2019 MERIDA eBIG.SEVEN 試乗体験インプレ 実際に乗ってみると流石に軽い…… スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2019 MERIDA eBIG.SEVEN 試乗体験インプレ 実際に乗ってみると流石に軽い……

2019 MERIDA eBIG.SEVEN 試乗体験インプレ 実際に乗ってみると流石に軽い……

DSCN8027gr (2)
2019 MERIDA eBIG.SEVEN
車重19.2kgと20kgアンダーeMTB、eBIG.SEVENに試乗しました。
シマノが欧州向けフラグシップドライブユニット「SHIMANO STEPS E8080」を搭載。

(´・ω・`)これが、MERIDA E-BIKE専用工場で製作された最新のアルミフレームか……
eBIKEやeMTBって、パワー面やアシスト性能、走破性などにどうしても注目してしまいますが。
2019 MEIRDA eBIG.SEVENの場合、メリダが誇る高いeMTB専用アルミフレーム性能に注目した方がいいですね。

実際に乗ってみると流石に軽い……これだけの仕様なのに19.2kg台まで重量を抑えている点が、走りに出ています。
20kg台オーバーだと、どんなにアシストパワーがあっても重みが走りに影響するんですが。


(非常に直線の走りに強いeMTB)
MEIRDA eBIG.SEVENって、直線の走りがいいんですよ。
普通eMTBって、登りに強かったり、ダブルサス仕様の場合下りに強かったりするんですけど。
MEIRDA eBIG.SEVENって、平地で実にアシストを効かせながらいい走りをします。

(坂道はパワフルにこなせる)
もちろん、軽量さが登りにもモロに出ていて、登り易いです。
ただ平地での疾走感が消えて、急にパワフルな走りに切り替わります。
平地だとアシストユニットと、乗り手が一体になって走る感じがしましたが。
登りだとアシストユニットが主体となった走りを展開。
(´・ω・`)やはり登りは「SHIMANO STEPS E8080」が前面に出てきますね。

(下り)
下りから、平地に切り替わるポイントがありましたが、割とショックが腕に来るかな?
と言っても、フロントサス160mmトラベルと比較した場合の話ですけどね。
通常のMTBと、下りに関してそう変わらない印象を受けます。
eMTBというよりは、通常のMTBを操作している感覚。
バッテリーや、アシストユニットの重量も下りではそんなに影響は受けていないかな。
DSCN7997grsdewf.jpg
2020 MERIDA eONE. SIXTY 800
やはり下りはフルサスモデルのeONE. SIXTY 800の方が楽しい。
路面に接地する際のショックや、悪路を突破する事を重視しているだけはある。
DSCN8022fw.jpg
MEIRDA eBIG.SEVENの長所って、この軽量感のあるフレームにある
取り扱い安いし、直線などの平地にスムーズ。
本格的な登りも行ける上に、普段使いに強いeMTBじゃないでしょうか?
(´・ω・`)メリダ系ロードって、スピードに乗るのが実に得意なんですが。
MEIRDA eBIG.SEVENもeMTBながら、スピードに乗せやすい。
山道や林道など確実にこなせる上に、普段使い用にも実に強い仕様になっています。
DSCN8025frw.jpg
アシストモードを変更する為のスイッチユニットはハンドル左側に配置。
(´・ω・`)説明不要な位、アシストモードのコントロールが可能。
基本的にSHIMANO STEPSって、凄くアシストモードが操作し易いんですよね。
しかもスイッチの形状が、エルゴノミック形状なので快適、快適。
DSCN8024fw.jpg
シフター Shimano Deore
やはりシフターはワンバイなので、変速操作そのものはシンプル。
実に気楽に変速が決まって楽しかった。
つまり変速系と、アシスト系双方が実に分かり易く、シンプルな仕様になっているんですよね。
だから、走行している最中、走りに徹する事が出来ましたよ。
DSCN8020fw (2)
フォーク Manitou Machete comp 27.5-100
フロントブレーキセット Shimano M6000

ブレーキはディオーレスペックのShimano M6000。
下りも、平地も特に問題無し。若干ダイレクトなブレーキ感だったが、下りにおける重量や、アシストパワーには十分対応していた。
タイヤサイズは 27.5x2.2と街中で使用しても、扱いやすい。
DSCN8029gre (2)
フレーム eBIG.SEVEN TFS
バッテリー Shimano E8010

大容量を実現しながら高密度化で重量を抑えたE8010 バッテリー
ECO モード 140km NORMAL モード 130km HIGH モード 95km

バッテリー部とフレーム部が一体となったデザイン。
あくまで個人的感想だけど、距離を走るのに向いているeMTBですね。
(´・ω・`)eBIKE系クロスバイクや、電動自転車代わりに使える機動力があっていいな。
普通に遠乗りとかに使ってみたい。そう思わせる走り。
DSCN8020fw (1)
MEIRDA eBIG.SEVENのフレームは、アルミなのにかなり複雑な形状なんですよ。
チェーンステーは短めに設定してあるので、軽いダッシュ力もある。
DSCN8027gr (1)
ギヤクランク Shimano E8000 w/ CRE80-B 38 L:170mm
見ての通り、BB周辺の溶接跡まで処理してある。
eBIKE専用フレームだけあって、走りもいいし見た目も美しい。
DSCN8023gre.jpg
リアディレーラー Shimano Deore Shadow+
ギヤ Shimano CS-HG500-10 11-42

坂の下りでも、体重移動がしやすい。
ぶっちゃけ、アシストユニット無しでも良く出来たMTBですね。
なんだかんだで、MTBってフレームなどの軽さがモロに走りに出やすい傾向があります。
実際eMTBにおいても、軽さって重要だと再認識しました。
アシストをしっかり効かせてグラベルロード代わりに使用しても、いけそうだ。
DSCN8029gre (1)
フロントフォークのトラベル量を160mm位に設定すれば、更に下りや悪路に強くなりそう。
ただ、平地に強いeMTBという長所が個人的に気に入っている。
eONE.SIXTY 800は太目の27.5PLUSタイヤを装着した、本格山用エンデューロモデルだけど。
MEIRDA eBIG.SEVENは平地に強い、軽量スピード重視のeMTBなんですよ。

(´・ω・`)普段使いや、距離をこなしたいなら間違いなくMEIRDA eBIG.SEVENの方が美味しいですね。
「パナソニック」2019 XM-D2「EWMD42」27.5インチ 20段変速 電動自転車

スポンサードリンク

2019年04月22日 トラックバック(-) コメント(-)