MERIDA MISSION CX Force-Edition  ワイヤレス変速機SRAMForceeTapを採用(2020MISSION CXまとめ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > MERIDA MISSION CX Force-Edition  ワイヤレス変速機SRAMForceeTapを採用(2020MISSION CXまとめ)

MERIDA MISSION CX Force-Edition  ワイヤレス変速機SRAMForceeTapを採用(2020MISSION CXまとめ)


ci-921926_3kiy.jpg
2020 MERIDA MISSION CX Force-Edition (2020 メリダ ミッションCXフォースエディション)

(´・ω・`)これがメリダシクロクロスモデルにおける、フラグシップモデル「MERIDA MISSION CX Force-Edition」
MISSION CX Force-Editionは英国Vitus Energie CRX eTap AXSと同じく、
ワイヤレス変速機SRAMForceeTapを採用してワンバイ化を図っています。
2019年モデルはShimano Ultegra RX Di2を採用したフロントダブル仕様。
常に最新鋭のコンポを採用する姿勢ですね。

元々ケーブル類はインターナル仕様で、泥などの影響を受けにくい構造でしたが。
2020年モデルよりワイヤーレス化する事により、ワイヤーへの泥詰まりによるトラブルを更に軽減する方向性です。
ci-921926_4vf.jpg
フレーム MISSION CX CF3
フロント&リアブレーキセット SRAM ED Force eTap AXS Hydraulic disc

リアディレーラー  SRAM Force eTap AXS SS
ギヤ CSXG 1270 D1 10-33 12S

Visionカーボンホイールを用意。悪路での乗り心地を大幅に向上させる独自のS-FLEXシートポストを採用。
MERIDA MISSION CX は多目的な使用も目的といたシクロクロスモデルですが。
2019年モデルのモデルチェンジの際、ジオメトリーはシクロクロス競技寄りになりました。
特に変更点は、ヘッドチューブを短く設定してきた点ですね。よりレーシーなジオメトリーへと変更。
MERIDA SCULTURAや REACTOの技術も投入している点も見逃せません。

先日紹介した多目的型グラベルモデル2020 MERIDA SILEXシリーズは、バイクパッキングを視野に入れたモデルなのでヘッドチューブを長めに設定しています。
両モデルを比較してみると、色々方向性が異なっていますね。
ci-921926_5vf.jpg
シフター SRAM Force eTAP AXS HRD
2019年モデルから「MERIDA MISSON CX」は、新型シクロクロスモデルとして登場。
フレーム形状はメリダMTBモデルの技術を元に、MISSON CXをデザインしています。

変更点をピックアップしてみると、意外とメリダロードの技術をシクロクロスモデルに取り入れている点が面白い!
①レーシングモデルMERIDA SCULTURAなどに採用されている、大型ベアリングを持つテーパーヘッドセット「X-TAPER HEADTUBE」を、このMISSON CXにも用いている。
②上位モデルSCULTURA 8000-Eなどに採用されていた、悪路での乗り心地を大幅に向上させるS-FLEXシートポストも採用。
(´・ω・`)MERIDA MTBとレーシングモデルMERIDA SCULTURAなどの技術を巧みに融合している。
③シクロクロスレース中において、担ぎ易さを考えたレース仕様の扁平トップチューブ。
MISSON CXのフラグシップにはラメ入りブルー系カラーを2019年モデルの場合採用していましたが。
2020年モデルの場合は、ラメ入り水色系?



ci-921928_5kkut.jpg
2020 MERIDA MISSION CX5000 (2020 メリダ ミッションCX5000)
(´・ω・`)これがセカンドグレードのMERIDA MISSION CX5000。
UCI承認カーボンシクロクロスレーサーでSRAM APEX1を採用。1×11仕様だ。
デザインも使用も、2019年モデルMERIDA MISSION CX5000を引き継いでいます。

悪天候時のコミューティングやオフロードも走るグラベルライドにも使える汎用性を兼ね備えたモデル。
取り外し可能なフェンダーマウントにより日常使いにも対応。

2019年モデルにおいてモデルチェンジの際、軽量化を図ったおかげで8.6kgと軽量な仕様に。
またカーボン積層を見直したことで、軽量化に加え剛性面においてもバランスが取れたフレームになっている。


ci-341971_1jyf.jpg
2020 MERIDA MISSION CX400 (2020 メリダ ミッションCX400)
これが、エントリーグレード扱いのMERIDA MISSION CX400。
UCI レース対応のアルミフレームに&Shimano 105 を採用した、唯一のフロントダブルモデルになっています。
Shimano105を装備する事で、シクロクロスレースだけでなく、グラベル用途やミューティングにも似合う多目的シクロクロスバイク。
ブレーキはメカニカルディスク路線で、Tektro Spyre Mechanical discブレーキ仕様ですね。

2019年モデルよりMISSION CX400はプレスフィット化。
UCI レース対応の新型アルミニウムフレームですが、コミューティングや、天候不順時にロードバイクとしての機能を持たせる為に、フロントダブルのドライトレインを採用。

(´・ω・`)元々は「2018 MERIDA CYCLO CROSS 400」というアルミ&105スペックモデルを、2019年モデルとして引き継いだのがこのモデルでして。
シクロクロス競技だけではなく、多目的な使用を前提にしたアルミシクロクロスモデルという位置づけです。
お得なロングセラー105仕様のシクロクロスモデルとして、今までメリダシクロクロスシリーズを支えてきた訳です。


ci-921926_1kut.jpg
2020 MERIDA MISSIONまとめ

MERIDA MISSION CX Force-Edition (フルカーボン)……ワイヤレス変速機SRAMForceeTap(ワンバイ&油圧ディスク)
676,134円(税込)
MERIDA MISSION CX5000 (フルカーボン)……SRAM APEX1(ワンバイ&油圧ディスク)
358,074円(税込)
MERIDA MISSION CX400(アルミ)……Shimano105(フロントダブル&メカニカルディスク)
184,577円(税込)
MERIDA MISSION CX Force-Edition FRAME SET ……フレームセット
255,474円(税込)

2020年モデルのMERIDA MISSION CXシリーズは上位カーボン2モデルがフルカーボン&ワンバイ仕様。
エントリーモデルがアルミ&フロントダブル路線に。
(´・ω・`)特に上位MISSION CX Force-Edition とCX5000は、UCIシクロクロスレースを視野に置いた仕様ですね。
MERIDA MISSION CX400はシクロクロス競技を視野に置きつつ、多目的での使用も想定していますが。
全シリーズにおいてシクロクロス競技におけるレギュレーションにあった33Cタイヤを用意しています。

やはり先日説明した通り世界的にシクロクロスモデルは競技性を高める方向に向かっていますが。
MERIDA MISSION CXシリーズもその流れに沿った仕様になっています。

だからこそ逆に多目的性を高めた、グラベルモデル2020 MERIDA SILEXの役割も重要になってくるんでしょうね。
バイクパッキング目的な方は、MERIDA SILEXシリーズをどうぞ! という事か。
MERIDA メリダ 2020年モデル MISSION CX400 ミッションCX400 [完成車]

スポンサードリンク

2019年08月22日 トラックバック(-) コメント(-)