リーズナブルな台湾系エアロロード ASTERモデルの評価(ASTER F35&007) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 未分類 > リーズナブルな台湾系エアロロード ASTERモデルの評価(ASTER F35&007)

リーズナブルな台湾系エアロロード ASTERモデルの評価(ASTER F35&007)


DSCN9171cda.jpg
格安エアロードが、日本に上陸してくるそうですよ?
とうとう、エアロロードも価格競争の予感ですね。

スポーツ関連事業「SIX CORPORATION」が扱う、台湾系エアロバイクASTER。
ASTER……2008年に台湾で発足
DSCN9219cew.jpg
(´・ω・`)試乗車はエアロカーボンモデルを中心に展示&試乗を行っていました。DIZOと同じブース。
スタッフ数は初日で3人程度。
ラインナップを見学してみましたが、数多くのフルカーボンエアロロードを中心に試乗車が構成されていました。
流行のエアロロードに的を絞って展開してきている印象。
ただし、アルミモデル&クロモリ系などのロードはラインナップにない模様。
これから、公式に日本市場に乗り込むのかな?
DSCN9201d.jpg
ASTER F35 キャリパー
フレームセット130000円(税別)
完成車価格(SHIMANO 105 R7000)235000円(税別) (価格は変更する可能性があるらしい)


本格エアロードながら、価格を抑えてきています。
低価格フルカーボンエアロロードで市場に切り込もうとしているのでしょうか?
とりあえず、中華系カーボンモデルの貴重なデーターとして記録しておきます。
DSCN9165fwcd.jpg
ASTER F35 キャリパー試乗体験インプレ
(´・ω・`)
①平地をマイルドに捉えるエアロロード
乗り心地がやたらいい、エアロロードです。
特に平地ですと、路面状態が実にマイルド。
レーシング系エアロロードではないですね。むしろ、カーボンの乗り心地を活かして走るタイプのエアロロード。
変わっている……乗り易さに関しては、ちょっと面白い方向性です。

②直進安定性が強い
ですね。エアロロードの特徴とも言える直進安定性が実に強め。
とはいえフレームは硬くなく、実にまろやか。
走行中も滑らかな走行感があります。
DSCN9171cda.jpg

③衝撃吸収性強め。
特にフレームが路面からの振動を処理する能力が強めです。
少なくともエアロードとして、かなり衝撃吸収性が高い傾向にあるのではないでしょうか?
平地など走る分には、長距離に強そうな印象。

④登りは少々辛い。
典型的なエアロロードらしく、登りは少々辛め。脚力を消費します。
やはり平地向きのエアロロードですね。

⑤レーシング性能というよりは、ロングライド性能向き。
速度を緩やかに伸ばしていくエアロロードです。
強烈な剛性や推進性とは無縁のエアロロード。コーナーリングは大らか。
コンフォート系エアロロードという解釈でいいのかな……

⑥エアロ性能について
無風でしたので不明
DSCN9169ds.jpg
DSCN9166cda.jpg
DSCN9167cd.jpg
ボトムブラケット BB-86
DSCN9168cd.jpg
フレーム ASTER F35カーボンフレーム
シートポスト ASTERカーボンシートポスト

DSCN9169ds.jpg



DSCN9187bgf (2)
ASTER 007
フレームセット 145000円
完成車(Shimano ULTEGRA R8000)320000円(税別)

ASTER 007というエアロロードに試乗しました。ASTER F35よりも、価格が高いモデルですね。
スポーツ性を高めたエアロロードという印象。
DSCN9192vfr.jpg
ASTER 007試乗体験インプレ
①走行性能は、ASTER F35より急激に良くなる。登りにおいても、脚力的負荷が軽減
これはレーシング系エアロロード?
ASTER 007は剛性面が高い設定。
平地、登りなど難なくこなすオールラウンドタイプのエアロードだ。

②平地での推進力は中級レベル
大体平地での推進力や加速性はミドルグレードレベル。
それ程極端な推進性はないが、無理のない加速感。
走りにくせが、少ない。特に直進性に依存しているわけでもなく、路面状況の変化に対応出来るエアロード。
乗り心地はOK。
ただし、劇的に速い訳ではない。

③どんどん走りたくなる、扱い易さ。
どの様な条件下でも、子気味良い加速感を楽しめる。ですので、どんどん走りたくなるタイプのエアロロード。
割と最新のエアロードとしての性能を、抑えてある印象を受けました。

オールラウンドタイプのエアロロードですね。
DSCN9184bgf (1)
ド派手な塗装をしたフレームが印象的でした。
DSCN9187bgf (1)
DSCN919bg0 (2)


DSCN9158vf.jpg

ASTER A610
フレームセット 110000円(税別)
完成車価格(SHIMANO 105 R7000)210000円(税別)

これは、未試乗です。恐らくエントリー系エアロードモデルですね。
DSCN9159feqw (2)
DSCN9159feqw (1)
DSCN9161frw.jpg
ASTER試乗まとめ
エアロードモデル別に、まるで走行性能が異なる点が面白かった。
前述した通り、格安エアロロードという事もあって試乗チェックされる方が多数。


とりあえずコンフォート系エアロロードは「ASTER F35」
レーシング系オールラウンドエアロロードは「ASTER 007」と押さえておけばいいはず。

個人的にお勧めが「ASTER 007」ですね。

(´・ω・`)なんというのか、最近試乗会での人の流れを見て思ったのですが。
エアロだったり、異様にコスパや、カーボン素材が良かったり、グレードの高いホイールが付いてきたりと……コストが安いながらも、注目点があると、結構注目を浴びやすくなるのかもしれません。
prod173019_Black-Grey_NE_01yuyi.jpg
Vitus - ZX-1 CRi ディスク (Ultegra Di2 - 2019)
定価 ¥436000➝31%オフ¥299999

prod173012_Black-Slate Blue_NE_01uyj
Vitus - ZX-1 CRS エアロ ディスク (Ultegra - 2019)
定価 ¥359000➝30%オフ ¥250999

スポンサードリンク

2019年10月04日 トラックバック(-) コメント(-)