2019 Cinelli Gazzetta Della Strada 名門チネリの優美なスポルティーフタイプのツーリングモデルですが、都市での使用を最初から多目的に考えている スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > cinelli チネリ > 2019 Cinelli Gazzetta Della Strada 名門チネリの優美なスポルティーフタイプのツーリングモデルですが、都市での使用を最初から多目的に考えている

2019 Cinelli Gazzetta Della Strada 名門チネリの優美なスポルティーフタイプのツーリングモデルですが、都市での使用を最初から多目的に考えている


prod185477_Green_NE_01.jpg
Cinelli Gazzetta Della Strada Touring Bike (2019)

CinelliのピストバイクGazzettaを、ツーリング様式に多段化したのがCinelli Gazzetta Della Strada です。
(´・ω・`)どちらかというと、ツーリングというよりはフランススポルティーフタイプかな?
美しいチネリスチールモデルに乗るというスリルを楽しみつつ、市内の通勤で快適に使用したい方に作られたモデルです。


メインコンポにシマノターニー7速。
2018年モデルまではシマノクラリススペックでしたが、2019年モデルからはシマノターニー仕様にダウングレード。
いくらか、価格がよりリーズナブルになっています。
ドライブトレインのカラーも2018年モデルは、クラリスのシルバーカラーが目立っていましたが。
2019年モデルからはブラックが目立ちますね。
prod185477_Green_NE_02.jpg
フレーム Coloumbus Cromor Double Butted Steel
フレーム重量 2.1kg

フレームはコロンバスクロモ製ダブルバテッドスチール製で、毎日の通勤や長旅で使用する事を想定して、きちんと防錆処理が施されています。
フェンダーや前後ラックが搭載されている様式は、2018年モデルの路線を引き継いでいます。

Gazzetta della Stradaは、Cinelliはフランスの伝統的な、スポルティーフを都市用に現代に蘇らせたバイクです。
フランスではGazzetta Della Strada は伝統的なランドナーバイクという位置づけですが。
(´・ω・`)個人的には毎日の都市通勤、また週末のツーリングに使える日常性の高いフランス系スポルティーフだと思うのですが。

いずれにしても、現在の都市生活でも使えるように考えたモデルでもあります。
「日常性」を重視しているので、どんな天候や輸送タスクをも処理できるように泥除けやキャリアーを生かせますね。
prod185477_Green_NE_03.jpg
バーテープ/グリップ CINELLI Microfiber tape
ハンドルバー CINELLI Handlebar 6061
ステム  CINELLI 6061 Stem

Gazzetta Della Stradaは伝統的な「ブルべ」に使えるように、快適さを重視したロードジオメトリを採用。
快速感を犠牲にすることなく快適で安全なライディングポジションを重視しています。

「ブルべ」……定められたコースを制限時間内に完走することを目的とする、フランス発祥のサイクリングイベント。
ブルべに参加するサイクリストを、フランスでは伝統的に「ランドヌール」を呼びます。
時速15km程度の速度で、通常200kmから1400kmを走破する。
スポルティーフは本来ブルべに使用する為のバイクでありました。
ブルべはバイクのデザインコンテストも同時に行っていたので、デザイン面も華やかなモデルが多いです。

変速はWレバーではなくSTIタイプ。
補助ブレーキも標準装備。街で走行する為に、補助ブレーキが用意されています。
フロントキャリーアは最大10kg積載可能。

フロントキャリアーがいらない場合は、ボルトを緩めれば取り外せます。
(ただし補助ブレーキがあるので、大き目のフロントバッグを使用する際は補助ブレーキを取り外す必要があります)
prod185477_Green_NE_01bdgfd.jpg
フォーク Columbus Cr-Mo Steel 1" - 1/8
ブレーキ Tektro Caliper Long reach (55-73mm)
フロント QR 100mm
ホイールサイズ 700c (622)
タイヤ KENDA / 700x28c

フェンダー up to 700x28c w/ fenders

(´・ω・`)ホイールサイズに650Bなど特有の太いホイールサイズに太いタイヤを採用したランドナーというよりは、700Cホイールを採用した「スポルティーフ」を現在に蘇らせたモデルですね。

先程説明した通り、スポルティーフとはフランス発祥の「ブルべ」に使用する為の、700cホイールを採用した快走仕様のツーリングバイクです。
だからこそ、走破性と快速性を重視した28Cサイズのタイヤサイズを採用しているのでは。

(スポルティーフとしての機能性を、日常で生かす為の仕様)
本来はスポルティーフはフロントキャリアーのみが主流だが、Gazzetta Della Stradaには日常性などでの荷物の積載量を増やす為にリアキャリアーも用意してある。
前後に用意された泥除けはもちろん、雨季でも走らなくてはならない通勤者にはもってこい。
もちろん、ビジュアル的にもスポルティーフの様な伝統的なデザインを日常的に楽しめますね。
prod185477_Green_NE_02fwe.jpg
クランクセット  Shimano Tourney
リアディレーラーShimano Tourney / 7-Speed
チェーン KMC

フェンダー付きでは、タイヤは最大28Cサイズまでですが。
取り外せばさらに太目のタイヤを取り付け可能な。クリアランスを確保してあります。
最初から多用途での使用を想定している点が面白いですね。
prod185477_Green_NE_02fcad.jpg
シートポスト CINELLI Seatpost 6061
サドル BROOKS B17

サドルはブルックスの革サドルが最初から用意されている。その伝統的な外観だけでなく、快適においても伝統的な革ブルックスB 17サドルによって強化されています。
キャリアーは耐荷重最大18kg
しかも高さや角度も簡単に調節出来る。

チネリとしては自転車を使って通勤するユーザーや、ヴィンテージスタイルを好むユーザーの為にGazzetta Della Stradaを世に送り出した経緯があります。
だからこそ通勤にも使える泥除けにフロントとリアキャリアーで、ヴィンテージ感と通勤における実用性を両立。
そしてBrooks B17サドルを採用し、よりヴィンテージデザインを強調したかったのでしょう。

逆にフェンダーやキャリアーを取り外せば、イタリアンスチールロードとしての使用も可能。
名門チネリの優美なスポルティーフタイプのツーリングモデルですが、都市での使用を最初から多目的に考えている点がユニークですね。
Cinelli Gazzetta Della Strada Touring Bike (2019)

スポンサードリンク

2019年05月02日 トラックバック(-) コメント(-)