新型ディスクモデル GUSTO RCR TEAM Sport DISC試乗体験インプレ  ディスク化した恩恵は、特に下りにおいて大きい スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GUSTO > 新型ディスクモデル GUSTO RCR TEAM Sport DISC試乗体験インプレ  ディスク化した恩恵は、特に下りにおいて大きい

新型ディスクモデル GUSTO RCR TEAM Sport DISC試乗体験インプレ  ディスク化した恩恵は、特に下りにおいて大きい


DSCN9271fs.jpg
GUSTO RCR TEAM Sport DISC 完成車価格 238,000円(税別)
GUSTOから新登場のディスクモデル「GUSTO RCR TEAM Sport DISC」に試乗しました。
フレーム形状は独特なスローピング形状をしており、Compression Geometry Frame Designと呼ばれ、べダルを漕ぐパワーを無駄なく伝達させる設計となっている。
フレームは東レT-1000を使用し、シマノ105&105ディスク仕様。
ディスク化したと言っても、やはりスピード性を重視したレーシングフレームは健在!!

(´・ω・`)またロードレースが盛んな宇都宮という場所柄もあって、GUSTOの認知度も高く試乗される方が多かったです。
DSCN8472fewsfqe.jpg
GUSTO RCR TEAM EDITION LEGEND
フレームは東レT-1000/800を使用し、シマノアルテグラ仕様。
ホイールにはカンパニョーロ シャマルウルトラが最初から付いてくる日本限定モデルです。
スローピングフレームが特徴で、ペダルのパワー伝道を優先させたモデルになっています。
ツール・ド・ラブニールを制したフレーム「GUSTO RCR TEAM 」をディスク化した訳ですね。
DSCN9249te.jpg
GUSTO RCR Team Limited DISC 完成車価格 328,000円(税別)
(´・ω・`)こちらはシマノアルテグラ仕様のGUSTO RCR Team Limited DISC
油圧アルテグラディスクに加え、ホイールにATTAQUEカーボンホイール 45mm(クリンチャー)を用意。

流石にコスパに関しては、圧倒的ですね……
まだ、色々あってスタッフ様の方も試乗していないそうだ。
今回GUSTO RCR TEAM Sport DISCの方を試乗車として用意していただいたので、早速試乗することに。
平地の周回コースにおいてはスピードを上手く乗せてきたGUSTO RCR Teamフレーム。
コーナーリングと登り下りの多いコースだと、どういう走りをするのか気になったのですが。
DSCN9274fw.jpg
GUSTO RCR TEAM Sport DISC試乗体験インプレ

①地形の影響を受けずにスピードが出せるディスクロード
元々レーシングフレームをディスク化しただけはありますね。
ディスク化しても、フレームの本質はそのままでスピーディーなフレーム性能は健在。
短い直線でも、コーナーリングでもしっかりスピーディーに走ってくれましたよ。

②登りでも、スピーディーな走りは健在
おおっ……・速度が登りでも落ちにくい。しかし脚力的負荷は増しますが。
それでもスピードが落ちにくいですね。かなり速い。
ただし、身体的な消耗は増すので注意。

DSCN9273fce (2)
ブレーキ SHIMANO 105 R7020
RCR TEAM Sport DISCは、フロントフォークまで非対称形状だ。
”高速域でのフロントブレーキ使用時によるハンドルの微妙な振れ”を改善した設計。

③ブレーキ性能とフレームの相性について。
GUSTO RCR TEAM をディスク化した恩恵は、特に下りにおいて大きい!!

特に違和感はない。
むしろスピードが出るモデルなので、特に下りなどで限界まで突っ込んだ後のブレーキの効きが頼もしかった。
やはりSHIMANO 105 R7020油圧ディスク特有のブレーキ性能が機能していました。

軽い引きだと「つーーーーーーっ」と徐々にブレーキがかかるが。
最後に「つーーーークッ!!!!!」としっかりしたブレーキ制動力が機能する。
もし105ではなく、油圧アルテグラディスクなら、更に細かいブレーキ制動力を発揮するはずだ。

GUSTO RCR TEAM をディスク化した恩恵は、特に下りにおいて大きかったですね。
DSCN9275few.jpg
更にフレーム自体も非対称バランス設計。
クランクのある右側チェーンステーを補強。左右非対称設計な訳ですね。
フレーム全体の縦剛性を大幅に向上。

④脚力やパワーが逃げにくいフレーム
(´・ω・`)緩い登り下りや直線を走っている最中に気が付いたのですが。
路面変化が激しい環境でも、スピードが逃げにくい。
乗り手の脚力やパワーを増幅させるタイプのフレームではなく、逃がさないタイプのフレームですね。
DSCN9280fds.jpg
シフター SHIMANO ST R7020
⑤地形の変化が激しくても、レーシングロードとしての走りをしてくる。
地形の変化や、路面状態の変化に弱いモデルかと思っていましたが。
しっかり対応してくる万能的なレーシングモデルです。
個人的には、下りの強さが気に入りました。平地や登りよりも、下りでの制動性を手に入れたアドバンテージが大きい。

一見ディスク化した事により、GUSTO RCR TEAMの走行性能が激変するかとも思いましたが。
やはりスピード主体の走りは健在だった。
フレームの快適性そのものは、特にリムブレーキモデルと比較して変化なし。
ただ、ブレーキ操作面において負担が軽減されます。
GUSTO RCR TEAMのレーシング性能を、ディスクブレーキによって制動力を強化した。
そういった印象を持ちました。
DSCN9283vf (2)
ハンドルバー CONTROL TECH CLS(ALLOY)
ステム CONTROL TECH CLS(ALLOY)

20190925152646e30rwetu.jpg
フレーム GUSTO Carbon Frame T-1000
head-tech-tennis-innegra-cover-desktopfs.jpg
繊維素材「INNEGRA」について
本来東レのT1000でこのフレーム形状だと硬いフレームになってしまう。
だが繊維素材INNEGRAを入れるとカーボンに採用すると20%以上振動吸収性を上げられる。
だから乗った際、普通硬くて乗れないはずだが意外に乗れるのは「INNEGRA」を採用している恩恵が大きい。
本来東レT1000を採用しても、乗り易くなっているそうだ。

(´・ω・`)要するにスピード性能は、カーボン東レT1000によるものという事か。
快適性が高いフレームというよりは、硬さを消す為に繊維素材INNEGRAを採用している訳です。
DSCN9278w.jpg
フォーク GUSTO Carbon Fork
ホイール フルクラム レーシング900DB
タイヤ MAXXIS(700×25C)



DSCN9272few (1)
フロントディレーラー SHIMANO 105 R7000
チェーンホイール SHIMANO R7000 50/34T
DSCN9272few (2)
ホイール フルクラム レーシング900DB
ホイールに採用されているFULCRUM Racing 900 DBについてですが。
ゼロ加速時は多少重かったです。
しかし、速度に乗ってきた際に「すーーーーーーーっ」とスムーズに回る感じ。
GUSTO RCR TEAM Sport DISCはスピードが出やすいフレームですが、スピード性を発揮している最中に上手くホイールが連動して機能してくれる。
DSCN9273fce (1)
リアディレーラー SHIMANO 105 R7000(SS)
カセット SHIMANO R7000 11/28T
DSCN9277fsd (1)
サドル Selle italia NOVUS BOOST
ショートノーズデザインのセライタリア NOVUS BOOSTを採用。
リムブレーキモデルにも採用されていましたが。やはり踏み込みやすい上にお尻が楽。

GUSTO RCR TEAM Sport DISCの特徴まとめ
1、スピード性能は健在。地形などの影響は受けにくい。
2、GUSTO RCR TEAM をディスク化した恩恵は、特に下りにおいて大きい。

ロングライドやツーリング、コンフォート向きというよりは。
レーシング系ディスクモデルとしての傾向が強い印象を受けました。
Pinarello Dogmaフレームセット 最大59%OFF

スポンサードリンク

2019年09月26日 トラックバック(-) コメント(-)