2020MASIモデルの予約が早速始まった模様(グラベルモデル編) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MASI > 2020MASIモデルの予約が早速始まった模様(グラベルモデル編)

2020MASIモデルの予約が早速始まった模様(グラベルモデル編)

qbei_ci-920057.jpg
2020 MASI CXGR SUPREMO CXGR
(´・ω・`)2020MASIモデルの予約が早速始まった模様です。
2019年MASIモデルの一部モデルが継続して、2020年モデル扱いになりました。
やはりシクロクロスやグラベル系は人気が高いので、継続扱いになりますね。

とりあえず、継続2020年モデルをピックアップしてみると……
この継続2020年マジモデル「CXGRスプレモ」は、剛性の高いColumbus CRMORチューブを採用。
12mmスルーアクスル仕様のカーボンフォーク。
105スペックを採用した上位グラベルモデルです。
とはいえクランクセット Praxis Works Alba M30 48/32T、カセットに 11-34Tを持ってくるなど急坂や悪路に対応したグラベルモデルらしいギア比になっています。
jut64.jpg

更にドロッパーシートポスト付きなので、手元でサドル高を調節可能。
これは便利そうですね。
MTBの機能を、そのままシクロクロスに採用してくるとか。
コンポーネントはシマノ105 R7000系を採用。

ブレ-キはメカニカル仕様TRP Spyre C 160mm。
油圧ではなく、ツーリングにおけるメンテ性や交換の際のコストなども考えた、メカニカルディスクブレーキ仕様。
(´・ω・`)クロモリ系ツ―リングモデルでは人気のメカニカルディスクを採用していますね。
タイヤサイズも700×40mmとグラベルロードやアドベンチャーロードにおいて、人気の高いサイズ。
本当にクロモリフレームに、700×40Cの組み合わせってメジャーになってきましたね。
個人的にMASIのシクロクロスモデルやグラベルロードは強靭というイメージがある。


フレーム Tig Welded Double Butted Columbus CRMOR Chromoly Tubing, Flatmount Disc Mount, 12mm F/R Thru-Axle
フォーク  Dirt-Tuned MC7 Carbon,Flatmount Disc, 12mm Thru-Axle
ヘッドセット Token 1 1/8"-1.5" Sealed Bearing
クランクセット Praxis Works Alba M30 48/32T
BB Praxis Works M30 by Enduro, English 68mm
フロント&リアディレーラー Shimano 105 R7000
カセット Shimano HG-700 11-34T 11-spd
チェーン KMC X11
ハンドルバー Brev. M Compact Adventure Bend Alloy
ステム Brev. M 3D Forged Alloy, 31.8mm
テープ・グリップ Masi Gripper Silicon Gel
シフター Shimano 105 R7000
サドル Masi Corsa Comp
シートポスト KS E-TEN 272 Remote,272mm 65mm travel
シートポストクランプ Integrated Braze-On
ホイールセット Brev M. 23mm internal Tubeless Ready,Double Wall, 28h/Alloy Disc Sealed Bearing, 12mm Thru-Axle
タイヤ Kenda Flintridge 700×40mm
ブレーキ TRP Spyre-C Flat Mount Dual Pistion Mechanical Disc, 160mm Rotor F/R
ブレーキレバー Shimano 105 R7000


元々、ダブルバテッドんのクロモリフレームにテーパーヘッドチューブを2016年当時に採用していた、最新鋭のクロモリ系シクロクロスモデルでしたからね。
コンポーネントもアルテグラスペックに、油圧ディスク仕様(Shimano RS785)と贅沢極まりない仕様でした。
MASI CXGR SUPREMO CXGRは、ロードとしての機能を維持しつつ、いかに走破性とカーボンフレームに近い機能をクロモリフレームに持たせるかという実験的なクロモリモデル。
現在流行しているクロモリ系グラベルモデルの先駆的なモデルですね。
悪路でも長距離でも対応出来る機能は残しつつ、より手に入りやすい価格設定に挑んでいます。
MASI マジー/マジィ 2020年モデル CXGR SUPREMO CXGRスプレモ [完成車]

qbei_ci-625037few.jpg
2020 MASI GIRAMONDO 27.5 (ジラモンド27.5)
マウンテンバイクに使用される 27.5インチサイズのブロックタイヤを用意した、グラベルロード「GIRAMONDO 27.5」もラインナップに残っている。
700Cモデルとしての操作性機能性を維持しつつ、MTB系タイヤを採用することで走破性を更に強化。
MTB系ディオーレパーツをドライブトレインに用意。
クロモリツーリングモデルを、そのままMTB化したかのようなユニークなモデルです。
確か2年前のサイクルモード時にお披露目されていて、そのユニークさから結構撮影されていました。
qbei_ci-625037_3feqw (2)
ボトルケージ取り付けなど様々なシチュエーションに対応。
ツーリングにおける積載性や水分補給などを、重要視。
荷物や水分を大量に積載するのに適したバイクですね。

しかもトラブルが起きにくい様に、バーエンドコントロール。
(´・ω・`)見た目結構スタイリッシュだけど、迫力もあるグラベルロードです。
qbei_ci-625037_2feq.jpg
qbei_ci-625037_3feqw (1)
クランクセット Shimano Deore 44/32/24T
リアディレーラー Shimano Deore T6000
カセット  Shimano HG-50 11/36T 10-spd

フロント3×リア10のMTBディオーレスペックフロントトリプル仕様。
しかもクロモリフレームですからね……
強靭さにかけては、MTBパーツを積極採用しかなり期待できるグラベルモデルです。

qbei_ci-625032_6hr.jpg
2020 MASI CXGR
Shimano Claris R2030スペックのクロモリグラベルロード「MASI CXGR」も2020年モデルのラインナップにあります。
ディスクブレーキはPromax DSK300R Mechanical Disc,160mm Rotor F/R
ドライブトレインはシマノクラリスを採用したエントリータイプのグラベルロード。
クランクは FSA Tempo Adventure 46/30T、リアは11-32T 8-spd。

1:1以下のギア比を実現しているので、悪路や登板時において実用性を考えた仕様になっている。
前後QRですが、11万円台とリーズナブルな価格で購入可能なグラベルロードとして人気が高い。
qbei_ci-625032_7.jpg
フェンダー(泥除け)、キャリア(荷台)が装着可能なダボ(穴)を装備しておりツーリングバイクとしても。
タイヤサイズも700×38mmと11万円台にしては、最大クラスの太さだ。
価格は抑えてありますが、グラベルモデルとしてのパーツや機能をきちんと持たせていますね
MASI マジー/マジィ 2020年モデル CXGR

スポンサードリンク

2019年06月17日 トラックバック(-) コメント(-)