今週のWiggleセール品情報(2019年5月18日) Marin Cortina AX1が40%OFF! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 大特価情報 > 今週のWiggleセール品情報(2019年5月18日) Marin Cortina AX1が40%OFF!

今週のWiggleセール品情報(2019年5月18日) Marin Cortina AX1が40%OFF!


今週のWiggleセール品情報(2019年5月18日)です。
シクロクロス&グラベルロード系のセール品をまとめました。
(´・ω・`)やはり世界的に人気のあるジャンルのせいか、セールに出ても人気のあるサイズはすぐ完売というパターンが多いですね。
prod186799_Satin Black - Grey Fade_NE_01
Marin Cortina AX1 Cyclocross Bike (2019)
定価 ¥199999➝40%オフ¥119999
これ、米国本土走破用アルミシクロクロスモデルMarin Cortina AX1 じゃないですか?
Schwalbe X-One Allround, 700×35Cサイズのタイヤを装着。
(´・ω・`)カテゴリー的にはシクロクロスモデルなんだけど、長距離を走破する為の仕様なんですよね。
graegaere35.jpg
米国本土ではハードな未舗装路を、MTB代わりにグラベルロードとして長距離走破するにはタイヤ幅は35~45mm位必要になってくる。
だからこそCORTINA AX-1にはシクロクロス向きの700×33Cではなく、いきなり700×35Cサイズのタイヤが用意されている訳ですが。
マリンのプロモーション動画を見ると普通に、山道を走破していますね……。
ikytyjr.jpg

日本国内においては20万円台ですが、今回11万円台でセール!
(´・ω・`)とはいえ、Marin Cortina AX1って定価そのものもリーズナブルなのに。
コストをかけずに、よくここまで機動性を引き出したもんですね。
カッコいい……

Marin-Gestalt-X10-Gravel-Bike-2018-Adventure-Bikes-Satin-Liquid-Silver-2018-725623004.jpg
Marin Gestalt X10 Gravel Bike (2018)
定価 ¥149999➝40%オフ¥89999
SRAM APEX1x10仕様のアルミグラベルロード。
(´・ω・`)カーボンフォークに急な登りを簡単に克服できるように、11-42Tカセットを搭載したSRAM 1x10スピードドライブトレインを用意。
ブレーキはTektro Spyreメカニカルディスクブレーキ。
Marin Gestaltの 1x10スピードドライブトレイン仕様は、日本未発売の仕様ですね。
今なら8万円台で買えるのか……
prod172439_Curtis Orange_NE_01
Genesis - Datum 20 Adventure ロードバイク (2018)
定価 ¥319999➝36%オフ¥204200
フルカーボンフォークにシマノ105 11速ドライブトレイン&油圧ディスクブレーキ仕様。
新興英国ブランドGenesisのアドベンチャーモデルですね。
(´・ω・`)やはりアドベンチャーモデルやシクロクロスモデルセール品も、英国&米国系がメインになるか。
Felt-F4X-2018-Cyclo-Cross-Bike-Internal-Matte-TeXtreme-Slime-2018-11755055.jpg
Felt F4X (2018) Cyclo Cross Bike
定価 ¥383555➝44%オフ¥210999
UHC Advanced + TeXtremeカーボンフレーム仕様のシクロクロスモデル。
SRAM 1x11スピードドライブトレインとSRAM Rival油圧ディスクブレーキを装備した1×11仕様。
(´・ω・`)ドイツブランドながら、今や米国にも拠点を置くフェルト。
やはりいいサイズは、即完売の模様。
prod159197_Grey - Blue_NE_01
Rondo Ruut ST Gravel Bike (2019)
¥239999
あと、これはセール品ではないですが。
ウィグルで、非常に人気の高いグラベルロードモデルですね。
(´・ω・`)Rondoという、ポーランド発の新興バイクブランドのグラベルロードモデルです。
スチール製のチューブは、なんとTange製。 Panaracer Gravel Kingを採用するなど、日系ブランドのパイプやパーツを積極採用しているちょっとユニークなポーランド系グラベルロードです。

ポーランドでは、冬は堅く、寒く、凍り付いて、雪もたくさんある。
しかもポーランドの冬のトレーニング中に車やトラックと一緒に走るのはとても危険。
それでRondoは冬を通して多くの砂利道などで使うことができるバイクが欲しいと考えたそうな。
そこで注目されたのがこのグラベルロード。
prod159197_Grey - Blue_NE_06
Tange高強度スチールフレーム Panaracer Gravel Kingを採用するなど、日系ブランドのパイプやパーツを積極採用。

頑丈で軽量なTange高強度スチールフレームとフロントにカーボンフォークが装備。
SRAM Rival 11-Speedグループセットは、効率的な上昇と速い加速のための非常に滑らかなシフト性能を提供。
下り坂やオフロードを乗りこなす為に、Ruut STは雨天時でも強力な制動力を確保しているSRAM油圧ディスクブレーキ。 Panaracer Gravel Kingタイヤなど日系パーツを積極採用している点がユニーク。
prod159197_Grey - Blue_NE_02
prod159197_Grey - Blue_NE_04
ウィグルのバイク売り上げランキングやグラベルロードの売り上げなどにおいて、このRondo Ruut STが上位に食い込んでいるんですよね。
(´・ω・`)しかも値引き無しの定価なのに、この人気。ウィグルとしても全く値引きをしない強気の姿勢なのに、この人気。
しかもデザインがちょっと東欧系? 
見ての通り、今までにないテイストのグラベルロードです。
値引き情報じゃないけど、個人的にこのポーランド系グラベルロードがちょっと気になっています。

スポンサードリンク

2019年05月19日 トラックバック(-) コメント(-)