PASSONI TOP FORCE イタリアミラノの名門ブランドPASSONI「パッソーニ」のフルオーダーレーシングチタンモデル スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 未分類 > PASSONI TOP FORCE イタリアミラノの名門ブランドPASSONI「パッソーニ」のフルオーダーレーシングチタンモデル

PASSONI TOP FORCE イタリアミラノの名門ブランドPASSONI「パッソーニ」のフルオーダーレーシングチタンモデル

DSCN8338rgkmtrgew.jpg
PASSONI TOP FORCE
イタリアのハンドメイドチタンモデル「PASSONI TOP FORCE」
イタリアミラノの名門ブランドPASSONI「パッソーニ」の、フルオーダーレーシングチタンモデルです。
(´・ω・`)あまりにチタンフレームの造形と光沢が美しく、見惚れてしまいました……ため息しか出ませんね……。
PASSONIはイタリアのフルオーダーブランドにして、ハンドメイドチタンフレームを得意としている。
世界のサイクリストの憧れの存在か……
passoni_1vfds.jpg
走る芸術品こと、イタリアのオーダーメードブランドPASSONI
PASSONIの創業は1988年。イタリアミラノに工房を構え、ハンドメイドでチタンフレームを制作に世界的な評価を得る。
特にチタンフレームの乗り心地の良さで定評があるブランド。
(ハンドメイドの為、100万円以上は軽くする。しかもフルオーダー路線)
ちなみにPASSONIの職人は現在5名。年間350台をハンドメイドで生産している。
ある程度経験のある自転車職人でもPASSONIが求めるレベルまで3年の月日がかるとか。
DSCN8364tgtra.jpg
PASSONI TOP FORCE フレームセットは高速レース用のハンドメイドチタンフレームだ。
軽く、堅く、速い。
最も要求が厳しい、技術的で高速なレース用に開発されたハンドメイドのチタンフレーム。

(´・ω・`)実車を見て驚いたんですが、ダウンチューブは太いしヘッドチューブ付近の溶接個所がまるでエアロ形状。
明らかに現在のカーボンモデルの形状を意識した、チタンフレーム形状なんですよ。
かといってスポーティーな中に、謎の気品があるというか……

スペック
フレーム素材:Titanium
フォーク素材:Columbus FEL
BB規格:BSA
ヘッド規格:1-1/8
カラー:チタン


オーダーメードブランドPASSONIが重要視しているのは品質とハンドメイド。
PASSONIが得意とするのはチタンフレーム。またColumbus製パイプを採用したスチールフレームやステンレフレームも扱う。
フレームを仮組みして職人がハンドメイドで溶接し、溶接跡を削りだし継ぎ目が分からないまでに美しく磨き上げる。
DSCN8338vsvsD.jpg
PASSONI TOP FORCEはチタンレーシングモデル。チタンフレームながら特大のダウンチューブと絶対的なステアリング精度のためにステアリングチューブを増強

特にPASSONIの場合、チタンフレームの溶接に大変な手間暇をかけているからこそ、世界的に評価されている乗り心地の良さに繋がっている。

また顧客の体に合わせたオーダーメイドなので、体のサイズに合ったバイクに仕上がっているのだ。
PASSONIが特別な存在である理由は、加工が困難であるチタンフレームをオーダーメイドしている点。
チタンは路面からの衝撃を吸収する能力があるが、それと同時にオーダーメイドによる顧客の体に合わせたバイクを仕上げてくるために、より疲労が溜まりにくい。

DSCN8338vsrfw.jpg
やはり、ハンドメイドの為に既製品の様に大量生産は困難
PASSONI製品は、受注発注のオリジナルオーダーフレーム。
例えばクラウンギアーズだと納期は注文後、約4ヶ月前後かかるそうだ。
なんと、というかやはり納期遅延となる場合もある。
やはりその辺はハンドメイドの工芸品みたなフレームなので。
既存の工業製品としての完成車とは、違ってくる訳か。
DSCN8338bfdsdg.jpg
(´・ω・`)あまりに溶接が素晴らしい事になっていたので、つい撮影してしまった。
加工しにくいチタンフレームなのに、なんでこんなラッパみたいな形状に加工出来るんだろう。
チタンパイプ自体イタリアパッソ―にの専用チタンパイプを使用。
確か、一か所の溶接個所を削り出して滑らかに加工するだけでも一日費やすそうだ。
全体の削りの作業だけで30時間以上(20日)
イタリアの職人さんがハンドメイドで気の遠くなるような手間をかけて、フレームを制作しているという。
65u9ls.jpg

イタリアはチタン製バイクの生産において歴史があり、自転車界に重要な貢献をしました。
1970年代の間にAmelio Riva氏が(イタリア北部のベルガモ近郊の小さな村、Mozzo出身)は、最初のチタン製バイクの製造を目的とした「Trecià」というブランドを立ち上げました。

冷戦の間、チタンは軍事目的のためだけに使われていました、そして見つけるのはそれほど簡単ではなかったそうで。
Amelio Riva氏は自分でなんとロシア製のチタン材料を調達して自前のチタンチューブを製造。
更に、Auto Delta社から溶接室まで購入。
Trecià の老舗ハンドメイドチタンフレームの工房は、現在のPASSONIが引き継いだ形になるそうです。
PASSONI (パッソーニ)TOP FORCE トップフォースフレームセット

スポンサードリンク

2019年05月22日 トラックバック(-) コメント(-)