2020 BIANCHI ROMA 3 DISC  流行の油圧ディスクをローマ3に採用! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2020 BIANCHI ROMA 3 DISC  流行の油圧ディスクをローマ3に採用!

2020 BIANCHI ROMA 3 DISC  流行の油圧ディスクをローマ3に採用!


cc-bianchi-roma-3_9a (1)
2020 BIANCHI ROMA 3 DISC SHIMANO 2x7sp CK16
ビアンキの街乗り系快速クロスバイク、BIANCHI ROMA 3が油圧ディスク化しましたよ!
(´・ω・`)2020年モデルのBIANCHI ROMAシリーズは全て油圧ディスク化か……凄いなビアンキ。
今度はメカニカルディスクブレーキを、ローマシリーズから排除する方向性ですよ。
まさか、ここまでやってくるとは思いませんでしたね。
ただし価格は8万円台だったのが、9万円台に値上がり。

かも、Vブレーキ仕様が消滅している……Vブレーキ仕様だったBIANCHI ROMA4は廃盤。
もしかして2020年モデルビアンキ系クロスバイクにおいて、Vブレーキ仕様はBIANCHI C・SPORT1だけ?
いずれにしても、BIANCHI ROMAシリーズにおいてもっとも価格を抑えたモデルがROMA3になります。
cc-bianchi-roma-3_12a (1)
2020 BIANCHI ROMA 3 DISC SHIMANO 2x7sp White

またカラーリングについてですが、2019年モデルは4色展開でしたが。
2020年モデルは一気に、6色展開!!
CK16、Black、White、Navy、Matt Dark Grey、Red
(´・ω・`)んんんん!??
ビアンキ系クロスバイクが6色も展開するなんて、珍しいですね!

cc-bianchi-roma-3_12a (2)
2020 BIANCHI ROMA 3 DISC SHIMANO 2x7sp Matt Dark Grey

cc-bianchi-roma-3_15a (2)
2020 BIANCHI ROMA 3 DISC SHIMANO 2x7sp  Red
(´・ω・`)これは珍しい。オールレッドのローマだ。
ちょっと実車見て見たいな……2019年モデルはミリタリー系カラーとか用意してきたけど。
フェラーリとか意識しているのかな?
cc-bianchi-roma-3_18a (2)
2020 BIANCHI ROMA 3 DISC SHIMANO 2x7sp Navy
どちらかというと、クロモリ系クラシックミニベロに良く採用されていたネイビーカラーも用意。
恐らく旧ビアンキモデルのネイビーカラーを参考にしていると思われます。
qbei_cc-bianchi-roma-3_1jf.jpg
2020 BIANCHI ROMA 3 DISC SHIMANO 2x7sp Black
マットダークグレーの外にブラックカラーも用意。
人気のブラック系カラーやダーク系カラーは2色展開。
cc-bianchi-roma-3_19a (1)
シフター Shimano ST-EF505
ステム HL TDS-D345-8 80/90/100/100/110mm
ハンドルバー HL MTB-AL200BT FOV 31.8mm 560/560/560/560/580mm

グリップ  Velo VL-1777D2
ujrty5ee6t5.jpg
(´・ω・`)どういう形で、ブレーキ操作と変速操作を行うのか興味があったのですが。
油圧ブレーキレバーとシフター一体型のShimano ST-EF505を採用していますね。

cc-bianchi-roma-3_18a (1)
フロントフォークに1.5 テーパーヘッドチューブを採用。
下の方を太目になっていますので、走行時の安定感を稼いでいる形状です。
ケーブルは2019年モデルから引き続き、ヘッドチューブからインターナル仕様。
2020年モデルからは、油圧ブレーキ ディスクブレーキホースか……迫力あるな……。
cc-bianchi-roma-3_22a (2)
フォーク Alloy 1.1/8"-1.5"
フロントハブ  Shimano HB-TX505
リム Stars J19SE 32H
タイヤ Kenda Kadence 700 x 28C

フロントハブにはMTBにも使用される、クイックリリース式のシマノ TOURNEY TX ディスクブレーキ「Shimano HB-TX505」を採用。
2019年モデルのShimano Tourney メカニカルディスクから、油圧式Shimano HB-TX505へ変更か。

いずれにしても、ローギアの軽さに関してはROMA2が一番軽い設定になっています。
急坂など登板性能を重視したいなら、ROMA2も悪くないかと。
cc-bianchi-roma-3_26a.jpg
ブレーキ  Shimano BR-MT200
Bianchi C・SPORT2 DISCと同様に、ディスクブレーキへは「Shimano BR-MT200」を採用。
路面状況の変化が激しい街乗りでも、ディスクローターはホイールリムよりも離れた位置に設置してあるので影響を受けにくいメリットも。
リム面もディスク前提の形状ですので、自由度の高いスタイリッシュなデザインになっています。
2020年モデルはブラックカラー系リムが特徴。
やはりブラックか。
ここ最近のROMAシリーズって、毎年カラーチェンジするリムカラーがさり気ない注目点。
cc-bianchi-roma-3_19a (2)
BIANCHI ROMAは無理の無い姿勢での乗り易さと、スピード性を追求したクロスバイクです。
高速性というよりもダッシュ力が個人的に好き。
あの俊敏なスピード感は、ビアンキローマにしか出せないスピード感ですよ。
cc-bianchi-roma-3_14a (1)
cc-bianchi-roma-3_22a (1)
フロントディレーラー  Shimano Tourney
クランク  Shimano FC-TY501-2 46/30T 170/170/170/170/175mm
フロントはTourney、リアはShimano Altusスペック。
2019年モデルはロード系コンポクラリススペックだったのが、2020年モデルからはMTB系Shimano Altusスペックに。
2x7=14SPEED仕様。

クランクには、シマノ FC-TY501-2マウンテンバイククランクセット。
(´・ω・`)なんだか、ROMA3がMTB化したみたいな印象。油圧ディスク化もしたことですし。
cc-bianchi-roma-3_25a (1)
BB Shimano BB-UN100
cc-bianchi-roma-3_23a (2)
ボトルケージを取り付ける為のダボ穴はもちろん、リアキャリアー取り付けの為のダボ穴も確認出来ます。
軽い積載能力は健在。
(´・ω・`)折角のディスクブレーキも搭載しているので、ちょっとしたツーリング風やバイクパッキングにもいけるか……
基本ROMAシリーズって、街乗り、スポーツ、通勤&通学など多目的に使用される場合が多いし。
様々な要望に対応出来るクロスバイクとして、日本向けに発展してきたビアンキモデルです。
cc-bianchi-roma-3_21a.jpg
トップチューブとシートステーに段差のついたオフセット形状。
現在流行していますが、実はローマシリーズは以前から採用していた伝統の形状。
実際に乗ってみると、街乗りの際の「ダッシュ力」に貢献している形状だと分かります。
cc-bianchi-roma-3_28a (2)
シートポスト JD JD-SP02.1 27.2x350mm
サドル Selle Royal 2043HRN

クロスバイクにも、間違いなく油圧ディスクの波が訪れようとしていますね……
(´・ω・`)これは……次第にVブレーキ系が、消えていきそうな予感。

【先行予約受付中】Bianchi(ビアンキ) 2020年モデル ROMA3 DISC ローマ3 CLARIS[完成車][先行予約受付中]《P》

スポンサードリンク

2019年07月18日 トラックバック(-) コメント(-)