今週のWiggleセール品情報(2019年4月6日)です。2018年De Rosaモデルが激安!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 大特価情報 > 今週のWiggleセール品情報(2019年4月6日)です。2018年De Rosaモデルが激安!!

今週のWiggleセール品情報(2019年4月6日)です。2018年De Rosaモデルが激安!!

今週のWiggleセール品情報(2019年4月6日)です。2018年De Rosaモデル
( ;゚ω゚)2018デローザモデルに関してハイエンドモデルを中心に、大幅な値引きが行われていますね。
2019年モデルと比較すると、かなり大胆な値引きですわ……
ハイエンドモデルがミドルグレードモデルの価格になっちゃっているではないですか?
prod180525_Black - Red_NE_01vfe
(キャリバーブレーキ仕様)
De Rosa - Protos 8000 Team35 (2018)
定価 ¥799999➝51%オフ¥389998
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル おい、マジかよ!?
国内ではフレームセットだけで軽く70万越えするプロトス完成車が、38万円台!!??
しかもShimano Ultegra 22スピードドライブトレイン仕様だ。
(´・ω・`)ちなみにキャリバーブレーキ仕様です。
てか……プロトスのキャリバーブレーキ仕様で38万って…・…リアルにありえないんですけど(大汗)



prod180523_Bianco Nuvola_NE_01rg
De Rosa - SK 8000 Team35 (2018)
定価 ¥499999➝42%オフ ¥285998
デローザエアロロードSK Pininfarina完成車が20万円台!!??
や、安っ!!
サドルにPrologo Kappa RS、コンポにシマノアルテグラ22速、ホイールにVision Team 35 Compが付いてくる!!
( ;゚ω゚)逆に2019年モデルのSK Pininfarinaアルテグラ完成車だと。
ウィグルと言えど、軽く60万オーバーなんですよ。
旧モデルになっただけで、こんだけ価格を値引きしてくれるのか……
prod180523_Blue Acqua_NE_01
De Rosa SK 8000 Team35 Road Bike (2018)の在庫に関して、Blue Acquaがまだサイズが豊富にある様です。
(´・ω・`)デザインは違いますが、De Rosa SKのブルー系カラーってかなりカラーリングが洗練されているんですけどね。


fcewdqef.jpg
De Rosa Idol 7000 FSA Team35 Road Bike (2018)
定価 ¥379999➝35%オフ ¥246998
国内でDe Rosa Idol105完成車だと37~40万円位かな?
このDe Rosa Idol 7000 FSA Team35 Road Bikeは、105完成車。
フル105仕様ではなく、クランク部にFSA Omega 50-34TやブレーキキャリパーにFSA SL-K brakesなど、FSAとのミックスになっています。
乗り易さや、ビジュアルの美しさを求めるならDe Rosa Idolって案外悪くない選択だと思います。
ただ、驚いた事はプロトスや、De Rosa SKクラスのモデルでも、20~30万円クラスで購入可能なんですね。


今週のWiggleホイールセール品価格調査


(´・ω・`)横ばいかな? 特に値動きは上でも下でもない。レンジ相場って感じ。

(2019年4月6日10時の価格データーになります)

campagnolo-bullet-ultra-50-dl-wheelsetyu.jpg
Campagnolo - Bullet Ultra (バレットウルトラ) 50 Cult ダークラベルカーボンホイールセット
定価 ¥212894➝39%オフ¥129629(4月6日)
定価 ¥212894➝39%オフ¥129629(3月30日)
定価 ¥212894➝39%オフ¥129629(3月16日)
定価 ¥212894➝39%オフ¥129629(3月8日)
定価 ¥212894➝39%オフ¥129629(3月2日)
定価 ¥212894➝39%オフ¥129629(2月23日)
定価 ¥212894➝34%~36%オフ¥134283 - ¥139399(2月3日)

ダークラベルカーボンのバレットが、2月3日より継続して4000~9000円程価格を下げたままですね。
(´・ω・`)4月も何気に頑張っています!
主な特長:
ホイールの重量: フロント 727g, リア 863g
特長:アルミニウム/カーボン一体化リム構造: 独自の結合システムを採用したアルミニウムリム・カーボン構造により、リムの並外れた剛性を実現し、ホイールの高い反応性と耐久性を確保しています。
リムのダイナミックバランス: 製造工程での特別な操作により、高速時でもバランスを良好に保つよう、カーボンファイバー積層材を配置しました。


fulcrum-racing-quattro-carbon-wheelset-dbdc.jpg
Fulcrum - Racing Quattro (レーシングクアトロ) カーボンクリンチャーホイールセット (ディスク)
定価 ¥189661➝36%~46%オフ¥102311 - ¥120157(4月6日)
定価 ¥178859 - ¥189661➝36%~42%オフ¥102311 - ¥121129(3月30日)
定価 ¥189661➝37%~46%オフ¥102311 - ¥119258(3月16日)
定価 ¥178859 - ¥189661➝35%~42%オフ¥102311 - ¥123147(3月8日)
定価 ¥178859 - ¥189661➝35%~42%オフ¥102311 - ¥123147(3月2日)
定価 ¥178859 - ¥189661→37%~42%オフ¥102311 - ¥119258(2月23日)
定価 ¥178859 - ¥189661→37%~42%オフ¥102311 - ¥119258(2月16日)


レーシングクアトロ(ディスク)は「6 Bolt QR」が11万円台、「6 Bolt 12/15mm」が12万円台と値を下げてきています。
少しづつですが、値下げ傾向かな?
DSCN7258kyi.jpg

(´・ω・`)XR4 DISKに試乗した時の、スピードに乗ってから良く回ったあのカーボンホイール。
DURA-ACEディスクブレーキとの相性良かったな……スピードコントロールをとことん精密に行えるのが良かった。
しかも軽いタッチで。
SRAMは、MTB譲りの確実性の高い制動力を優先させているけど。

過酷な環境下でも対応可能ではあるけど、どちらかというとレーシーな印象が強い。
主な特長:
フルカーボンファイバーで深さ 40mm のリム
抜群の機能性
全天候で抜群のブレーキ性能を発揮するディスクブレーキ
HG フリーホイールにプラズマ処理を施し、耐久性が向上
Shimano/SRAM 10/11スピード専用


Campag Zonda C17 wheelsetyo
Campagnolo - Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット
定価 ¥69541➝40%~41%オフ¥40648 - ¥41263(4月6日)
定価 ¥69541➝40%~41%オフ¥40648- ¥41263(3月30日)
定価 ¥69541➝39%~40%オフ¥41480 - ¥42128(3月16日)
定価 ¥69541➝39%~40%オフ¥41480 - ¥42128(3月8日)
定価 ¥69541➝39%~40%オフ¥41480 - ¥42128(3月2日)
定価 ¥69541➝42%~43%オフ¥39520 - ¥39887(2月23日)
定価 ¥69541→39%~40%オフ¥41480 - ¥42128(2月16日)
定価 ¥69541➝40%~41%オフ¥40924 - ¥41563(2月3日)


(´・ω・`)ゾンダは横ばい。しばらく価格に動きはなさそうですが。
んー?
特長
前後異なるリムの高さ
正確な切削加工により余分な材料を落とすことで、不必要な重量を削減
RDB™: Rim Dynamic Balance (リムダイナミックバランス)
MoMag™ テクノロジー: タイヤの底にスポークホールを採用せず、リムテープも必要ない抜群の構造
大きめなアルミニウム製フランジ
フロントハブ: 16本の空力性能に優れたラジアル組スポーク
リアハブ: 21本の空力性能に優れた MEGA G3™ パターンのラジアル組スポーク
カップ&コーン式ベアリング
重量: 1596g


Fulcrum-Racing-Zero-Nite-C17-Wheelsetcd.jpg
Fulcrum - Racing Zero Nite (レーシングゼロナイト) C17 クリンチャーホイールセット
定価 ¥165955➝35%~38%オフ¥102493 - ¥106828(4月6日現在)
定価 ¥165955➝35%~38%オフ¥102493 - ¥106828(3月30日)
定価 ¥165955➝40%オフ¥98970(3月16日)
定価 ¥165955➝40%オフ¥98970(3月8日)
定価 ¥165955➝35%~38%オフ¥102406 - ¥106828(3月2日)
定価 ¥165955→35%~38%オフ¥102406 - ¥106828(2月16日)

漆黒のロード用ホイールレーシングゼロナイトの価格が、3月30日に10万円台に値上がりしたまま横ばい。
しばらく10万円台をキープしそう。
(´・ω・`)なかなか9万円台に戻らないな。
主な特長:
重量: 1506g
プラズマ電解酸化処理済みブレーキ面
リムの高さ: フロント 27mm、リア 30mm
リムの幅: 17mm (内側)、22.5mm (外側)
タイヤ幅: 25~32mm
スポーク数: 16 (フロント)、21 (リア)
スポーク: アルミニウムエアロストレートプルスポーク
ハブ: アルミニウムフランジ採用カーボン(フロント)、アルミニウムオーバーサイズフランジ採用アルミニウム(リア)
USB セラミックベアリング (カップ & コーン)
プラズマ処理済み HG フリーホイール


prod166488_Black_NE_01gfwgre.jpg
Fulcrum - Racing (レーシング) 3 C17 ホイールセット
定価 ¥83410➝5%~39%オフ ¥50580 - ¥78951(4月6日現在)
定価 ¥83410➝5%~39%オフ ¥50178 - ¥78951(3月30日)
定価 ¥83410➝41%オフ ¥48858(3月16日)
定価 ¥83410➝41%オフ ¥48858(3月8日)
定価 ¥83410➝5%~39%オフ ¥50554 - ¥78951(3月2日)
定価 ¥83410➝40%~41%オフ ¥48610 - ¥49906(2月23日)
定価 ¥83410➝40%オフ ¥49236 - ¥49876(2月3日)
(´・ω・`)横ばいですね。
やはり、3月中旬の48000円が底値だったか。

主な特長:
重量: 1560g
圧延リムにより、周縁部の軽量化を図り、反応性を向上
フロントとリアで異なるリムの高さを採用し、敏捷性と出力伝達を提供
非回転スポークアイレットにより剛性を保ち、ホイールの適合性を維持
オーバーサイズのアルミニウム製ハブボディ, ホワイトに塗装し、軽量化を図りつつ高い横剛性を実現
高品質のスチールベアリング
オーバーサイズのフランジにより、ねじり剛性を 9% 向上
スポーク数: 16 (フロント)、21 (リア)


racing-zero-wheelsetlh.jpg
Fulcrum - Racing Zero (レーシングゼロ) LG クリンチャーホイールセット
定価 ¥126440➝¥85455 - ¥126440(4月6日現在)
定価 ¥126440➝¥85455 - ¥126440(3月30日)
定価 ¥126440➝¥81243 - ¥126440(3月16日)
定価 ¥126440➝¥81243 - ¥126440(3月8日)
定価 ¥126440➝¥88147 - ¥126440(3月2日)
定価 ¥126440➝最大33%オフ¥84258 - ¥126440(2月23日)
定価 ¥126440➝ 最大34%オフ¥82935 - ¥126440(2月3日)

(´・ω・`)シマノフリー、カンパフリー変動なし。

Racing zeroは、25cタイヤをより使いやすくするために、2017年モデルで再設計されました。 リムを従来製品に比べ若干広げることで、 回転性と空力性能が向上する台形の形状を備えた 25c タイヤを使用できます。
主な特長:
総重量: 1518g
オーバーサイズカーボンハブ
フロント・リアで異なるリムの高さ
22.5mm リム幅
2:1 スポーク比
USB セラミックベアリング
C17 リム



今週のWiggleホイールセール品価格調査は以上になります。
(´・ω・`)ホイールは全体的に横ばいですね。
やはりデローザ2018年モデルの、値引きが相当凄まじい事になっています。
ランキングからすると、プロトスが一番数が動いている模様。
ま、争奪戦ですね。
2018 De Rosaセール品

スポンサードリンク

2019年04月06日 トラックバック(-) コメント(-)