Condor BARACCHI試乗体験インプレ メイドインイタリー製英国モデルの実力は? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 未分類 > Condor BARACCHI試乗体験インプレ メイドインイタリー製英国モデルの実力は?

Condor BARACCHI試乗体験インプレ メイドインイタリー製英国モデルの実力は?

DSCN8278x (2)
Condor BARACCHI
英国ロードブランドCondor(コンドル)に試乗してみました。

(´・ω・`)とりあえず、コンドルがどんなブランドか知らなかったので特徴をピックアップすると以下の通り。
英国コンチネンタルチームの使用フレーム。
1948年創業のロンドン中心部に位置するバイクショップ。
顧客はミックジャガーにエリッククラプトンなどがコンドルバイクのファン。
英国ロックスターの顧客が多数。

DSCN8215cds.jpg
また、ロンドンのシティライフを支えるバイクブランドとして、通勤、ポタリング、ツーリング等の幅広い用途に対応するバイク製造でも定評があるそうです。
またコンドルのデザインや生産体制も実にユニークなんですよ。
英国ブランドなんですけど、イタリアが大きく関わっているのですよね。
DSCN8276xz.jpg
コンドルのフレームは全てイタリアで生産
(´・ω・`)コンドルは英国ブランドなのですが、なんとフレームはイタリア生産。
イタリアの有名フレームが台湾などで製造している中で、コンドルはカーボン&スチールフレームをイタリア工房で生産されている。
なんとデザインは英国、生産はイタリアという欧州系を中心とした生産体制を取っているのですよ。
つまりメイドインイタリーの英国モデルという、ちょっとユニークなロードバイクブランドでもある。

Condor BARACCHIはロングライドに適したエンデューランスモデル。
「バラッキ」という呼び名で、低スピードでも快適な乗り心地を重視したモデルだ。
DSCN8272vdsxz (1)
フレーム重量 1000g (55cm frame, painted)
フォーク重量 340g


Condor BARACCHI試乗体験インプレ
なるほど……これがハンドメイドカーボンフレームか。

乗り易いですね……・乗っているとついつい流したくなる。
特に走りに奇をてらっておらず、素直に乗り易さを体感出来ます。
DSCN8277fds (1)
特徴的な形状のトップチューブや、カラーリングもバラッキの特徴の一つになっている。

(英国デザインという事になっているが、やはりイタリア系ロードの特色を受け継いでいる)
確かに巡行性能そのものは高く、乗り易い。
ただこのコンドルバラッキは、通常のコンフォート系モデルにはない走行性能がある。
脚が速いんですよ。
バラッキは、ゼロ加速性能そのものはおっとりしています。
しかし、強力な推進力こそはありませんが、スピードを出せてしまう。
が、速度を出している最中も、乗り心地が良くてスポーティーな気分になれない。
(´・ω・`)これは……変わっている……
コンフォートモデルでも確かに速度を出せるモデルはいくつもありますが。
大抵速度に乗ってくると、スポーティーな走りに切り替わる事が多いです。

ところが……コンドルバラッキは確かに速度に乗っているのが分かるんですが、とてものんびりした乗り易い走行感がそのままなんですよ。
「ああ、速度が出ているな……」
そんな感覚。
DSCN8282xx (1)
スピードが出せる。しかし乗り心地が良すぎて、スポーティーに走りたくなくなる。
コンフォート性+スピード性

(´・ω・`)それなりに快速で走れるのに、速度を抑えたくなる不思議なロードだった。
一応スピード性とコンフォート性を兼ね備えているコンフォート系ロードととらえてくれていいい。
ツーリングやその辺を流すのに、丁度いいロードではあるんですが。
とはいえ、いざとなると快速で走れる能力が面白い!
DSCN8281vds (1)
DSCN8272vdsxz (2)
ヘッドバッジにコンドルのロゴ。全体的にイタリア色が濃い。
フレームのデザイン的には、まるでイタリアンモデルのデザインに近い感じが。
イタリア国内系工房で、実際に職人の手で制作されているフレームだけあって、乗り味もデザインもイタリア系ロードにどことなく近い。
(すくなくとも米国や台湾、日本国内系ブランドにはないテイストだった)
英国系モデルではあるけど、イタリア系ロードが好きな方には持って来いだと思う。
DSCN8278x (1)
フォーク Deda Surf full carbon 1-1/8″ to 1-1/2″
フロントフォークそのものがうねっている。
やはりピナレロONDAフォークを思わせるフォークデザインだ。
ピナレロもコルナゴ、ビアンキ、デローザと並ぶ代表的なイタリアンブランド。
このフォーク形状はピナレロの影響を受けている??
DSCN8282xx (2)
ホイールにCampagnolo SCIROCCOあたりをもってくれば、イタリア色がかなり濃くなりそうなデザイン。
DSCN8284vds (1)
フレーム Condor optimised custom carbon with nano resins
フレームの水玉デザインは英国ファクターバイクを思わせる。
(´・ω・`)でも、このブルーがなんとなくビアンキを思わせる様なブルーの色使いなんですよね?
でも英国ブルーすらも感じさせるデザインだし……
DSCN8294vds.jpg
BB BSA
FD取り付け バンド
ちなみにレーシング性能はあると言えばある。
コンフォートモデルとはいえ、あの快速性を活用するのも楽しそうだ。
(´・ω・`)ただ、グランフォドなどの長距離系イベントに一番使えるのでは?
デザインが実にユニーク。英国とイタリアが混じった様な、どこにもない高級感がある。
DSCN7031hrvds.jpg
DE ROSA IDOL
(Condor BARACCHIに似ているブランドは?)
一応英国系イタリア生産ブランドという話だけど。
系統的にはビアンキやデローザなどのコンフォート系ロードモデルに少し走りが似ている。
どちらかというと、イタリア系ロードに近い。
DE ROSA IDOLはフレームそのものの形状で乗り易くしている。
スポーツ性能に関しては巡行性能高め、スピードに一度乗るとすーっと走ってくれますね。推進力や加速性を強化したタイプではなく「走行中、いかに楽が出来るか?」に徹したモデル。
爆発的な加速や推進力こそはないが、走りが綺麗で美しい。踏み込めばその分だけペースをつけて走ってくれる……。

(´・ω・`)以上がDE ROSA IDOLの走りの特徴ですが。
Condor BARACCHIの走りのテイストは、DE ROSA IDOLに一番近い感じがしました。
両モデル共に快適性を重視しつつ、強力な推進力こそはないがスピードに乗り易いというか。

やっぱりコンドルの走りに関しては、イタリア系ロードなんですね。
44%オフ De Rosa - Idol 7000 FSA Team35 (2018)

スポンサードリンク

2019年05月16日 トラックバック(-) コメント(-)