2019 Fuji Gran Fondo Classico 1.1 軽量化を図りながら、ロードサイクリングのリムブレーキの伝統を忠実に守るためにあえてモデルチェンジ! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2019 Fuji Gran Fondo Classico 1.1 軽量化を図りながら、ロードサイクリングのリムブレーキの伝統を忠実に守るためにあえてモデルチェンジ!

2019 Fuji Gran Fondo Classico 1.1 軽量化を図りながら、ロードサイクリングのリムブレーキの伝統を忠実に守るためにあえてモデルチェンジ!



prod181877_Black_NE_02.jpg
2019 Fuji Gran Fondo Classico 1.1
FUJIが、長距離ロングライドイベント「グランフォンド」の為に制作したフルカーボンロードモデルです。
FUJI Gran Fondoという名の意味は、正にそのまんまで。
イタリア語でGran Fondoは「大きく移動」という意味。
グランフォンド系イベントの場合、平地や山岳コースなど様々な状況下で景色を楽しんだり、参加者同士で楽しみながら完走を目指していく訳です。
maxresdefaukyiyou(1).jpg

つまりロングライドイベントで使える性能を重視した故に、そのままの名称が与えられたのですよ。
(´・ω・`)フジモデルにしては、実に変わった方向性のロードモデルです。
参加者全員が完走を目指すイベントなどに、もってこいなバイクな訳ですね。
prod181877_Black_NE_01 (1)
Gran Fondo Classico 1.1はイベントに使用する為に、リラックスしたライディングポジションを重視したロードモデル

(´・ω・`)背の高いヘッドチューブとホイールベースを有しているフジにしてはちょっと珍しいモデル。
乗り心地を優先。直立したライディングポジションを取れるようにFUJIはバイクを設計しました、
カーボンフレームは、Gran Fondoイベント用に耐久性を重視したジオメトリ。
C5カーボンフレームと、軽量リムブレーキをあえて2019年モデルより採用してきた点も見逃せません。
(2018年モデルはディスクブレーキ仕様だった)

長距離ロングライドイベント用のモデルであるわけですが、興味深い事にFUJI Gran Fondoはレース性能も備えているそうです。
イベントを楽しむ為に快適性を必要とする乗り手の為に設計されてはいますが。
なんとFUJIアルタミラやSLシリーズなどの、FUJIカーボン系レーシングモデルの技術も投入。
(´・ω・`)容易に加速する上に、安定したハンドハンドリングも誇るそうですよ……
欧州のGran Fondoイベントは先頭集団が順位を競う場合があるので、レースに勝つパフォーマンスも有しているのでしよう。
つまり自転車版マラソンイベントの為のバイクか……だからトレーニングでの使用も、FUJIは推奨している。
prod181877_Black_NE_02y5e.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 300S Shallow Drop, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 133mm compact drop
ステム Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-7°


prod181877_Black_NE_02dgh.jpg
ヘッドセット FSA, 1 1/8" upper - 1 1/2" lower, integrated
フォーク FC-440 full carbon w/ tapered carbon steerer
ブレーキセット Tektro R540 forged-alloy dual pivot w/ cartridge pads
旧モデルはShimano Ultegra油圧ディスクブレーキを採用。
あえて、この2019年モデルよりリムブレーキ仕様に挑む辺りがFUJIらしいですね。
maxresdefaultte.jpg
Fujiはグランフォド競技における軽量化を重視。2019年モデルより、リムブレーキを採用
グランフォド競技においては、長距離を快適に走る必要がある為にディスクブレーキが有効ではあるのですが。
しかし、ディスクブレーキはどうしても重量面での増加を招いてしまう……
そこでFUJIは軽量化を図りながら、ロードサイクリングのリムブレーキの伝統を忠実に守るためにあえてモデルチェンジ。
2019年モデルからリムブレーキ仕様のGran Fondo Classico 1.1を設計しました。
(´・ω・`)つまり2018年モデルまでのディスク仕様から、2019年モデルはリムブレーキ化。
先祖返りした訳ですね。
prod181877_Black_NE_03mj.jpg
フレーム C5 carbon, integrated head tube w/ 1 1/2" lower, oversized PIIS BB86 shell, double water bottle mounts, oversized ETC chainstays w/ replaceable hanger

Gran Fondo Classico 1.1は伝統的なレーシングモデルよりも長いヘッドチューブを使用して、より長いライドで上半身の疲労を避けるためにわずかにより直立した姿勢が可能です。
直立気味のリラックスした姿勢にすることで、腰痛や肩の痛みを軽減。

Gran Fondo Classico 1.1フレームは、エントリーグレードC5ハイモジュラスカーボンフレームを採用。
(´・ω・`)快適性を高めたカーボンフレーム「C5ハイモジュラスカーボンフレーム」ですね。
フジのエントリーグレードカーボン「C5」は快適性重視のエントリーグレード。

でもC5ハイモジュラスカーボンフレームを採用したロードモデルって、エントリーグレードながら剛性も高めてくる傾向があります。

Fuji SL3.1とかもそうでしたが。
FUJI Gran Fondoはレーシング性能も有しているというFUJIの解説は、恐らくC5ハイモジュラスカーボンフレームの力によるところも大きいと思うのですが。
prod181877_Black_NE_03ye5w.jpg
BB Praxis M30/BB86
フロントディレーラー Shimano Ultegra, braze-on mount
クランク Oval Concepts 500, forged 6066 arms, M30 spindle, forged Praxis 50/34T rings
リアディレーラー Shimano Ultegra GS
カセット Shimano HG-700, 11-34T


快適なShimano Ultegraドライブトレインにより、急な登りにも十分に対応できます。
Grand Fondo Classico 1.1は、超高速で軽量のShimano Ultegra 11スピードドライブトレインを備えています。
そして、Shimano 11-34 T 11スピードカセットに適合したコンパクトなオーバルクランクセットを採用。
ありとあらゆる登りと下りに対応出来ます。
prod181877_Black_NE_03kggk.jpg
ホイールセット Vera Corsa DPM27, double wall, 24/28h, Formula road hubs
タイヤ Vittoria Zaffiro, 700 x 25c

Vera Corsa DPM 27ホイールに信頼性が高い、Vittoria Zaffiro 700x25タイヤを装着。
タイヤサイズを太くすれば、通常のロードでも移動できない路面も移動可能に。
2018年モデルは平坦な路面と砂利道双方をこなせたそうですが。
2019年モデルは速度の落ちにくいVittoria Zaffiro, 700 x 25Cを採用。
prod181877_Black_NE_01.jpg
prod181877_Black_NE_01gui.jpg
prod181877_Black_NE_03.jpg
サドル Oval Concepts 344, steel rail
シートポスト Oval Concepts 300, 6061 alloy, 31.6mm diameter

(´・ω・`)元々旧モデルは、スピード性を維持しつつバイクコントロールがし易いモデルだったとか。
Gran Fondoはその名の通りロングライド目的としていますが、グループライドや、砂利での走行、そしてスリルを味わう為に最適な? 
フジらしいモデルかもしれませんね。
しかし、あえてリムブレーキでそれに挑む辺りが本当にフジだな……。
お蔭で13万円程度ながら、フルカーボンフレーム仕様&アルテグラスペックというコスパの高い仕様になっています。
Fuji Gran Fondo Classico 1.1 Road Bike (2019)

スポンサードリンク

2019年04月21日 トラックバック(-) コメント(-)