勝で入る。
やはり完全防水なので、そのまま水を入れて運ぶ事も可能。
汚れたら手で叩いたり、軽く拭き取ればOK。
バックローラー クラシックの場合、軽量というよりは頑丈に仕上がっているバニアバッグだ。
imgrc0068630222vd.jpg
MARIN PINE MOUNTAIN ONE27.5+
このMARIN PINE MOUNTAIN ONE27.5+は2.8インチのブロックが付いていますが。
MARIN DONKY SEはセミスリックタイヤを採用。
ママチャリの様に、舗装路においての走行性も高めています。
PINE MOUNTAIN ONE27.5+はMARIN DONKY SEの兄弟的なモデルで。
フロントサスに、1X11仕様。主に山道などでの使用を想定したクロモリ系ファッティMTBです。
PINE MOUNTAIN ONE27.5+をリジットフォーク化し、キャリアーを取り付けてパパチャリ化したのがDONKY SEかな。
donkyseor_.jpg
MARIN DONKY SE ORTLIEB
(´・ω・`)なるほど……DONKY SEに、ORTLIEB Gravel-Pack スレート 25Lを取り付けるこんな感じか。
それなりに大きいバニアバッグが、コンパクトに見えてしまう……
そうはいっても、普通の買い物籠よりははるかに容量があるんですけどね。
これをベースに、フレームパックやコックピットパックをちょっと取り付ければ本格的なパニアバッグ仕様になる。
あとはリアキャリアーの天板にトランクバッグを設置すれば、本格的ツーリング系ファッティバイクとして遊べそう。
donkyseor_12.jpg
シフトレバー  Shimano Altus 9-speed
donkyseor_15.jpg
リヤキャリア・フロントキャリア標準装備。(なんとアルミ製の極太キャリアー)
ママチャリの様に、籠も取り付け可能。
donkyseor_10.jpg
フレーム Series 2 Double Butted CrMo, 27.5+ Wheels, Boost 141x9mm Open Dropout
クロモリ系MTBに使用されているクロモリフレームなので、堅牢そうですね。
最新の27.5+規格に対応した、最新MTB系クロモリフレームだ。
donkyseor_11.jpg
フォーク CrMo, Suspension Corrected, Boost 110mm Spacing, QR Lever, Taper Steerer
なんとクロモリのリジットフォークですよ。
頑丈なだけではなく、快適性な乗り心地を重視してクロモリフレーム&フォークを採用したそうな。
donkyseor_14.jpg
タイヤ Marin tire27.5×3.0
流石に3インチ幅もあれば、多少の荷物やチャイルドシートを乗せてもかなりの安定性でしょうし。
(´・ω・`)多分現存するママチャリの中において、最強クラスの走破性と安定性を稼いでいるはず。
27.5+規格のスリックか……乗ってみたいな……。
donkyseor_13.jpg
ブレーキ Tektro M280 Mechanical Disc
しかもブレーキはメカニカルディスクブレーキだ。
donkyseor_7.jpg
クランクセット Marin Forged 1×9
donkyseor_6.jpg
リアディレーラー Shimano Deore
カセット Shimano 9-Speed, 11/36t
フロントシングルにリア9速仕様。
donkyseor_4.jpg
サドル Marin Fitness
donkyseor_3.jpg
リアキャリアーも標準装備。
後日チャイルドシートも積載可能。
正にリアルにお父さん仕様の、ママチャリ化が可能に。
(´・ω・`)てか子育ての為にママチャリを買うと、言い訳にしてファッティモデルが手に入る訳だ。
トレイルライドや、見ての通りバイクパッキングも存分に楽しめてしまうという。
donkyseor_2.jpg
なんと、スタンドまで標準装備。
DONKY SEはパパが考えた、全国のパパに乗って欲しいかっこいいバイクという話ですが。
米国MARINではなく、MARIN JAPAN のスタッフが企画したバイクでもあるんですよ。
オストリーブとタッグを組んで、バイクパッキング風に仕上げてきたり。
最近のマリンって、なかなか面白い展開を見せてくれます。
自分はバイクパッキングに目が行ってしまいますが、普通にチャイルドシートや前籠を乗せればリアルママチャリとして使用可能な点も凄いですね!
2019モデルMARIN(マリン)DONKY SE ORTLIEB(ドンキーSEオルトリーブ)650B/27.5マウンテンバイク【送料プランC】 【完全組立】

スポンサードリンク

2019年03月28日 トラックバック(-) コメント(-)