2019 BROMPTON M6R試乗体験インプレ Mタイプハンドルの操作感について スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BROMPTON ブロンプトン > 2019 BROMPTON M6R試乗体験インプレ Mタイプハンドルの操作感について

2019 BROMPTON M6R試乗体験インプレ Mタイプハンドルの操作感について


DSCN8550csa.jpg
2019 BROMPTON M6R
内装三段×外装二段=6段変速機構を持つ「 BROMPTON M6R」に試乗しました。
軽い石畳程度を、Mタイプハンドルタイプのブロンプトンで走るとどういう走行感になるのか?
興味があったので試乗した訳ですが。

やはりMタイプハンドルは扱い易かったです。
ハンドルはアップライドになる位置にありますが、重心が低いので地面に密着した感じの走行感もあります。
上半身上向きながら、走りそのものは安定していますね。

(´・ω・`)他の試乗コースでは分かりにかったんですが、軽い石畳の場合、他のミニベロと比べて実に走りが美しいミニベロだったんですね。
路面からの軽い衝撃をいなして、美しい走行感を演出。
スポーティー系ミニベロとはまた違った、綺麗な走りを楽しめました
(もちろん、ギア比を高くすればスポーティーな走りが出来ないことはないが。個人的には低速で走る方が好み)


DSCN8551few.jpg
Mタイプハンドルレビュー
やはりフラットなSタイプハンドルよりも、リラックス感がある握り心地。
体から力が抜けて行く様な、変な快適性がある。
短距離でもいいし、長距離でも腕が疲れにくそうなハンドルですね。
普通に目線が上向きになるので、周囲の景色を楽しみながら握れるハンドル形状。
また、ハンドルの金属部分は「サラサラ」していて、上質な金属感がある。

シフターについて。
スタメアーチャー内装3段と、外装2段を操作する為のシフターは左右のハンドルに配置されている。
変速操作を行う為の、シフターは樹脂感がある。
スポーティーな変速操作というよりは、確実性とデザイン性を重視している感じ。
DSCN8557csa.jpg
レバー裏側に、折り畳み方法を記したロゴがあしらわれている。
(´・ω・`)やはり、10年前と比べてデザイン面で進化していますね。
以前はレトロ感があったけど、2019年モデルのデザインは華やかさがある。

ちなみにブレーキレバーの握り心地が「グニッ」としていました。
確実にブレーキは効きますが、ブレーキ感が独特。
DSCN8560csa.jpg
DSCN8552fwr.jpg
フォーク BROMPTON CROMOLY FORK
タイヤ SCHWALBE MARATHON TIRE 16x1-3/8 LEFLECTIV

フレーム BROMPTON CROMOLY/STEEL FOLDING FRAME
BROMPTON M6Rのフレームはクロモリフレーム。
やはり走行感もクロモリフレームらしく美しい。
(´・ω・`)16インチモデルながら、長距離に強いミニベロですね。正直16インチでこれだけの安定感と、石畳からの衝撃をコントリールできるなら、遠乗りに使いたいな。
スポーティーさよりも、16インチクロモリの特性を生かしている感が。
シュワルベマラソンは、特に石畳でも滑り易いということはなかった。

ちなみに、ペダル一回転で進む距離はギア比最大で7.8kmにも及ぶ。
ただ、スポーティーに走る際は脚への負担が他のスポーツミニベロに比べて高いと言えます。
(やはりスポーティーな走りに関しては、スポーツミニベロの方がアドバンテージがある)

ただ、安定性と快適性に関しては高いレベルにあるミニベロですね。
DSCN8553ca.jpg
アルミダイキャスト製 リアキャリア
割と天板の面積が大きい。だから「ブロンプトン用リアバッグ QRBAG」などの様な、容量の大きいリアバッグが積載可能な訳か。
フロントギアの歯数は50枚。
街乗りでも遠乗りでも対応出来る、丁度いい歯数ですね。
特に54Tとか増やして、スポーツ性を高めなくてもいいかな?
DSCN8081VFdeq.jpg
結局買い物やキャンプ地で使用するなら、間違いなくリアキャリアーがあった方がいいかな?
結局バッグ類をオプションとして積極的に活用するなら、リアキャリアー付きの方が楽しそうだ。
これでも最大10kg積載可能なんだから凄いですね。

(´・ω・`)ただ頻繁に駅などで使用するなら、特にリアキャリアーはいらないかな?
その分軽量な方がいいし。

そういえば話は変わるけど、例の格安ブロンプトン「BROMPTON B75」日本入荷は2019年6月の時点ではまだ未定。
期待したい所ですね。
DSCN8554ca.jpg
DSCN8555cda.jpg
Sturmey Archer BWR(Brompton Wide Range)内装3速変速&外装2速
英国スタメアーチャーの内装3段変速&外装2段変速

変速感についてですが、外装2段よりも内装3段の方が変速感がスムーズ。
やっぱりいいな……スタメは。
長時間乗っても、変速に関するストレスは少ないはず。
やはり後方リアに、内装変速機があると安定感が違いますね。

基本安定性が高い16インチ系ミニベロなので、多少の荷物を積載してもいけそうな感じ。
またロード用サドルと同等クラスの軽量ダドルや、軽量グリップ部など目に見えない所で徹底した軽量化を図っている点も見逃せません。

あと、バッグなどのアクセサリー類を豊富に用意してあるのも強みです。
(基本的に、バッグ類のデザイン性が高い。その上アダプターブロックなどでフレームに固定するシステムを採用。
(´・ω・`)頻繁にバッグ類を使用したい方にとって、プロンプトンは強みになります。


BROMPTON M6Rのデザインについて
カップル、女性客など強力な集客力があります。
某キャンプイベントなどでも同様で、非常に女性の人気が高いミニベロだということを再認識。
【Sale】ブロンプトン BROMPTON S2L 2018年モデル クロモリ 折りたたみ自転車 2速 レッド

スポンサードリンク

2019年06月16日 トラックバック(-) コメント(-)