2019 Ghost Road Rage 3.8 アドベンチャーモデルロード 平坦な路面でも、より荒れた路面においても長期間快適さとスピードを維持する事が出来る スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 未分類 > 2019 Ghost Road Rage 3.8 アドベンチャーモデルロード 平坦な路面でも、より荒れた路面においても長期間快適さとスピードを維持する事が出来る

2019 Ghost Road Rage 3.8 アドベンチャーモデルロード 平坦な路面でも、より荒れた路面においても長期間快適さとスピードを維持する事が出来る


prod178790_Riot Red - Jet Black_NE_01dtheryerte
Ghost Road Rage 3.8 Adventure Road Bike (2019)
Ghostはヨーロッパ屈指のドイツMTBブランドでありますが。
(Ghostはドイツの大手アクセルグループが要するドイツブランド)

しかしながら、ドイツブランドらしく長距離に強い軽量カーボンロードバイクなども提供しています。
このGhost Road Rage 3.8は、グラベルモデルのファンを対象にしたアドベンチャーロードモデルでして。
軽量ロードに強いブランドらしく、車重はなんと8.7kgまで抑えています。
prod178790_Riot Red - Jet Black_NE_01kugvdsgvas
リアディレーラー Shimano Ultegra RD-R8000 11-S
カセット Shimano Ultegra CS-R8000 11-30


しかしGhost Road Rage 3.8をよく見ると、ギア比は典型的なシクロクロスモデルの仕様なんですよね。
(フロントShimano Ultegra FC-R8000 46/36T、リアカセット Shimano Ultegra CS-R8000 11-30T)
あくまでギア比的にはよりシクロクロスに適したコンポーネントで、シクロクロスとアドベンチャーロードのテイストが混在している様に見えます。

最も過酷な気象条件や、最も過酷な荒れた路面でも対応出来る為のギア比と、コントロール性を重視している仕様だそうですが。

しかし実際にGhost Road Rage 3.8に乗ってみると、道路上で走る際にも、非常に有能であると認識できるアドベンチャーロードだとか。
(´・ω・`)んーー? 確かにフルカーボンシクロロスに乗った際、多少ペダルを回す回数こそは増えたが。
走っていて、乗り易く楽しかった記憶がある。
Ghost Road Rage 3.8のフレームは実際には、硬くて速く感じるそうだ……

実際にタイヤは WTB Exposure Road TCS 700x32cを採用。
アドベンチャー系モデルにしてはかなり細いタイプですね。最近は40Cとかもざらにありますし。
GhostRR78_celk1.jpg
Ghost Road Rage 3.8アドベンチャーロードバイク
Road Rage3.8はMTBブランド「Ghost」が製造した事により、軽量でありながらも丈夫である事が特徴。
そしてグラベル用ロードタイヤの為のクリアランスを確保した、カーボンフレーム設計になっています。

ドライブトレインにはシクロクロス仕様を取り入れ、過酷な条件下での走行を想定しているのか。
prod178790_Riot Red - Jet Black_NE_01kuggrsw
ステム Ground Fiftyone Dia. 31.8 mm
ハンドルバー Ground Fiftyone Race WB Dia. 31.8 mm

prod178790_Riot Red - Jet Black_NE_01kuggergr
タイヤ WTB Exposure Road TCS 700x32c
ホイール Fulcrum Racing 700 Wheelset CX 12x100 mm

フォーク GHOST LC Rigid

フレームはフラットマウント規格で、ディスクブレーキを取り付け専用に設計されています。
つまりブレーキキャリパーはフレームに直接取り付けている事により、接続部の剛性を高めている。
完全なインターナル仕様のグラベルフレームですね。
(ブレーキホースはフロントフォーク内部をインターナル)
Fulcrum Racing 700ロードホイールとWTB Exposure Road TCS 700x32cの仕様は、最高の効率で転がってくれるのでツーリングにももってこい。
フロントは12x100 mm、リアは12x142 mmのスルーアクスル仕様。
あらゆる天候条件においても、Ultegra油圧ディスクブレーキによって確実にブレーキコントロールされます。
prod178790_Riot Red - Jet Black_NE_01kuggsres
フレーム  ROAD RAGE LC
LC Carbon -軽量のための軽量カーボン。堅く、強く、そして精密にアドベンチャー専用フレームを製造している
フレームジオメトリは、比較的短いトップチューブが特徴。伝統的なロードバイクとは少し異なるフレーム形状になっています。

非常に強くて硬い、高品質のカーボンフレーム。
このアドベンチャーロードは、最も過酷な天候下でも走行安定性と推進力を発揮します。
(´・ω・`)雨、斜面、雪、またドイツらしく深い森の泥などを散策する際、Ghost Road Rage 3.8は適しているとの事。
特に「雪」をやたら強調するあたり、やはりドイツのアドベンチャーロードなんですかね。
prod178790_Riot Red - Jet Black_NE_01kug
クランクセット  Shimano Ultegra FC-R8000 46/36
ドライブトレインの構成は通常のアドベンチャーロードと比較しても一般的なものではありません。
46/36チェーンリングはシクロクロスモデルで一般的な仕様ですよね。
Road Rageは平坦な路面でも、より荒れた路面においても長期間快適さとスピードを維持する事が出来る点が高い評価を得ています。
GhostRR78_stred.jpg
BBはプレスフィット規格の86.5 mmです。
GhostRR78_ramdet.jpg
フレックスステイ
目に見えないプラス効果を発揮するシートステー「フレックスシートステー」
リアトライアングルを一方向に上向きに動かすことができるので、大きな快適さをもたらします。
フロントフォークと特別にデザインされたシートステーは、独特の形状ですね。
トップチューブと直結しており堅さを維持しつつ、リアホイールからの振動を吸収することを可能にします。

ボリュームのあるフォークには大きいクリアランスが用意されているので、より大きいサイズのタイヤを装着可能。
Road Rageの能力はオフロードを走破する能力だけではなく、リアキャリアーやマッドガードもいけます。
一年を通じて扱える素晴らしいバイクで、ツーリングバイクとしても使用可です。
prod178790_Riot Red - Jet Black_NE_01kuggrwgws
シートポスト Ground Fiftyone 31.6 mm
サドル Fizik Antares R7

(´・ω・`)フルカーボンフレームながらROAD RAGEは堅く強度があり、そして速く、非常に効率的な走りをするアドベンチャーロードという認識でいいのか。

特に「スピード性」を海外では評価されている様だけど。
乗り心地よりも、悪路だろうが平坦な路面だろうがスピード性を強調したアドベンチャーロードというのも珍しいですね。
もちろんリアキャリアーなどを取り付けて、ツーリング風にも楽しめるが。
実用的なスピード性能を味わってほしいそうな。
Ghost Road Rage 3.8 Adventure Road Bike (2019)

スポンサードリンク

2019年05月23日 トラックバック(-) コメント(-)