2020 MASI Catalina Apex 1×11 speed  エントリー系クロモリアドベンチャーモデルを日本市場に投入 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MASI > 2020 MASI Catalina Apex 1×11 speed  エントリー系クロモリアドベンチャーモデルを日本市場に投入

2020 MASI Catalina Apex 1×11 speed  エントリー系クロモリアドベンチャーモデルを日本市場に投入

ci-918252_7cds (2)
2020 MASI Catalina Apex 1×11 speed 128,520円(税込)

イタリアミラノ発、米国育ちの老舗ロードブランド「MASI」から、新型クロモリアドベンチャーロードが発売されました。
上位2020 MASI CXGR SUPREMO CXGRに続き、エントリー系クロモリアドベンチャーモデルを日本市場に投入。
MASI Catalinaって、日本限定モデル扱いの様ですが……それとも日本先行モデル??

クロモリダブルバテッドフレーム仕様、コンポーネントにワンバイ(1×のSram Apex 1×11)を搭載したモデル。
ディスクブレーキはメカニカル仕様で、輪行やツーリング時におけるメンテナンスを重視。
グラベルレーシングモデルとは異なり、緩やかに旅を楽しむ為のグラベルロードですね。
ci-918252_5cds (1)
フォーク  1-1/8″, Cr-Mo
リム Alex DP23 32H
フロントハブ  Formula CL-51N 32H Center Lock QR
タイヤ WTB Riddler 700×37C

とはいえ、タイヤはWTBのグラベル専用タイヤリドラーじゃないですか?

走破性も獲得しつつ、乗り心地の良いグラベル専用タイヤなのでツーリング系グラベルに採用してきたのかな?
(´・ω・`)グラベルロード&アドベンチャーロードとしての機能も重視している姿勢が伺えます。
ci-918253_3xa.jpg
2020 MASI CATALINA CLARIS 2×8SPEED 価格 104,760円 (税込) 
MASI CATALINA CLARISはクロモリフレームにシマノ クラリスを採用したツーリング系グラベルバイク。
ツーリングにおいて信頼性があるシマノクラリススペックに、、軽いギア比設定のドライブトレインを用意。

(´・ω・`)アドベンチャーロードではあるのですが、最初からツーリング性を意識した仕様になっています。
トップチューブやシートステー部などに、ダボ穴を多数用意。
キャリアーやトップチューブバッグなど、ツーリング用に適した拡張性も用意されている。

どうやら、マッドガード(泥除け)も取り付け可能の様です。


こちらはタイヤサイズが700×35C(Kenda Flint Ridge 700×35C)となっています。
クラリスはホワイト系カラーで、クロモリツーリング系カラーを意識しているのかな?
クランクは46X30T、カセットは11-34T
1:1以下のスーパーワイドなギア比を用意してある。
変速操作はSTI仕様。流石にツーリングモデルを意識したとはいえ、レバー変速仕様ではないようです。
DSCN7355xdeqge.jpg
丸石エンペラー ツーリングコンダクター 700×35C
フロントが48-38-28Tのトリプル、リアが11-30T。
(´・ω・`)エンペラー ツーリングコンダクターは純粋なツーリングモデルですが。
ホワイトカラーのMASI CATALINA CLARISを見て、ふと比べてくなった。
レバー変速に泥除けなどが用意。
ホイールサイズに650Bもありますが、700Cサイズ仕様のモデルもなかなか秀逸な走りでした。
カンチブレーキに泥除け、レバー変速仕様の、純粋なジャパニーズツーリングモデルです。

いえ、この間エンペラー ツーリングコンダクターのホワイトがあまりに美麗だったので。
ツーリングモデルにホワイトも悪くないな……と。

ci-918255_2gevf.jpg
2020 MASI CATALINA FRAME&FORK (カタリナ フレーム&フォーク) 50,760円(税込)
(´・ω・`)なんと、MASI CATALINAのフレーム&フォークセット。
カラーはネイビー一択になる様子。
完成車だけではなく、フレーム&フォークセットも用意されているとは……
やはりアドベンチャー&グラベルモデルにおける需要が高まりつつあるせいか……
qbei_ci-918254_2.jpg
2020 MASI CATALINA カタリナ FLAT BAR 1×9 価格 78,840円 (税込)
リア9速のフラットバー仕様も用意。
エントリー系グラベルもいよいよ、フラットバーやクロスバイク方面に進出していく予感がしてきますね。
まさか、フラットバーグラベルモデルまで用意してくるとは……
ci-918252_10cds (1)
Catalinaのロゴはトップチューブ後部に筆記体であしらわれている。

南カリフォルニア沖にあるカタリナ島。バッファローとか生息している島ですが。
どうも「カタリナ」というネーミングの由来は、その島から来ている様です。

カタリナ島で、バイクパッキングしていている画像も公開されています。
(´・ω・`)エントリー系モデルとはいえ、今までにないMASIロゴデザインですね。
筆記体か……。

イタリア工房からアメリカ工房にMASHIが移転した経緯もあり、MASIは米国に縁のあるイタリアブランドであります。
1973年MASIはカリフォルニア州カールスバッドに移り、Gran Criteriumなどの名クロモリレーシングバイクを生産しています。

イタリア工房から、アメリカ工房にMASHIが移転した際「American MASI Gran Criterium」というモデルがあったのですが。
やはりデザインが米国を意識していて、シルバー系を採用したり米国とイタリアが混じった様な面白い志向でした。

ちなみにイタリア発祥、米国で発展してきたMASIですが。
2019年現在、イタリアミラノのVelodromo VigorelliにMasiの工房は現在でも存在している様子。
ci-918252_7cds (1)
ヘッドセット FIRST 1-1/8″ w/sealed bearing
ハンドルバー HL X-RACE 31.8 Flared 8°
ステム  Kalloy AS-007N
MASIは2020年モデルより新デザインのヘッドバッジを用意。
シルバー系の様ですが……

カルフォルニアカタリナ島で、実際にバイクパッキング仕様 MASI Catalinaのイメージ画像を見て見たのですが。
あっちは船にバイクを積載出来るんですね。
船で輪行か。いいなあ。
ci-918252_13dcs (2)
シフター SRAM APEX
グリップ  Velo VLT-2023HD2

ci-918252_16cd (2)
ブレーキ Promax DSK-300R
ローター Shimano SM-RT10 160mm

ハブはQR方式。
ブレーキはメカニカル方式のPromax DSK-300R。
ci-918252_10cds (2)
フレーム Double Butted Cr-Mo
ci-918252_1cds (2)
ci-918252_3cds.jpg
ci-918252_13dcs (1)
BB SAMOX EB2401
ci-918252_5cds (2)
ci-918252_12cd (2)
ci-918252_12cd (1)
サドル  WTB Volt Sport
シートポスト HL SP-D286 27.2X 350mm


ci-918252_1cds (1)
チェーンホイール SAMOX TAM37-40NC-05 40T, 170mm
ペダル  Wellgo B-155U
ci-918252_16cd (1)
リアディレーラー  SRAM APEX
フリーホイール Sunrace CSRX8 11speed 11-42T

(´・ω・`)チェーンやシートクランプに、ゴールドカラーをカラーコーディネートしている……
かっこいい……
SRAM APEX 1×11仕様が12万円台というのも魅力的だが。
グラベルで、これだけの華やかなデザインというのも珍しいかも。

2020 MASI CATALINA CLARISの様に、ツーリングモデルの分野にも続々とグラベルモデルが進出している感があります。
【先行予約受付中】MASI マジー/マジィ 2020年モデル CATALINA カタリナ APEX 1×11[完成車][先行予約受付中]

スポンサードリンク

2019年08月30日 トラックバック(-) コメント(-)