2019 Cinelli Zydeco Apex  2019年モデルよりグラベルロード向けにモデルチェンジ! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > cinelli チネリ > 2019 Cinelli Zydeco Apex  2019年モデルよりグラベルロード向けにモデルチェンジ!

2019 Cinelli Zydeco Apex  2019年モデルよりグラベルロード向けにモデルチェンジ!


prod185466_Multi_NE_01.jpg
2019 Cinelli Zydeco Apex Adventure Road Bike
Cinelliの名アルミシクロクロスモデル「Zydeco」が、2019年モデルより大規模なモデルチェンジを行いました。
遂にグラベルロード化ですよ!
イタリアンモデルとして洗練されていたデザインも、この2019年モデルから変更!
とはいえCinelli Zydecoのデザインセンスそのものは、2018年モデルから引き継いでいますよ。
デザインがグラベルロードとは思えない程、洗練されています。

(´・ω・`)一応2019年モデルのCinelli Zydecoは、グラベルロード寄りの仕様にモデルチェンジした訳ですが。
2018年モデルから続くこの洗練されたグラフックスを、2019年モデルにも採用した目的があるんです。

その理由はロードやグラベルロード、シクロクロスなどの堺を無くす為。
つまりタイヤサイズを細くしてロード風でもいけるし、逆にタイヤサイズを40Cと太目に設定すればオフロードやダートにも似合うデザイン。それをチネリは重視している訳です。
確かに街乗りにもそのまま使えそうな洗練された、洗練されたデザインですよね?

2019年モデルも2018年モデルも、ロードやシクロクロスグラベルロードの垣根を取っ払いたいという意向があってこのようなデザインになったのですわ。
Cinelli-Zydeco-Tiagra-Disc-BIke-Internal-Black-Silver-2018-TD255KSgfre.jpg
2018 Cinelli Zydeco Tiagra Disc
では仕様はグラベルロード向けにどの辺が変更になったのか? この2018年モデルをチェックしてみましょう。
コンポ面を注目してみると、シマノShimano TiagraからSRAMに変更になった点が上がられます。
こうして前年モデル見て見ると、それ程グラフックス面での変更は派手ではないですね。

(´・ω・`)おおっ……シクロクロスを意識したフロントダブル仕様から、グラベル用にワンバイイレブンに一気に変更になった点に注目。
やはりドライブトレイン面での変更がデカい。

2018年モデルと同様に、2019年モデルもシートチューブ後ろにアウター受けを用意してあるんですよ。
だから、後日2018年モデルの様にフロントダブル化も可能。

前年モデルの様なフロントダブル仕様が好みなら、あえて自分の手で戻すのもいいかもしれませんね。
ちなみに2018年モデルは、なんとタイヤサイズは太目の40Cサイズだったのですよ。
エアボリューム性を重視した、極めて珍しいシクロクロス用チネリモデルだった訳ですね。
prod185466_Multi_NE_03.jpg
この2019年モデルよりSRAM Apex 11 Speedドライブトレインを中核に、信頼性の高いメカニカルディスクブレーキを採用。
ウィグルだと17万程度。国内価格だと20万程度。
(´・ω・`)やはり販売価格が17万円台になると、SRAM Apex 11 Speed仕様のモデルが増えてきますね。
ただこの価格帯で油圧というのはあまり見ないです。
……大体油圧ディスクを搭載してくるのは19万円クラスからですよね。

この2019年モデルが大胆にモデルチェンジした理由は、先程述べたようにグラベルロード寄りにする為です。
2018年モデルはシクロクロスを目的とした仕様だった訳ですが。
近年流行しているグラベルロードに合わせて、 Cinelli Zydecoも仕様をグラベルロード向けに変更。
それに合わせて前後スルーアクスル化やディスクブレーキにおけるフラットマウント化を、2019年モデルより採用しています。
prod185466_Multi_NE_07.jpg
BB FSA, BSA 68mm
フレーム Columbus Airplane Triple Butted Alloy
7000系アルミにCOLUMBUS AIRPLANEを採用
ジルコニウムをアルミに添加した超軽量チューブ。
7000系アルミにAl-Zn-Mg(アルミ、亜鉛、マグネシウム)を添加し軽量性だけではなく、強度面においても強化したチューブだ。
ロードやMTBなど様々な機種に採用されているアルミチューブだけど。
チネリはグラベルロードに持ってきている訳ですね……しかもグラベルレースなどの競技なども狙えそうだ。
7000系アルミの恩恵で、バイク重量は10.4 kgにまで抑えている。
登りや下りに強いグラベルロードですね。
prod185466_Multi_NE_02.jpg
ハンドルバー Cinelli Handlebar FLARE 6061, 0 31,8; Drop: 120mm(40) 130mm(42); Reach: 70mm; Flare Angle: 12 degree
ステム Cinelli 6061 Stem
サドル Cinelli SSM Monza start, 145mm

バーテープやステム、サドル、シートピラーはチネリ
2019年Cinelli Zydecoはグラベル寄りにモデルチェンジし、荒れた路面での高速走行時の安定性を重視

機械式のSRAMのブレーキは小ぶりで、手が小さい人でも使い易い点がポイント。
アドベンチャーロードFUJI JARIシリーズと同じく、グラベルロード向きのハの字のハンドルを採用。
prod185466_Multi_NE_04.jpg
タイヤ Kenda Flintridge, 700x35C
タイヤサイズは35C。
最大クリアランスは700x42Cまでいけます。
フォークはカーボン Columbus Futura Gravel 1-1/8" - 1-1/4"
後日ホースを通して油圧ディスク化しても対応可能しているので、ブレーキ面でのスペックUPも可能。
よりオフロード寄りの仕様にも出来る。
(フラットマウント仕様です)
フロントケーブルはフォーク内に内臓。
prod185466_Multi_NE_05.jpg
トップチューブ上部にダボ穴を用意。
トップチューブバッグを装着可能。
prod185466_Multi_NE_06.jpg
更にフェンダーやリアキャリアーも装着可能ですので……もちろんツーリング仕様に変更もOK。
2018年モデルのシクロクロス仕様時代も、ツーリング仕様にも対応可能でした。
やはり「多様性」を重視した路線は、これからも健在ですね。
prod185466_Multi_NE_08.jpg
チェーンセット FSA Vero Pro 1X (CK-C616T), 42T
チェーン  SRAM 11スピード
カセット  SRAM 11 Speed, 11-36T

ブレーキ Tektro Mechanical, F&R 160mm disc rotor
クランクはFSA Vero Pro 1X (CK-C616T), 42Tのナローワイド。
フロントディレーラーが無くても、チェーンが落ちにくい構造になっている。

軽量なフレーム構造とグラベル寄りのコンポーネントを採用したこのグラベルロードバイクは、あらゆる路面に対応可能な多様性を持っています。
しかもそれは仕様面や機能面だけではなく、デザイン面にも及んでいる所が実に面白いですね。
Cinelli Zydeco Apex Adventure Road Bike (2019)

スポンサードリンク

2019年04月15日 トラックバック(-) コメント(-)