2019 BH G7 PRO試乗体験インプレ 高速域が滅茶苦茶得意なエアロロードだった…… スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BH (ビーエイチ) > 2019 BH G7 PRO試乗体験インプレ 高速域が滅茶苦茶得意なエアロロードだった……

2019 BH G7 PRO試乗体験インプレ 高速域が滅茶苦茶得意なエアロロードだった……

DSCN8382vds (1)
2019 BH G7 PRO試乗体験インプレ

BH G7 Proのキャリパーブレーキ仕様の方に試乗しました。
( ;゚ω゚)……高速域が滅茶苦茶得意なエアロロードだった……
速い……

まるで前方に引っ張られる様な、引力が発生していましたよ……
こんなにスピードに乗ると、高剛性フレームが生きてくるんですね……

DSCN8489xcadwq.jpg
( ;゚ω゚)……いえ、今回は実際に1km以上の神宮外苑の試乗コースだったもので。
実際のG7 Proの試乗には最高の環境でした。
DSCN8383few (1)
①BH G7 Proは低速よりも、高速域の方が得意
これ、間違いなく高速域やスピードが乗ってからの走りが得意なタイプ。
速い……てか、スピード性に特化したバイクですね……これは……
ゼロ加速時においては、多少フレームの硬さが体にくるんですが。

速度に乗ってから、スマートに走りをバックアップしてくれるんですよ。
速に速度に乗ってからのパワーや、推進力が、強烈にスピード感と共に繰り出される感じ。
確かにスペインBHモデルらしく爆速ですが、パワー一辺倒ではないですね。
速度を上げると、剛性やパワーが計算されたかのように適切に加わっていくというか。
( ;゚ω゚)……エアロロードの様で、エアロロードとは思えない走り……なんだ? これ?
DSCN8393few.jpg
②ペダルからの出力が、実に効率よく乗る。
フレームそのものは高剛性。ペダルを踏みこむと実に効率的に、速度に変換されていきます。
(特に、速度に乗ってからの変換効率が異常)
推進力が高い高剛性フレームですが、実に効率のいいフレームでもありますね。
体力や脚力を無駄なく、速度に変換してくれますよ。
DSCN8385grw.jpg
③フレームそのものは高剛性
それ程硬いというフレームではないが、柔らかいという訳でもない。
特に推進性が高く、前方に引っ張られるような感覚を覚えました。
不思議な事に、どれだけ速度を出しても踏み足らない。速度をまだ出せる……そんな余裕を感じさせるフレームです。
DSCN8394gw.jpg
④エアロ性能について。
不明。速度を出しても、どんどん前に引っ張られる引力の様な感覚は、一体何から提供されたものだったのだろう?
エアロ性能も関係しているのだろうか?
なんて言うんだろう……エアロフレーム感が全然ないのですよ。
万能感というか、動きやすいというか。
DSCN8391vds.jpg
⑤衝撃吸収性について
普通。路面の状態は掴みやすかった。
兎に角、速度を出す事に性能を特化したフレームなので、衝撃吸収性よりは剛性や推進力を優先させている感覚を覚える。
DSCN8389few.jpg
シートチューブはカムテール形状。
徹底的にエアロ形状にこだわっている。
⑥兎に角、速い。
ペダルは軽いという訳ではなく、それなりに脚力を要求します。
ただ、実に効率よく速度に変換してくれるので、逆に他のロードよりも脚の消費が少ないかもしれません。
(´・ω・`)高剛性だけど、実に効率よく速度を出せるし、体力の消費を抑えてくれる。
DSCN8390vds.jpg
セミISP仕様。全体的に徹底したエアロ性能なのに、エアロフレームとは思えない高剛性フレームになっていた。
特にカーブでも直線でもクセが無い。
悪魔の様なスプリント性能を見せる。


⑦体力や脚力を効率的に変換する為の、高剛性フレームです。
ある意味速度を出す事に特化したマシン。
快適性を固めたエアロロードが存在しますが。
走りの効率性を高めた、エアロロードですね。つまりレースでの使用や、他のロードを倒す為のスピード性能。
乗り心地や快適性を高めたエアロロードではないですね。
いかに効率よく速度を乗せるか? 速度を乗せる為のエアロフレームであり高剛性フレームです。
効率の良い高剛性エロフレームというのも珍しいですが。
DSCN839gw5.jpg
⑧低速~中速域に関してはBH QUARTZ AERO の方が有利。
高速域で巡行する分には圧倒的にBH G7 Proの方が有利。
(´・ω・`)正に競技仕様。
ある意味エロロードは快適性重視の時代に、高剛性と効率性、高速性を高めたストイックなエアロロードと言える。

DSCN8392ew.jpg
DSCN8388yt.jpg
BH G7 PROに試乗中に感じたのですが、ある程度速度が伸びた後「更に速度を伸ばせる」感がありました。
どんなに速度を出しても、限界の様な物を感じないというか。
だから結構な速度が出ていても走りが実に安定感があり、怖さを感じないのですよね。

あと、やはり今までのBHモデルとは違いますね……
BHモデルって、ゼロ加速時から速度に乗るまでの間に猛烈な加速性能を発揮しますが。
BH G7 PROの場合速度に乗ってから高速域まで到達する際に、猛烈な加速性能を発揮。
やたら高速域で、高剛性を発揮した加速性を発揮する……つまりこれこそがエアロロードBH G7 PROの長所かもしれません。
BH (ビーエイチ) 2018モデル G7 PRO ブラック/レッド Mサイズ フレームセット

スポンサードリンク

2019年05月26日 トラックバック(-) コメント(-)