2020 Bianchi VIA NIRONE7 ALL ROAD ビアンキの「グラベルLOVE」が止まらない!!エントリーアルミロードVIA NIRONE7がグラベル化!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2020 Bianchi VIA NIRONE7 ALL ROAD ビアンキの「グラベルLOVE」が止まらない!!エントリーアルミロードVIA NIRONE7がグラベル化!!

2020 Bianchi VIA NIRONE7 ALL ROAD ビアンキの「グラベルLOVE」が止まらない!!エントリーアルミロードVIA NIRONE7がグラベル化!!


ci-921714_spec11.jpg
2020 Bianchi VIA NIRONE7 ALL ROAD
ヽ(`Д´)ノ VIA NIRONEが遂にグラベル化じゃああああああああああああ!!!
ビアンキが奏でる、究極のグラベル愛の旋律!!


( ;゚ω゚) エントリーアルミロードVIA NIRONE7がグラベル化って……
アルミモデルIMPULSOもグラベル化した時は衝撃的だったけど。
まさかNIRONEまで……
コンポ―ネントやパーツも妥協がありませんよ?
オールロードモデル扱いで、コンポーネントは新型グラベル用コンポ―ネントSHIMANO GRX400を採用!?

そもそもエントリーアルミモデルのBianchi VIA NIRONE7ってアルミフレームにカーボンフォークじゃない?
その路線は継承する模様……
iktr6u5634634643cds.jpg
TIAGRAスペック相当……SIMANO RX400(10速)
アルミフレーム&カーボンフォーク、Shimano BR-RX400グレードの油圧DISCブレーキ。
NIRONEがまさかの、12mm前後スルーアクスル仕様??
これ、本格的な最新鋭グラベルロード仕様じゃないですか?
タイヤサイズは700×32Cですが。タイヤクリアランスは実に40mmまで対応可能!!
( ;゚ω゚)元々石畳などに強いアルミロードではありましたが、リアルに悪路対応になっている……。
csm_2018_Via_Nirone_All_Road_Sora_YNB2CIKW_01_a5fa02aec1dcs.jpg
VIA NIRONE ALL ROAD SORA(BIANCHI USA)
(´・ω・`)推測だけど。
ビアンキUSAが取り扱っていたモデル「Via Nirone All Road」という形で、日本に上陸してきた形になるのかな?
アルミロードVIA NIRONEの様に終日の快適さを犠牲にすることなく、素早い加速と反応の良いステアリングを実現。
路上でのライドや、週末の通勤、トレイルまで視野に入れた米国向け多目的型グラベルモデルだ。

ビアンキグラベルモデルはビアンキUSA経由で、日本上陸してくる傾向があるから。
恐らく今回もその流れかと……

この米国「Via Nirone All Road」にも採用されている「BAT - Bianchi Active Technology」をこのグラベルモデルにも採用し、ペダリングパワーを無駄なく伝達しながらも、多方向の様々な挙動変化に対応する剛性バランスを実現。

ふむ、ふむ。Nironeの技術の良い所は上手く取り入れたグラベルロードな訳ですね。
cc-bianchi-via-nirone7-al-105_7csa.jpg
2020 Bianchi VIA NIRONE7 PRO 105
Bianchi VIA NIRONE7といえば、長きにわたりビアンキアルミロードを支えてきた大黒柱でした。
(´・ω・`)それが、グラベル化とは……遂にここまできたか……遂にビアンキが動きましたね。

グラベルモデルのエントリーモデルとしてキャリアー装着を視野に入れた多目的型グラベルか。
まさか、ここまでグラベル人気が高まっているとは……
ci-512205_5vsd.jpg
2020 Bianchi IMPULSO ALLROAD DISC
Bianchi IMPULSOなんて、元々は高性能レーシングアルミロードだったのに。
今やグラベルモデルの方が生き残り、ロード仕様は廃盤。
ビアンキはエントリー系エアロロードが充実してきたから、活路をグラベルに求めた訳か。

こちらには IMPULSO ALLROAD DISCには、105スペック相当のSIMANO RX600を採用。
ビアンキのアルミ成型技術「トリプルハイドロフォームドテクノロジー」を活用していると思われます。
スペック的にもアルミフレームの品質も「VIA NIRONE7 ALL ROAD」よりワングレード上なのでは。
ci-921714_1.jpg

2020 Bianchi VIA NIRONE7 ALL ROADスペック

フレーム Alloy
フォーク Carbon 1.1/8"
ヘッドセット Fsa No.8B/ZS-4D

グループ
シフター Shimano GRX400 Disc
フロントディレーラー Shimano GRX400
リアディレーラー Shimano GRX400
クランクセット Shimano GRX600 46/30T、165/170/170/170/172.5mm
BB  Shimano BB-Rs500
チェーン  Shimano CN-HG54
スプロケット Shimano CS-HG500 10sp 11/34T
ブレーキ Shimano BR-RX400

フロントハブ Formula CL-712
リアハブ Formula RXC-142S
リム Alex CXD22 Tubeless Ready
タイヤ Kenda Kwick Tendril 700×32C

コンポーネント
ステム JD JD-ST182A、70/90/90/100/110mm
ハンドルバー JD JD-68A 31.8mm Flare Handle bar
グリップ Velo VLT-001
シートポスト JD JD-SP02.1 31.6x300/350/350/350/350mm
シートクランプ Promax MX-112C 35mm
サドル Selle Royal SR 2302HRN

ドライブトレインにはTIAGRAスペック相当の「Shimano GRX400」で構成されています。
クランク部に105スペック相当のShimano GRX600 46/30Tを採用。



(´・ω・`)いずれにしても、ビアンキ系シクロクロスモデルやグラベルモデルには、シマノ新型グラベル用コンポ「GRX」シリーズを一気に採用してくる傾向に。軽くモデル別にまとめてみると、以下の通り

競技用カーボンシクロクロスモデル「2020 Bianchi ZOLDER PRO DISC」にはGRX600
ミドルグレードグラベルモデル「2020 BIANCHI IMPULSO ALL ROAD」には同じくGRX600
クロモリ系グラベルモデル「2020 BIANCHI ORSO」には SHIMANO GRX600
「2020 Bianchi VIA NIRONE7 ALL ROAD」にはエントリーグレードのShimano GRX400



ただ、「2020 Bianchi VIA NIRONE7 ALL ROAD」のフレームに関してはアルミロードモデルの特徴を、そのまま生かしてグラベル化した感じがします。
リラックスして乗れるオールロードだといいな……
BIANCHI IMPULSO ALL ROADあたりなんかは、アルミロードと同じくバンバンスピードに乗ってくれそうな予感がする。
ci-921714_3.jpg
カラー 3C-BLACK
ci-921714_2.jpg
カラー 5K-CK16
(´・ω・`)カラーリングはチェレステ系とオールブラック系の2色展開。

カラーはチェレステとオールブラック系の2色展開。
価格 203,040円 (税込)
価格的には、他ブランド目線で考えるとミドルグレードクラスに位置するグラベルモデルだ。
ビアンキとしては、結構強気の価格設定。
【先行予約受付中】Bianchi(ビアンキ) 2020年モデル VIA NIRONE7 ALL ROAD ヴィアニローネ7オールロード GRX400[完成車][先行予約受付中]《P》

スポンサードリンク

2019年07月23日 トラックバック(-) コメント(-)