MIYATA RIDGE-RUNNER(ミヤタリッジランナー)試乗体験インプレ まるでファッティバイクに乗っているような感覚! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 電動アシスト自転車 > MIYATA RIDGE-RUNNER(ミヤタリッジランナー)試乗体験インプレ まるでファッティバイクに乗っているような感覚!

MIYATA RIDGE-RUNNER(ミヤタリッジランナー)試乗体験インプレ まるでファッティバイクに乗っているような感覚!

DSCN8030jyr.jpg
MIYATA RIDGE-RUNNER
MIYATAのeMTB、ミヤタリッジランナーに試乗しました。
(´・ω・`)まるで、ファッティバイクに乗っているような感覚だった。
27.5×2.8インチタイヤなので、27.5+のセミファットサイズではあるんですが。
やはりこのサイズだとスピード性よりも、走破性や強力なグリップが前面に出た走りをするんですね。
しかも通常のセミファッティとは違い、eBIKEである訳だから楽な走りが出来るわけだと……
61fxI6XtAxL.jpg
( ;゚ω゚) ミヤタリッジランナーの走りって、まるでリックドムですよね?
走行中の重量感というか重装甲感が、まるでドムみたいだ。

デザインもジオン軍のMSを思わせる。いやマジで。

下りを意識したeMTBという印象。下り走行時において、サドルの高さを調整する為のドロッパーシートポストも用意してありましたし。

あとは、平地での走りの安定感がやはりファッティ。
スピードを出したり、するタイプではないですね。
いかに確実に、路面の悪路や凹凸に対処するか? その事を重視している。

(MIYATA RIDGE-RUNNERは、登板性能に関して多少重みがある)
もちろん、強力なeMTB用アシストユニットShimano STEPSを採用してあるので、苦労せずに登りますよ。
ただフレームとタイヤの重みが、他のeMTBと比べて多少脚にきますね。
逆に下りは安定していて、坂から路面に接触する際、タイヤと130mmトラベルのフロントサスのお蔭で衝撃はそれ程来ませんでした。
(´・ω・`)下りの安定感がすこぶるいいですね。
あくまで平坦な下りでしたが。それなりに障害物や悪路を伴った下りの場合しっかりこなしてくれそう。
201904211158002a7cxascd.jpg
MERIDA eBIG.SEVEN
逆にMERIDA eBIG.SEVENの場合、19.2kg台まで重量を抑えている点が走りに出ています。
兎に角登りを楽にこなしてくれるんですよ。
両モデル共に欧州向けフラグシップドライブユニット「SHIMANO STEPS E8080」を搭載している訳ですが。
タイヤサイズは 27.5x2.2。
フレームの軽さや、適度なタイヤサイズなのでスピード性も楽しむ事が出来る。
下りはMIYATA RIDGE-RUNNER、登りは MERIDA eBIG.SEVENが得意。
DSCN8030vfs.jpg
サイクルコンピューター Shimano STEPS SC-E6010
シフトレバー Shimano DEORE SL-M6000R
ブレーキレバー Shimano DEORE M6000

確か左ハンドル側にフロントサスの動きをロックする為のリモートロックアウトを装備。
逆に右ハンドル側には、ドロッパーシートポストの為のレバーが用意されている。
ですので、走行中にフロントサスを固定したり、シートポストの高さを調節可能な訳ですよ。

また左ハンドル側に、アシストパワーを調節する為のスイッチを配置。
本格MTBの為のギミックが満載だが、リアルにファティバイクをコントロールしている様な錯覚に襲われた。

また、登りはシマノステップのアシストモードにおいて、最大クラスのアシスト設定「ハイモード」を使用しました。
他のeMTBと比べて、アシストモードは高めに設定してしまいたくなりまして……
DSCN8032vfds (1)
ドライブユニット Shimano STEPS DU-E8080 250W
やはりSHIMANO STEPS E8080のアシストパワーは強大。
重量感のあるフレームもエアボリュームのある27.5+タイヤも、シマノステップがどんどん引っ張ってくれる。
(´・ω・`)SHIMANO STEPS E8080はやはり、MTBに搭載してこそそのパワーを十二分に発揮できる。
やはりそのあたりがドムっぽい。
DSCN8032vfds (2)
ハブ Shimano DEORE F/15mm E-Thru R/12mm E-Thru
フロントブレーキ Shimano DEORE HYDRODISC w/180mm Rotor
フロントサスペンション SR SF18 RAIDON34 DS BOOST RCR
フロントサスペンション BOOST規格のSR SUNTOUR製フロントサスペンションを採用
走破性と下りに重点を置いたeMTBと言っていいでしょう。
ブレーキはシマノディオーレの油圧式でしたが、下りにおいてしっかりブレーキが決まりました。
要するにだ、27.5+のセミファットサイズのタイヤで快適に走る為のeMTBとも言える。
(´・ω・`)普通に走ったら、確かにこのサイズだと重いもんな……
DSCN8030ftyiuyui.jpg
フレーム RIDGE-RUNNER Alloy Special edition 27.5
バッテリー Shimano STEPS BT-E8010 36V 14Ah

ギヤクランク Shimano STEPS SM-CRE80 w/o CG 34T+ FC-E8000CX 170mm
シートピラー Dropper Seat Post ブラック φ =31.6mm ストローク長100mm
一充電走行距離の目安ECOモード140km NORMALモード130km HIGHモード95km

モビルアーマーというよりは、フルアーマーバルキリーかフルアーマーガンダムみたいな重厚感のあるフレームだった。
恐らくそんじょそこいらの悪路など、ミヤタリッジランナーの敵ではないと思わせる走り。
軽量アルミフレームにはない、重厚感のあるアルミフレームだ。

(´・ω・`)ただ、アシスト無しで走ってみたのですが。
相当走りが辛い事になりますので、走行中は絶対バッテリー切れには注意した方がいいです。
やはりその辺は重量級のセミファッティですので、アシスト無しだとモロに脚にきます。
DSCN80307t67yi.jpg
リヤディレーラー Shimano DEORE RD-M6000 SGS 10S
フリーホイール Shimano CS-HG500-10 11-42T
タイヤ/ チューブ KENDA K1184A 27.5 2.8 F/V w/KENDA logo


27.5×2.8サイズのワイドタイヤを採用。セミファッティタイヤの強力なグリップ力を存分体感できますよ。
まるで、路面を粉砕しているかのようw
27.5+やファッティの楽しさを味わう為のeMTBですね。


スピード性はやはりセミファットタイヤなので出にくいですが、他のeMTBと比較しても悪路走破性は高めに設定されています。
少なくとも道を選ばなくていい、eMTB。

(´・ω・`)ファッティバイク好きなら、このミヤタリッジランナーってど真ん中にくるeMTBですね。
実はリッジランナーって、相当マニアックなeMTBだと思いますよ
案外米国系MTBのデザインが、似合いそうな気もしますが。
ちょっと走りのテイストが、他のeMTBと全然違う個性があります。
「ミヤタ」2019 RIDGE-RUNNER(リッジランナー)「VRG438」 27.5インチ(650B) 10段変速 電動自転車 マウンテンバイク

スポンサードリンク

2019年04月27日 トラックバック(-) コメント(-)