2020 BASSO TERRA GRX600   SHIMANO GRX600を採用しながら、21万円台とリーズナブル スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BASSO(バッソ) > 2020 BASSO TERRA GRX600   SHIMANO GRX600を採用しながら、21万円台とリーズナブル

2020 BASSO TERRA GRX600   SHIMANO GRX600を採用しながら、21万円台とリーズナブル

ci-922049_2.jpg
2020 BASSO TERRA GRX600 PETROLEUM
(´・ω・`)イタリアBASSOがSHIMANO GRX600を採用した、新型高級路線クロモリのグラベルロードを出してきましたよ。
フレームに英国REYNOLDS 520チューブ、コンポーネントにSHIMANO GRX600ワンバイ仕様になります。
ロードで言うところの105仕様クロモリロードと言った所ですが。
価格はSHIMANO GRX600を採用しながら、21万円台とかなり抑えているのがポイント。
ci-922049_3.jpg
このPETROLEUM(石油)カラーって、クロモリロードのBASSO VIPER 105に採用されていた人気カラーやん。
石油カラーをグラベルモデルに持ってくるとは……
ところで2020 BASSO TERRAのパーツ構成が興味深かったので、ピックアップしてみました↓

2020 BASSO TERRA GRX600のパーツ構成。
シフター SHIMANO ST-RX600
チェーンホイール SHIMANO FC-RX600-1 40T
ブレーキ  SHIMANO BR-RX400
リアディレーラー  SHIMANO RD-RX812

20190926153510896xsa.jpg
Niner RLT9 ALLOY GRX600
(´・ω・`)おお。
BASSO TERRA GRX600のパーツ構成は、先日試乗したNiner RLT9 ALLOY GRX600と同様のパーツ構成になっています。
ワンバイGRX600系完成車は、シフター&チェーンホイールにGRX600。ディスクブレーキに SHIMANO BR-RX400。
リアディレーラーにSHIMANO RD-RX812。
ワンバイGRX600系完成車は、この路線がメインになっていくんでしょうか??
20190726105606442cda.jpg
2020 FELT BREED30
650B×47Cのロードプラス仕様のグラベルロード、「2020 FELT BREED30」
こちらもGRX600系ワンバイでして、シフター&チェーンホイールにGRX600。リアディレーラーにSHIMANO RD-RX812、ブレーキもBR-RX400という路線です。
(´・ω・`)なるほど……GRX600系ワンバイモデルはしばらく共通してリアディレーラーにRX800系、油圧ディスクにRX400を組み合わせた路線がメインになってくるのかもしれませんね。
20190926153658974cds.jpg
という事はシフターST-RX600の平べったい、ホールド感抜群のグラベル系シフターが「2020 BASSO TERRA」で楽しめる訳で。
多少の荒れ道や振動でも、確実に変速操作が出来ちゃいますぜ?
個人的にはMTBチックなSTIシフターで、イタリアバッソのクロモリを変速操作できる! という事が、ちょっと楽しそうでたまりませんよ。
ci-922049_18.jpg
2020 BASSO TERRA GRX600 SKY_BLUE

BASSO TERRA GRX600の注目点は、やはり価格になってきますね。
きゅうべい様価格で217,800円 (税込)。
GRX600系コンポーネント完成車において、今の所最安の価格設定です。
BASSOって以前から最新のパーツをクロモリフレームにいち早く取り入れて、リーズナブルな価格設定をやってのけるブランドじゃないですか?
その手法をグラベルロードでも、やってのけた訳ですね。しかも、カラーリングもクロモリながら現代風のカラーを取り入れていますね。
例の「石油カラー」を取り入れた「BASSO VIPER 105 」のカラーリングテイスト……たまらん。
こういう遊んだカラーリングを、グラベルロードでもやってくれて嬉しいな。

(´・ω・`)いずれにしても、グラベル用コンポGRX600系をリーズナブルに楽しめる価格設定になっていますね。
ci-922049_17.jpg
ci-922049_16.jpg
ハンドルバー MICROTECH C-C400MM
ステム MICROTECH 90MM Φ26.0
シフトレバー SHIMANO ST-RX600

ci-922049_11.jpg
ci-922049_13.jpg
フレーム&フォーク BASSO TERRA FRAME KIT
スチールフレームメーカーとして定評のあるREYNOLDS社製520チューブを使用。
(´・ω・`)最近グラベルロードになどに好んで採用される強靭なREYNOLDS520クロモリです。
クロモリ系ツーリングモデルにも良く見かけます。
リアにダボ穴も用意されているので、ツーリング的な用途も想定しているんでしょうね。
ci-922049_14.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-RX400
SHIMANO BR-RX400の、かなりきっちり決まる系のブレーキ性能です。
確実な制動力を重視してあるので、悪路での使用にはもってこいですね。
SHIMANO GRXグレードにおいては、エントリー系ですが相当強力な制動力です。

油圧105ディスクブレーキを、強化しているかのような印象を受けた。
制動力がしっかりと強力な上、確実な変速性能を獲得したクロモリグラベルロードなのは間違いない。
ci-922049_12.jpg
ci-922049_19.jpg
ci-922049_5.jpg
ci-922049_4.jpg
ci-922049_6.jpg
チェーンホイール SHIMANO FC-RX600-1 40T 170MM
チェーン  SHIMANO CN-HG601
BB SHIMANO SM-BBR60B0

ci-922049_8.jpg
ci-922049_9.jpg
ci-922049_10.jpg
クロモリフレームに最新のフラットマウント仕様。
(´・ω・`)これは美しい……クロモリフレームに12mmスルーアクスルも取り入れた最新の仕様ですが。
いいですね……

グラベルをMTB代わりに使用する為に、MTBの走破性を持たせたモデルが増えつつありますが。
リアエンドを高強度化する路線になっているとか。
普通にロードプラス採用のシククロスやグラベルモデルが普及してきましたからね。
以前は700×38Cでも、圧倒的なボリュームサイズに見えましたが。
いまでは、物足りなく見えてしまうのが恐ろしい。
ci-922049_20.jpg
ci-922049_15.jpg
リアディレーラー  SHIMANO RD-RX812
フリーホイール SHIMANO CS-M70Q0 11-42T
ホイール SHIMANO WH-RS171
タイヤ PANARACER GRAVEL KING SK 38C

タイヤにはパナレーサーのグラベルキングスキンサイドカラーを、わざわざBASSO TERRAの為に日本向け完成の為に用意。
ci-922049_7.jpg
BASSO バッソ 2020年モデル TERRA テラ GRX600[完成車]

スポンサードリンク

2019年10月07日 トラックバック(-) コメント(-)