GUSTO RCR Team DURO Sport Ultra試乗体験インプレ コストを抑えて、良質のフレームとパーツを手に入れるなら面白い選択肢 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GUSTO > GUSTO RCR Team DURO Sport Ultra試乗体験インプレ コストを抑えて、良質のフレームとパーツを手に入れるなら面白い選択肢

GUSTO RCR Team DURO Sport Ultra試乗体験インプレ コストを抑えて、良質のフレームとパーツを手に入れるなら面白い選択肢


DSCN8202czx (1)
GUSTO RCR Team DURO Sport Ultra

GUSTOの新型エンデューロモデル「DURO Sport Ultra」に試乗しました。
(´・ω・`)105スぺックにカーボンチューブラーホイールが付いてきて税抜きで22万円台というあり得ないスペックですが。
ここ最近GUSTOに勢いを感じるので、試乗してみることに。

フラグシップモデル「GUSTO RCR Team DURO Limited」(アルテグラスペック)と共通のフレームだそうだ。
(DUROのフレームは、東レT-800をベースにBB周りにT-1000を使用)
DSCN8194vf.jpg
フラグシップ GUSTO RCR Team DURO Limited 【アルテグラ&ATTAQUEカーボンホイール(チューブラー)】 
ミドルグレード GUSTO RCR Team DURO Sport Ultra 【105&ATTAQUEカーボンホイール(チューブラー)】 
エントリーグレード GUSTO RCR Team DURO Sport 【105&Campagnolo Calima仕様】

フレームそのものは共通で、コンポと仕様でフラグシップ➝ミドルグレード➝エントリーグレードと分かれているんですね。

このセカンドグレードモデルの「DURO Sport Ultra」はフラグシップモデルと同様のフレームながら、105スペックを採用し価格を22万円台抑えている点がポイント。
更に驚いた事に、完成車ですがホイール にはATTAQUEカーボンホイール(チューブラー)を採用。
ホイールがCampagnolo Calima仕様のエントリーグレード「DURO Sport」だと、なんと18万円台だそうだ……

( ;゚ω゚)乗る前から、DUROシリーズの価格と仕様に圧倒されてしまった……
DSCN8201jyr.jpg
GUSTO RCR Team DURO Sport Ultra試乗体験インプレ

①路面追従性が高いコンフォートモデルです。
追従性というよりは、路面との密着感があるかな? この密着感はどの速度域でも見られました。つまり高速で走っても、安定感が高いフレームです。
(´・ω・`)多分DURO Sport Ultraに初めて乗ってみると、路面との密着感を体感できるはず。

②スピードの乗りそのものはいい。
ただし一気にスピードに乗るタイプではなく、徐々に速度に乗っていくタイプ
スポーツモデルというよりは、エンデューロモデルの中にスポーツ性を隠し持っている感じ?
速度を維持する能力そのものは高いです。そういう意味において、スポーツ性が高いと言うならそうかもしれない。

③スピードに乗っている時の姿勢が楽
基本的に楽な姿勢で、速度を維持する能力に長けています。推進性や加速性は標準のカーボンフレームクラス。
リラックスした姿勢で、速度を出せる点が楽だった。ちなみに、高速域まで速度を持っていっても疲労感が少ない。

④衝撃吸収性は?
標準クラスよりは上。それよりもリラックスして乗れるフレーム形状が、実に効いている。
コンフォート性能は、フレーム形状に依存しているタイプのエンデューロモデルですね。
ただコンフォート性能を極限まで高めたというよりは、スポーツ性とコンフォート性能のバランスを上手くとっているフレーム。

⑤チューブラーホィールについて
扱い易い印象だった。特にカーボンホイールだからって構えずに普通に走れるタイプ。
やはり速度を維持するのが得意ですね。かなり数多くの方が試乗されていたようだけど、がたつきみたいなのはなかった。
割と堅牢に出来ている感じ。

⑥速度が逃げにくい。加速性そのものは滑らか
一気にばひゅーん! とフラグシップクラスって高速域まで加速してくれるじゃないですか?
DURO Sport Ultraは、ヌルヌルと実に滑らかに加速するタイプ。
つまり割と体力的消耗を抑えながら加速するのが特徴。
コンフォート性能58%にスポーツ性42%という感じですね。
実際にレースに使用しているという話を聞くと「ああ、確かに」とは思うんですよね。
劇的に剛性が高いという訳ではなく、徹底的にコンフォートという訳ではない。
走りのバランスが、上手く取れているタイプのエンデューロモデル。
DSCN8202czx (2)
あとGUSTOって日本上陸時は、他ブランドより一世代前の性能という印象でしたが。
(だからこそ、価格を抑える事が出来た)
現在の2019年モデルのGUSTOは、間違いなく最新のロード性能ですね。
性能面に関しては、日本上陸時よりも飛躍的に向上していると確認。
DSCN8205bfd (2)
ホイール  ATTAQUEカーボンホイール 45mm(チューブラー)
グストオリジナルの低風力と空力特性を備えた設計のホイール。
加速時のホイールによる乱流を抑え、抵抗を相対的に減少させる効果を持っている。

フロントフォークはベントフォークタイプ。
カーボン素材も重要かもしれませんが、フレームやフォークの形状で快適性を稼いでいるタイプ。
あとカラーリングが左右非対称なのもポイント。
見ての通り、フォークやフレームカラーが左右で異なります。
実はデザインもさり気なく凝っていました。
DSCN8206bd.jpg
シフトレバー shimano R7000
DSCN8207bf.jpg
ブレーキ shimano R7000
ブレーキ感はやはりカーボンホィールだけあって「シュルシュル」とカーボンホィール特有の音がする。
が105ブレーキとの相性がいいせいか、普段通りに近いブレーキ操作が出来た。
(´・ω・`)特にブレーキ性能に関しては、怖いといった感想はないかな。
DSCN8208td (2)
フロントディレーラー shimano R7000
チェーンホィール shimano R7000 50/34T

BB周辺にT1000カーボンを採用。
巡行中速度がスムーズに伸びていくのは、このBBもからんでいるんでしょうね。
DSCN8208td (1)
DSCN8205bfd (1)
シートポスト CONTROL TECH CLS(Alloy)
サドル Selle Italia NOVUS BOOST

ショートノーズデザインのセライタリア NOVUS BOOSTを採用。
ケツが楽なのに、踏み込みやすい実に面白いサドルだった。
ちょっと、普段用に欲しい。
DSCN8204dr.jpg
リアディレーラー shimano R7000
カセット ULTEGRA R8000 11-28T

(´・ω・`)やはりこんだけ価格を下げているのに、きちんとしたエンデューロモデルモデルとしても性能を獲得している点に驚いた。
衝撃吸収性も加速性も、確かに現在の最新系エンデューロモデルの性能を有している。
GUSTO RCR Team DURO Sporは105スペックで18万円台らしいけど。
確かにコストを抑えて、良質のフレームとパーツを手に入れるならグストって面白い選択肢ですね。
性能に関しても、コスパが高いです。

ただし他ブランドの、100万前後のフラグシップクラスのエンデューロモデルに対抗出来るかというと……ちょっと厳しい。
ミドルグレードよりちょっとワンランク上の性能かな? 
それでも、この価格ならかなり美味しいはずです。
【Sale】新品 オルベア Orbea オルカエアロ ORCA AERO M20TEAM ULTEGRA R8000 2018年 カーボン ロードバイク 53サイズ オレンジ【送料無料】

スポンサードリンク

2019年05月08日 トラックバック(-) コメント(-)