Guerciotti EUREKA CX試乗体験インプレ 競技用本格カーボンシクロクロスモデルの走りは? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 未分類 > Guerciotti EUREKA CX試乗体験インプレ 競技用本格カーボンシクロクロスモデルの走りは?

Guerciotti EUREKA CX試乗体験インプレ 競技用本格カーボンシクロクロスモデルの走りは?

DSCN8450hte.jpg
競技用シクロクロスモデル Guerciotti EUREKA CX
老舗イタリアブランド「グエルチョッティ」の競技用シクロクロスモデル「Guerciotti EURKEA CX 」です。
Guerciotti EURKEAシリーズは「グエルチョッティ」のハイエンドモデルシリーズ。
2018年モデルにおいてモデルチェンジし、新型フルカーボンシ競技用シクロクロスモデルとして送り出されました。

イタリアナショナルチャンピオンを獲得したセラ イタリア・グエルチョッティ・シクロクロスチームやドイツナショナルチャンピオンを獲得したステイラーツ・ヴェローナ・シクロクロスチームからのフィードバックを受け開発

電動アルテグラスペックに、最新のコンパクトリア三角、前後12mmスルーアクスル。
油圧アルテグラディスクブレーキ。

(´・ω・`)実際、競技用のフルカーボンシクロクロスモデルに乗るのはトレック以来でしたが。
本格的にここまで最新鋭の競技用仕様なのは初めてでした。
もちろん競技用CXモデルだけあって、キャリアーなどを取り付ける為のダボ穴などは無し。
試乗コースは1km以上の、平坦な舗装路になりましたが。実際に平坦な路面で競技用シクロクロスモデルに乗るとどんな事になるのか?
実際に最新の競技用フルカーボンシクロクロスモデルを体験したくて、試乗しました。
DSCN8451htr.jpg
Guerciotti EUREKA CX試乗体験インプレ
①実際にGuerciotti EUREKA CX を肩で担いで、歩いてみた。
スタッフ様から許可をいただき、実際に前三角フレームのトップチューブ下部を肩で担いでみました。
特に肩パッドの様な物は無し。
ですが、これは相当軽いですね……全然方にフレームの重量が食い込まないし。
そのまま、担いで走れそうだ。
クロモリフレームのシクロクロスモデルを担いだ時は金属感がありましたが。
やはり方から柔らかいカーボンフレーム感が伝わります。
担いでみて分かりましたが、全体的にすっきりしたフレームですね。
変にボリュームがあるフレームという訳ではありません。
DSCN8455vs (2)
②クランクが46×36Tだったこともあり、割とペダルを回す必要がある。
舗装路がある平地においては、連続した加速で速度が出ます。
(´・ω・`)やはり悪路の為のバイクですね。ゼロ加速や瞬発的な加速が大得意。
しかし、巡行性となると……やはりグラベルロードの方が分があるかな?
短距離の過酷な悪路を走破するなら、間違いなくこれですね。
ペダルを頻繁に回して、速度に乗る形になります。
平坦な舗装路の場合は、走りの軽快さが前面に出ますね……なるほど。
DSCN8470vf.jpg
フォーク カーボンモノコック
③一定のペースで走るツーリング向き?
んーー? なんとなく舗装された路面においては力を持て余している感が。
ハイスピードというより、一定のペースで走るのが得意。
もちろん、競技用のロードモデルとは違う走りですね。
特にブロックタイヤがアスファルトと接地して奏でる唸り音が、実にカッコいい。
走行中「ゴーーーーーーーーーーーっ」という走行音が豪快にします。
間違いなく走破性を持て余している……途中から砂利や坂道などが欲しくなる。
DSCN8468vf (1)
④衝撃吸収性や快適性について
(´・ω・`)ソフト感がある。剛性は確かに高い方で、ダッシュ力を極めている感が。
舗装路を走行中、路面がなんだか柔らかい感じがしてきた。
グラベルロードはシクロクロスモデルに比べるとスピード感があるけど。
シクロクロスモデルは、平地においては軽やかに連続した加速をこなしながら走っていく。
衝撃吸収性は実に舗装された路面なので何ともいえないけど、多少の凹凸などものともしない余裕の様な物を感じた。
DSCN8468vf (2)
アクスル規格 F12x100mm / R12x142mm
⑤油圧ディスクブレーキについて。
平地においては、あまり出番は無し。
やはりブレーキ製そのものは精密で、きっちり決まる。
やはり下りや悪路の際、ディスクブレーキの制動性を発揮するじゃないですかね?
平地においては、強力な制動力を持て余している。
DSCN8452gre.jpg
フレーム 40HMカーボン / 30HMカーボン / 24HMカーボン
フレーム素材には、シクロクロスに適した24HMカーボンをメインに採用し、BBとディスクブレーキエリアに高強度と高剛性な40HMカーボン、ヘッド周りは30HMカーボンを適材適所に使い分けています。
シクロクロスに必要な振動吸収性はもちろん、高強度と高剛性で反応と加速性の良いフレームに仕上がっています。

(´・ω・`)こういう説明を読むと、ガチガチで強度の高いフレームと思ってしまうけど。
柔らかい柔軟性のあるカーボンフレームだった。
恐らくシクロクロス競技中において、高強度が生きてくる競技専用フレームですね。
DSCN8465hte.jpg
電動変速&油圧ディスクブレーキの恩恵で、まるでストレスフリー。
しかもフレームそのものが軽くて、操作面や走行性において負荷が異様に少ない印象。
DSCN8460vs (1)
DSCN8459vs (1)
ヘッド周りは30HMカーボン
ヘッド規格 1-1/8 - 1-1/2
DSCN8459vs (2)
DSCN8457nfui.jpg
DSCN8453vfs.jpg
DSCN8467nf.jpg
BBとディスクブレーキエリアに高強度と高剛性な40HMカーボン
DSCN8456vf.jpg
DSCN8455vs (1)
DSCN8454hte.jpg
⑥やはりロードバイクとはまるで違う楽しさがある。
ダッシュ力を上手く生かしながら走る楽しさがあるシクロクロスモデル。
脚への負荷が実に少ないのが特徴。
変な感想だけど「距離を走れる」というよりは「長時間走れる」バイクという印象。
やはりクロモリのシクロクロスモデルだとクロモリフレームの美麗な走りが魅力的だけど。
フルカーボンシクロクロスモデルの場合は、軽快性が前面に出るんですね。
正直悪路で、最大限能力を発揮するモデルだと思う。
その為の仕様だし。
通常のロードの加速性ってスピードを乗せる為の加速だけど。Guerciotti EUREKA CXの加速性って、障害物や悪路を一気に突破する為の加速でありパワーですね。
(´・ω・`)しっかし、走りが軽いわ、担いでも軽いわ。
……これが競技用シクロクロスモデルの軽さか……色々な意味で驚きの軽さでしたよ。
GUERUCITTI グエルチョッティ EUREKA CX エウレカ CX シクロクロスレーサー フレーム

スポンサードリンク

2019年05月24日 トラックバック(-) コメント(-)