BESV JF1試乗体験インプレ スピードに乗り易いアシスト感! パワー重視というよりは、スピード性重視!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 電動アシスト自転車 > BESV JF1試乗体験インプレ スピードに乗り易いアシスト感! パワー重視というよりは、スピード性重視!!

BESV JF1試乗体験インプレ スピードに乗り易いアシスト感! パワー重視というよりは、スピード性重視!!

DSCN8118vds.jpg
BESV JF1 試乗体験インプレ

ヽ('∀`)ノ リアハブにモーターを搭載したリアドライブ式のeBIKE「BESV JF1」に試乗しました!
すげー、デザインが近未来でかっこよかった! 正にマクロスのバルキリー!
(特にバッテリーを収納してあるポイントが、変形ギミックみたいだった……)

しかも……後方のホイールにモーターを内臓している訳じゃないですか?
その利点を上手くデザインに、生かしていましたよ。
全然モーター部が目立たないっていうか……

①スピード性を重視した、アシスト性能。

YAMAHA YPJ-ECはBBに直接アシストモーターを配置する事で、パワフル&スピーディーな走行性能。
BB軸下から、直接アシストしてくれるのでパワフル感があったんですよね。
踏み込むと一気に加速してくれましたし。

「BESV JF1」はリアドライブ式のeBIKEではないですか?
スピードに乗り易いアシスト感でした。
アシストが逃げないし(上手く言えないが、速度が逃げにくいというべきか)、速度が全然逃げにくいし、落ちにくいんですよね。
速度に乗ると、更にアシスト感が強まっていく……そんな走行感。

②加速性、スポーツ性そのものまさにeBIKE。電動自転車タイプを圧倒。
(´・ω・`)これはアシスト制限があるにしても、相当速度が出るタイプのeBIKEかな。
この疾走感は、他のeBIKEにはない走りかも。
コンポはMTB系スペックのShimano Deoreですが。まるでロード系eBIKEに近い走り。
スポーツ性を最重要視していますね……
もちろん街乗りでもいけますが……ここまでスポーツ性を高めてくるとは……驚きだ。
DSCN8122vds (2)
国内初のフルカラー液晶ディスプレイ搭載
国内初となるフルカラー液晶ディスプレイを搭載。スピード以外にも、パワー/ケイデンスなど9つのパラメーターを表示可能。ファンライドからロングライドまで走る楽しさを演出します。(青:エコ / 紫:スマート / 赤:パワー)。

戦闘機感覚のフルカラー液晶ディスプレイなんですよね。
アシストモードを変更すれば、リアルタイムにCGで液晶カラーディスプレーのカラーと、メーターの様なアシストモードが変更される表示に。
DSCN8122vds (1)
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル ぶっちゃけ、アシストモード変更時の液晶ディスブレーのCGがリアルにカッコいいです!
液晶が小さいのに見やすいし、カラーのお蔭でアシストモードも即確認可能だった。
更にトップチューブ下に電源ボタンを配置。
この電源ボタンも、変速モードの変更と共にウルトラマンみたいなカラータイマーみたいに、色が変化する。

またShimano Deore 10速仕様だけあって、変速操作そのものはスムーズ。
DSCN8119hry.jpg
ブレーキ PROMAX mechanical disc brake
(´・ω・`)あえて一言。BESV JF1の疾走性スピード性に、PROMAXのメカニカルディスクブレーキが追い付いていないです。
普通のクロスバイク程度なら、こなせるブレーキ性能ですが。
これだけ疾走性が高いと、このクラスのメカニカルディスクの制動力では若干負けていました。
電動アシスト自転車程度なら、対応できたかもしれませんが。

eBIKE中、恐らくかなりスピード性が高いモデルなので、もう少しディスクブレーキのスペックを上げた方がいいとは思います。
せめてSHIMANO SORAスペックのメカニカルか、TRP Spyreか。
BESV JR1のスポーツ性が高すぎるが故の、問題だと思います。
ミニベロタイプなら対応できたかもしれませんが。
DSCN8120vf.jpg
BESV JR1最大の武器は、フレームのシンプルさ。
見ての通り、バッテリーは収納されているし、BB回りは通常のクロスバイクそのもの。
一見すると、eBIKEと分かりにくい。
が……機能性や走行性能は間違いなくeBIKE


DSCN8121vds.jpg
タイヤ 700x35C(仏式)
Shimano Deore 10s採用

メインコンポには信頼性の高いShimano Deore 10sを採用

リアドライブタイプとはいっても、最新のリアドライブだけあってモーター部の大きさはスプロケットに隠れている。
(´・ω・`)こんなに小さいモーターなのに、どこからあのパワーが……
パワー重視というよりは、スピード性重視。

16.1kgの軽量さはどうだった?
ええっと、アシストを効かせている時は感じにくいかな?
電源OFFにしてアシストを切った時に、効果を発揮すると思う。
リアにモーターを配置した事により、むしろ走りのバランスが良くなっていた。
クロスバイクでも、リアに内装変速を搭載することによりいい走りをする場合があるけど。

ただ、リアのタイヤの消耗がどの程度になるかは、実際に使用してみないと分からない。

アシスト走行可能距離は115km。
いずれにしても、距離をこなすのに適した走行性能なのでは?
街乗り重視と言うよりは、遠乗り重視。
やはりeBIKEをクロスバイク化すると、どのモデルも街乗り以上の走行性能になってしまうんですよね。
少なくとも「アシストが重い」「もっさり」「変速が鈍い」「液晶が見にくい」と言った問題とは無縁のスポーツタイプ。

(´・ω・`)BESV JF1って、ありそうでなかったスピードタイプのeBIKEですよね。
どうしても、eMTBの方が主流になっていて、走破性などが重視されてしまいますが。
あと電動ロードに近い走りをするので、電動ロードの様な走りをクロスバイクでこなしたい方にいいですね。
BESV ベスビー JF1 電動自転車 E-bike イーバイク

スポンサードリンク

2019年04月19日 トラックバック(-) コメント(-)